*

コーヒーの苦味 目指す味わい

公開日: : coffee ,

娘が一度映画を気に入ると、もう何度も見るのですね。
終わったかと思うと、また巻き戻して見たり。

 

何回も見ることになるので、大方ストーリーを覚えてしまいます。
最近では、ディズニーの「ズートピア」以前は「となりのとろろ」だとか、「さかなのぽにょ」もあったなぁ、そうそう「ナウシカ」もあったなぁ、ほんとその数知れず。

 

同じ映画を何回も見て飽きないかというと、これが何回か見ないと気づかない箇所も多く、点と点だったところが何回か見ることによって、繋がって線になったり。

 

最初はまた見るのーなんて思っていましたが、最近ではそうした繋がるところを探して、なるほど奥が深いわなんて味わってます、娘に感謝。

 

優れた映画は優れたコラムと似ていて、前と後ろが突然、繋がったりして、あのシーンはこのシーンを伝えるためにあったのね、なんて思って見ています。

 

映画って楽しいですね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

僕のコーヒーは、コラムや映画のようになりたい

 

そんな風になれたらいいなぁ、なんて思ってます。

 

さてコーヒーの苦味、というとどんなことを想像されますか?

 

コーヒーの苦味、と言えばどちらかというと、ネガティブなイメージを持っている方が多いように感じております。

 

僕が目指すコーヒーの苦味とは。
口の中でいつまでも残らないキレのある苦味、苦味に爽やかさを感じて、その後甘みが口の中に残る。

 

この苦味を意識して焙煎しております。

コーヒーの苦味とは別に、コーヒー豆を焙煎によって焦がして出る焦げた苦味というのもあるのですが、これは余計な苦味です。

 

焦がさないように焙煎する、だけど熱量をたっぷり使ってコーヒー豆が持つ香りを引き出す、このバランスの中で考えて焙煎を工夫してます。

 

優しい苦味を追求するのはなぜ

 

コーヒーの醍醐味とは苦味と酸味。

 

苦味と酸味とは、基本的に食品における危険信号ですよね。
酸味や酸味臭があると腐敗しているのではないか、苦味があると焦げているのではないか。

 

苦味と酸味の感じ方においては、女性と男性どちらが敏感かというと、どっちだと思いますか?

実は女性の方なのですね。

 

家族の食事において、幼い子供や家族の安全を守る、そのDNAが女性の方が強いそうで、そうした食品の危険信号でもある酸味や苦味においては、女性の方が男性よりも敏感なのですね。

 

コーヒーの酸味と苦味は、良質なものであればこれは危険信号ではなく大人の味わいですが、コーヒーも同じく女性の方が、苦味や酸味には敏感だと、長年コーヒー豆を販売していてそう感じています。

 

ですので、苦味に敏感な女性の方にでも、ソフトで優しい味わいに作り楽しんでもらう、そのためにそんな苦味の味つくりを僕は意識しております。

 

コーヒー豆を焦がさぬように、そして本来持つ良質な苦味を引き出す。
島はこれを意識して、味つくり、そして焙煎を行っております。

 

高槻も梅雨明け宣言され、夏本番に突入です。

 

優しい苦みのあるアイスコーヒーで、暑さの疲れを取ってもらえれば嬉しいです。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

1回の焙煎時間はどれくらい?

岡町本店では、営業時間内でも焙煎をしていることが多々あります。 岡町本店では焙煎機は、入り口すぐにど

記事を読む

あのコーヒーが帰ってくる TAPANCOFFEEが

本日、高品質高級コーヒー豆が届きました。 あのコーヒーが帰ってくるのです。   あのコーヒ

記事を読む

有名店のコーヒー

 豊中を中心に有名なイタリアンリストランテ 豊中岡町にある エルバウデコラシオン様こちらの

記事を読む

1粒のコーヒー豆の重さは、中煎りの方が重い 何に意識しておくか

お店のレジのことで、迷っています。 お隣の新しくオープンしたイタリアワイン専門店のオーナーさんに、先

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

ゴールデンウイーク期間中のコーヒー生豆のストックは、バッチリです!

昨晩、娘が小学校の年間スケジュールを見せてくれました。 よーく見ると、代休になる月曜日が結構あるので

記事を読む

いばからチャンネルに出演!動画で語る焙煎アーティスト島規之とは!

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 今日は「いばからチャンネル」というユーチューブの番組のご

記事を読む

コーヒーマシンの調べ

昨日、島珈琲の会計をお願いしている税理事務所の社長さんに電話を。 2023年から導入される、インボイ

記事を読む

コーヒーギフトを作るのに心がけている1つのこと

プロローグ 最近、ほんとにありがたいことにギフトのご注文が増えてきました。内祝、御中元、御歳暮、父

記事を読む

迷路

昨日から岡町本店に設置する新しいコーヒーグラインダー、コーヒーミルですね、の調整に入ってます。 &n

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
言い訳はすればその失敗はどんどんと目立ってしまう

本日、月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日。 今日はバイクの定期点検へい

次期グァテマラのサンプルが到着しました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まして10時までに

何事も経験

今日もお店の方がバタバタで、急ピッチで本日のブログも作成いたします。

パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑