*

コーヒーのブレンドとは集団スポーツだ!

公開日: : coffee

僕はですね、高校の時に日本拳法という拳法のクラブに所属しておりまして、バイトだと寝坊だの遅刻だの、怠惰な高校生活を送りながら、その日本拳法部にもまじめに行っているのか、そうでないのか、みたいな感じですね、高校生活を送っておりました。

 

しかしです。

 

試合の団体戦でBチームの大将に任命して頂きまして、(先鋒 次鋒 中堅 副将 大将とある剣道の団体戦と同じです)
自分の試合の番が回ってきたときに、勝っても負けても、もうこの団体戦は負けだと思っていたのですね。

 

だから思い切って攻めて行き勝利したら、実はその段階で引き分けだったんです。
僕がカウントを間違えていたのですね。

 

団体にはそうした思わぬことがあったりして・・。
その後の延長戦はそのまま僕が出場し、体力温存してなかったのもあって負けてしまいました。
皆に申し訳ない気持ちになったこと覚えております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コーヒーのブレンドも団体スポーツみたいなもの

 

シングルオリジンというのは、例えばブラジル国のなんとか地方の何とか州のだれだれさんの農園のコーヒー、という感じ。

 

ストレートはそれよりもっと大きい地域になる感じで、例えばブラジル国のなんとか地方のなんとか州のどこかの地域のもの。
地区の農協に集まったコーヒー豆、のような感じですね。

 

ブレンドもいろいろあるのですが、例えば島珈琲のお店で販売しているものですと、僕がブラジルとコロンビアとタンザニアを合わせて、美味しいと思うブレンドを作る。

 

これが島珈琲のオリジナルブレンドになるわけです。

 

ブレンドは一つのチーム

 

つまり例えばです、島珈琲にあるブラジルとコロンビアとタンザニアが一つのチームになっているのですね。

 

野球で言うチームは、守備のうまい人、打撃が得意な人、足の速い人、バントのスペシャリスト、などが折り重なって、強いチームとなっていますよね。

 

ブレンドも一緒で、香りの強いコーヒー、コクのあるコーヒー、甘みの強いコーヒー、これらをバランスよく折り重ねることにより、強いチームになり、他にない新しい味わいを作ったコーヒーがブレンドコーヒーになる、ということです。

 

シングルオリジンの一つの味わいを楽しむもよし、チームになり複合しバランスのとれた味わいを楽しむもよし、なのです。

 

なんとなく、ブレンドがどんなものか、というのが伝わったでしょうか。

 

これをちょっと頭に入れながら、ブレンドを飲んで頂くとなんとなく楽しみが増えるんじゃないかなぁと思って書きました。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップするドリップポットの選び方

高槻店は元旦から営業しておりまして、3ヶ日は天神さんへの初詣で目の前通りは、人でいっぱいになります。

記事を読む

ご存じですか!こんなドリッパーがあったのです

先日、岡町本店での出来事。   「島さん、ブログのネタにと思って、こんなドリッ

記事を読む

ご存じですか?コーヒー豆もお米のように脱穀しているのですよ

昨日、このようなツィートをしました。     コーヒー生豆を仕

記事を読む

no image

一緒じゃないかっっ!

 物が違うだけだけで 物理的には一緒なこと たくさんたくさんたくさん この世にはあると思う

記事を読む

お待たせしました!【夏に先駆け 魁!アイスコーヒー塾!】を開催しまーす♪

プロローグ 昨日ふと思いついたんで開催したいと思います。 島珈琲久しぶりのコーヒー塾開催です。

記事を読む

暑い時に欲しくなる、あまーいコーヒーのレシピ教えちゃう

プロローグ 実は僕、昔バーテンダーになりたいと夢見た時期がありました。シェーカーを振りグラスに注ぐ

記事を読む

進化するネルドリップ

聞き耳を立てていたわけではないのですが、大学生もしくは社会人になってあまり時間の経ってない、男女のグ

記事を読む

コーヒー豆の販売で、豆と粉 どっちで買っていく人が多いの?

島珈琲は2017年の春3月29日で、開業してから15年を迎えます。 岡町本店でスタートして、最初は

記事を読む

コーヒーの抽出温度

 毎日当たり前のように接しているコーヒーだけど コーヒーはほんとに繊細でデリケートだ(同じ

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑