*

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

次の月曜日は奥さんの誕生日です。
奥さんの大好きな焼き肉を御馳走しようと思ってます。

 

娘も焼き肉が大好きな様子、奥さんのお母さんも一緒に、奥さんの誕生日を家族でお祝いしますね。

 

さて、その月曜日のお昼は日本政策金融公庫へ面談へ行ってきます、ちょっとドキドキ。

先日、税理士さんと相談していて、信用と実績を作っておくのもいいと思います、と言われたのでよっしゃーそれならいっとこー!と思いまして、お金を借りることにしました。

 

お金を借りる理由はいくつかあるのですが、今はナイショにしておきます。
借りることが出来たら、また報告しますね。(どーでもいいと思いますが 笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

 

さて、これもコーヒー講座や教室をするとよく聞かれる質問の一つです。
先日も聞かれましたので、こちらのブログには何度か書いた内容ですが、改めて書き直していきますね。

 

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか。

 

プラスチック製はリーズナブルだから、陶器はわりといいお値段がするから。

 

はい、価格で言えばプラスチックがリーズナブルで、陶器はプラスチックよりもお値段は高めです。
だから機能も上なのか、というと一概には言えません、一長一短です。

 

プラスチックは軽い、安い、どちらかというと使い勝手がいい。
陶器は比べて重いけども、存在感がありますし、所有欲をそそりますよね。

 

長持ちするのは陶器ですが、落として割れやすいのはどちらにも言えますね。

 

決定的な違いはというと、ドリッパーにはリブというガスを逃がす線があります。
製造上、プラスチックの方がこのリブの線をはっきり出すことができ、それに比べて陶器はじゃっかん、線の現れが弱いのですね。

 

ガスを逃がす線、リブがより出ているか出ていないか、で差がある、こんな感じです。

 

小さいことの積み重ねで、大きく変わる

 

陶器のドリッパーとプラスチックのドリッパーで、他、同じ条件として飲み比べたとき、そのリブの現れによって味わいの違いはどうなのか。

 

その違いは、びっくりするほどではなかった、これが僕の感想です。

 

コーヒーにおいて味わいが左右することは、本当にいろんなことがあるのですが、みんなその差は僅差なんですね。

ですが、それが沢山組み合わさった時に、大きな差になるのですね。

 

コーヒー豆(粉)の保存方法、それからペーパーの保管方法、ドリップの技術、お湯の温度から、粉の量、粉の挽き方などなど、ひとつひとつを見て違いを検証した時は、その味わいの差は僅かですが、これが重なっていくと大きな差となってきます。

 

コーヒーはトータルだなぁなんて思うワケです。

 

ですから、それぞれ一つを分かるようにするのではなく、トータルでお伝えしなきゃとこれを書きながら思ったりしております。

 

ということで、ちょっと着地点を見失いそうになりましたが、陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

 

これだけを見て言うならば、好みで選んでもらっていい、と僕は思ってます。
なんか答えになってないような気がしますが、今回はこれで終わらせてもらいます。

 

それではまた明日。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎道

 剣術と剣道 柔術と柔道 道という字がはいることで それは生きる道 つまり哲学をも 考える

記事を読む

コーヒー豆が焦げるって、どういうことなんやー!

昨晩、家に帰ると娘はリビングで寝ていました。 そのまま娘は朝まで夢の世界へ。  

記事を読む

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ 前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。 前回の記

記事を読む

イエメン

 そうです 休日 主におうちで過ごすのが好きな男性を「イエメン」 というそうです それは嘘

記事を読む

ミルクと相性のいいコーヒーの焙煎度合いは、どれ?

コーヒーにミルクを入れて飲むなんて邪道ですよね、とよく聞かれるのですが、僕的にはシチューにコショウを

記事を読む

どら焼きとコーヒーとわたし

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 先日 あるお客様に「どら焼きの美味しいお店っ

記事を読む

コーヒーの香りの強さはどこで決まる?

昨日はお休み。 午前はあれこれしながらゆっくり過ごし、午後は小学校から帰ってきた娘と過ごしました。

記事を読む

コーヒーの美味しい飲み方講座

さぁ今日はここで美味しいコーヒーの飲み方講座を 行いましょう! 美味しいコーヒーの飲み方のコツ それ

記事を読む

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

ハート

 昔から 人より不器用で まず頭で理解しないと体に入っていかなく とにかく出来るようになる

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーのプロですが、家ではコーヒーメーカーです

おはようございます。 本日は祝日ですが月曜日なので高槻店は定休日、岡町

お店を何年やってたって「知られていない」と思うこと

日曜日は日曜日だけが営業のお店、島珈琲岡町本店での営業に来ておりま

続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑