*

1杯ドリップするより、複数杯一度にドリップする方が濃い味わいになるのはなぜ?

成長する娘 コーヒーの仕事にちょっと興味を持つ?

昨晩は娘が昆虫の本を一緒に読もう、というので、布団に横になり一緒に読んでいました。
その本には、いろんな昆虫の説明がされていて、これは何?って写真を指さし娘に聞くと、娘は得意げな様子でいろいろ説明してくれました。

 

おんぶバッタがとか、カブトムシがとか、知っていることをいろいろ説明してくれます。

 

成長していること、嬉しく思いながらうんうんと聞いておりました。
その後スマホで僕がコーヒーの仕事をしている動画を一緒に見ていて、わたしもコーヒーの仕事したい!と。

 

将来、なりたいものは何を目指すかなぁと、ちょっとだけ先を想像していた僕です。

 

さて、ハンドドリップするとき、1杯ずつ淹れるか、2杯分3杯分を一度に淹れるか、どう違ってくるのかを今回は説明しますね。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

1杯ずつ淹れる、複数杯淹れる、その違い

カップ1杯分のコーヒーをドリップ、使う粉はだいたい10~12グラム。
お好みの味わいにあわせて濃淡を粉の量で調節してくださいね。

 

カップ2杯分なら18~20グラム、これもお好みの味わい応じて調整して頂きたいのですが、1杯分と2杯分、同じ様に淹れたとしてもだいたい2杯分一度にドリップした方が、1杯分でドリップしたものと比べると味わいは濃くなります。

 

なぜか。

 

1杯分と2杯分の粉の層の厚さなんですね。

 

ドリッパーを同じサイズのものを使用してドリップするとします。
10グラムよりも18グラムの粉の方が厚みは?そうですね分厚くなります。

 

高さで見た方がわかりやすいでしょうが、何cmか粉は高くなっていますよね。

 

頭の中で想像してください。
その層に一滴の水を落として通過している様子を思い浮かべてください。
どっちが長い時間、一滴の水はコーヒーの粉の層を通過していますか?

 

2杯分の方ですよね。
お湯と粉と接している時間が長いほど、コーヒーの成分はよくでます。

 

ですから2杯分に使う粉の量は、粉の量を1杯分の倍量にせず少し減らすぐらいが、ちょうど良い味わいになるのですね。

 

島珈琲では1杯分は10グラム、2杯分は18グラム、3杯分は26グラム、と一度に2杯分以上を淹れる時は1杯分8グラムを加算していってください、とお伝えしています。

 

それを基準にして、お好みの味わいの濃淡は粉の量で調整してくださいね、とお伝えしております。

 

本日はコーヒー教室的なお仕事のダブルヘッダーなんです

午前中は喫茶コーナーを貸しきりにして、東京は渋谷・初台でパンを中心としたお料理教室をオープンするBST 田中優子さんが、関西の生徒さん7人と一緒に試飲会でした。(有料です)

 

喜んでもらえて何よりでした。

 

 

 

 

島珈琲を気に入ってくださって、渋谷のBSTのスタジオで島珈琲のコーヒーを使ってくださるとのこと。
めちゃくちゃ嬉しいです。

 

そして18時からは、大手家電メーカー そうです!あのパナソニックのcoffee部の皆さんが島珈琲へお見えになることになっていて、ここでもコーヒー談義を。

 

楽しみですね。
どんなお話になったかは、またのお楽しみに。

 

前後押していますので、今回はこの辺で。
頑張ります!それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

岡町本店の焙煎機 メンテ完了です (4958)

昨日は岡町本店の営業日、沢山のお客さんがご来店、感謝感謝です。   そんな中で沢山のお客さ

記事を読む

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

岡町本店の近くに、島珈琲のコーヒーが飲める古絵本屋さんが来年オープンします!

また娘自慢になってしまいますが、娘はよく笑う子で、一緒に遊んでいてもとにかくよく笑っています。 その

記事を読む

カッターマン!

  気がつけば自分が保持するコーヒーカッター  (グラインダーとも言うし ミルともいいます

記事を読む

コーヒーの計量スプーンは1杯△gは豆・粉用 どっち?

プロローグ コーヒーの計量スプーン、僕たちはメジャーカップと呼んでいます。 コーヒー豆や粉をいち

記事を読む

混合焙煎で工夫する (4624)

月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日ですので、朝は娘と一緒に起床して家族で朝ご飯の時間を楽しみました。

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

来年の夏は水出しコーヒーパックだ!

岡町本店が日曜日だけの週一営業になるまえの話なのでもう9年くらいまえになるのですが水出しコーヒーパッ

記事を読む

コーヒーの真実

前から読みたかった本 先日 紀伊国屋書店で目にして 迷わず購入しました 読みたい読みたいと思いな

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続きます コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎 (4975)

次の月曜日の定休日には、お休みを返上しましてコーヒーシロップ無糖の仕込

ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑