*

コーヒー焙煎をお肉の焼き方で味わいを例えてみる

プロローグ

どうもここ2,3日頭がぼぉーとしていて困ってます。
春だからか、もともとか、花粉だからか、ちょっとわからないけどもそんな時は、そんな状態を否定せず受け入れ、言い方が悪いけどもだましだましでその日を過ごします。

 

例えばプロ野球のピッチャーでも、毎回完璧な調子ではないと思います。
それでもチームの勝利へと導くために最善の仕事をするわけで、調子が悪いときは調子の悪いなりにそのベストを探して投げきる、そんなイメージです。

 

力のストレートで三振を取りにいくのではなく、技の変化球で低めに丁寧に投げて打たせて取る、こんな時はそんな感じで営業しています、ってなんの話や!ですね。

 

僕の調子の悪いときの気持ちの持ちようなんて、どうでもいいですね。
こんにちは!焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_1170

 

コーヒーの焙煎の味わいをお肉の焼き方で比較して表現してみる

お肉の焼き方を見てみると、ベリーレア・レア・ミディアムレア・ミディアム・ミディアムウエルダン・ウエルダンという順番で、後になるほど良く火が入っている状態ですね。

 

コーヒーの焙煎機。
お肉を焼くのに、網焼きかフライパンかで味わいが変わりますよね。
すごく雑な分け方ですが、コーヒーの焙煎機にも網焼きかフライパンかのタイプがあり、まずここで作られる味わいがわかれます。

 

次にコーヒーの焙煎は、浅焙煎・中焙煎・深焙煎と大きく3段階に焙煎度合いがわかれます。

 

お肉の焼き加減であわせてみると、
浅焙煎=ベリーレア・レア、
中焙煎=ミディアムレア・ミディアム、
深焙煎=ミディアムウエルダン・ウエルダン、焼き加減を比べるとこんな感じですね。

 

良く火を通すとどうなるか?

お肉は味わいもさることながら、焼き加減は食感にあるのかなぁと思います。
コーヒーは食感ではなく、味わいですね。

 

火を通す、つまりよく焙煎するとコーヒー豆は薄い茶色から濃い茶色に変化し、最後は黒っぽい色になります。
味わいは焙煎が深くなるほど苦味を増していきます。

 

単純な味わいの表現として、浅焙煎=優しい酸味マイルド 深焙煎=苦味とコク、中焙煎がその真ん中、となります。

 

ただし浅焙煎、中焙煎向けのコーヒー豆があったり、深焙煎向けのコーヒー豆などあります。
例えば、カリブ海系と僕は呼んでいますが、キューバ、ジャマイカ(ブルーマウンテン)、パナマなどは、コーヒー豆の育った環境から深焙煎にはあまり向いていません。

 

というのも、深焙煎にしてしまうと味が平坦になり味わいの個性が見えなくなるのですね。
これらの産地のコーヒー豆は浅焙煎、もしくは中焙煎で焙煎される事が僕の中ではもっぱらです。

 

逆に浅焙煎、中焙煎だと酸味がきつすぎるのですが、深焙煎でその酸味が甘みに変化して、優れた味わいの個性を発揮するコーヒー豆も存在します。

 

エピローグ

焙煎度合いの味わいの違いは、お肉で例えるとこんな感じです。
なんとなく、浅焙煎とか中焙煎、深焙煎の違いが伝わったでしょうか。

参考になれば嬉しいです。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ミルでも変わるコーヒーの味わい

使わなくなった1台のミルの手入れをしています。   とても良いマシンなのですが

記事を読む

焙煎したてのコーヒーをドリップするとどうなるか?

プロローグ 昨日の月曜日はお休みを頂きまして、娘と公園で遊んだりし家族でゆっくりと時間を過ごしまし

記事を読む

コーヒーギフトのパック詰めは、出荷当日行います!!

プロローグ 僕にしたら当たり前のことなんですけど、ひょっとしたらあまりご存じないかもしれないと思っ

記事を読む

超コーヒー引力の法則

準備が整いました! 昨日は無添加コーヒーシロップ(カフェオレベース)の焙煎を終え 今日はバックシー

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

すり鉢状になるのが正解?ペーパードリップの後はどんなカタチ

突然ですが今月 10月18日の水曜日、島珈琲高槻店は臨時休業します。   理由

記事を読む

フレッシュな香り マンデリンが新豆に変わります!

かれこれたぶん10年以上、ブログを書いています。 今のようにほぼ毎日ではなかった時もあったのですが

記事を読む

明日おいしくなーれ

昨日は焙煎機の掃除をしました 技術やテクニックや知識も焙煎には必要ですが 何より一番大事なのは掃除メ

記事を読む

コーヒーの粉の微粉とはなんぞや

昨日はお休みで浜松で開催される浜松エクスマLIVEへ、セミナーを受けに行ってきました。 マーケティ

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの正しいやり方  美味しく淹れる方法は?

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業している僕です。

値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

→もっと見る

PAGE TOP ↑