*

ペーパーを濡らすにはどんなふうにするのがベスト?

昨日はコーヒー教室的なのが2本立てでした!

普段は無口なほうで、というとみんなにびっくりされるのですが、いやほんとに黙ってコツコツ仕事しているのが好きなので、職人の道を選んだのですが、でも人とお話するのは好きなはず。

 

無口な方だと自分では思っていても、実はそうではないようです。(笑)

 

僕っておしゃべりなんだ、と気がついた昨日でした。

 

特にこんなことを話そう、とか正直全く考えてなく、質問されたこととその場の雰囲気の中で、いろいろ話すことを決めていった昨日ですが、どちらとも喜んでもらえたようなので何よりでした、感謝感謝。

 

そんな中でこんな質問を頂いたので、それについて今回はブログで説明していきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー教室的なその様子 SNSと写真でちょっとご紹介 下写真はパナソニックcoffee部の皆さんと。(一番左が部長の荒川さん)

 

 

 

東京 渋谷初台でお料理教室をオープン BST 田中さんのフェイスブックです。

ペーパーを濡らすときに、どれだけのお水注げばいいですか?

 

 

 

どの程度濡らすと良いか。
できれば全体を湿らすのが一番です。

 

全体に注がなくても下から高さ3分の2のところまでかけていれば、自然にじわじわと湿り気が上へ上へと登っていきます。

 

さてここで、お水なのかお湯なのか。

 

やっぱりお湯をかける方がよいですね。
というのも、ペーパーを濡らすと同時に、ドリッパーや下にある受けポット、カップ、マグカップを温めるという役割もあります。

 

冷たいところにドリップしたコーヒーが落ちると、コーヒーの温度も下がり、どうなりますか?
そうです、ぬるくなりますよね。

 

なので、ペーパーを濡らすときはドリップに使うお湯で湿らせてください。
僕はそうですね、1杯分のカップに直接ドリッパーを置いてドリップするので、そのカップの半分より少し下くらいになる量のお湯をいれています。

 

ドリップを始めるその直前にカップにあるお湯を捨てること、忘れないでくださいね。

 

ペーパーを濡らすことで画期的に味わいが変わることはない

これをしないと美味しくならない、ということはないと思います。

 

ただ僕は上に書きましたように、器具やカップなどを温める役目。
と、ペーパーがドリッパーに密着して、的が絞りやすくなりドリップしやすいから。

 

この理由が大きいです。
なんでペーパーを濡らし始めたかというと、僕のコーヒーの師匠の一人の方が、そうしてやったのを見よう見まねで始め、理由は後付で考えました。

 

なので、ペーパーを濡らすことは必須とは言いません、やってみてやりやすいようでしたらそうしてください、とお伝えしております。

 

ペーパーを濡らすことに賛否両論があるようですが、まずは自分がやってみてどう思うか?も大事にしてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

コーヒーシロップ無糖 次は8月6日に入荷します!

梅雨が明けてから一気に真夏へと。 7月の後半の気温って、毎年こんなんやったかなぁと最近、例年の平均的

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

新豆さん!いらっしゃーい!

  いったい何人の人が 三枝ふうのイントネーションで読んでくれただろうか・・・? 先程 朝

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻

記事を読む

なぜいつも同じ味のコーヒーにならないのか。

ブログは序破急で構成しております。 3部構成ですね。   徐々に始まり、本題に入って、急速

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

アイスコーヒーは、なぜ深煎りか

ここに来て、島珈琲の主力選手の1人であるコーヒーシロップのご注文がどんどん来てまして、うおーと叫びそ

記事を読む

「家庭用のミル」の手入れ

本日は月曜日で、高槻店は定休日。 岡町本店は日曜日だけの営業なので、月曜日から土曜日はお休み。 &n

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑