*

インスタントコーヒーと自家焙煎コーヒーの違いは何?

プロローグ

インスタントコーヒーと自家焙煎コーヒーの違いとは。
そもそも状態が違うので、「違い」を何を持って比べていくのか?というところになりますが、今回は出来上がったコーヒーの味わいについて、何故違うのかを記事にしたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

IMG_9456

 

インスタントコーヒーとは

日本人が発明した画期的なものでした。
なぜインスタントコーヒーを発明したのかというと、僕が記憶しているのは、戦争時に戦地でも簡単に飲めるように、と言う理由があったと聞いた覚えがあります。

 

さてインスタントコーヒー、便利ですよね。
お湯に溶かして混ぜるだけ。
特に器具がいる訳でもなく、技術がいる訳でもなく、簡単にできるのがインスタントコーヒーの最大の特徴です。

 

自家焙煎コーヒーとは、職人さんが思い思いの考えを持っていろんな選択をし、焙煎されたコーヒー豆。
それをペーパードリップやフレンチプレスなど使い、淹れて飲むコーヒー。

 

この両者の違いは焙煎されるまでは一緒ですが、抽出から違いがあります。
インスタントコーヒーは一気に大量のコーヒーを抽出し(抽出方法は分かりませんが、たぶん水蒸気や圧力を使ってドリップする方法だと思います。)、抽出されたコーヒーをフリーズドライという方法などで、インスタントコーヒーの粉として加工されます。

 

決定的な違い

基本的な大きな違いは、いわゆる工業用の安価のコーヒー豆を使っているということです。
大量に作り、大量に流通させ、スーパーなどでお手頃な値段で販売されています。

 

お手頃な値段でないと大量に販売するのにリスクがあるので、原料も安価なものを選ぶ事になり、結果どうしても味わいの部分では、味わいの良い高品質コーヒーを取り扱う、自家焙煎店の自家焙煎コーヒーとは大きな差が出来る事になります。

 

だいだいの島珈琲のような個人店は、コーヒーを愛し、美味しいコーヒーを飲んでお客様に仕合わせな時間を過ごして欲しいと願ってます。

 

僕はコーヒー豆を安価には出来ないけども、生産量が少なく安定供給という部分で大手には出来ない「高品質」である事と、それと過ごす「仕合わせな時間」をコーヒー豆と一緒にご提供しています。
つまりインスタントコーヒーと自家焙煎コーヒーの違いは、ずばり、愛情の差です。

 

エピローグ

技術や手間暇なども含めて、美味しいコーヒーを飲んで仕合わせ名時間を過ごして欲しい、コーヒー豆を焙煎しながら、コーヒーの味わいをイメージした後には必ず、お客さまがカップを手にして笑顔になっている事を想像しています。

 

そのコーヒーに愛を込めているのが大きな差、それが僕が思うインスタントコーヒーと自家焙煎コーヒーの違いだと、思っています。

 

今朝はタンザニアコーヒーを愛情一杯に焙煎しました。
よろしければこちらからどうぞ。

 

http://www.shima-coffee.com/mrs-0003/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、読みたい!と思ってもらうことは

記事を読む

コーヒー豆(粉)を買って来た カンタンにできる保存方法は?

昨日は久々に何も予定のないお休みで、4歳になる娘とお買い物にいったり、ファミレスのCOCO'Sに行っ

記事を読む

コーヒーの挽き方と味わいとかの関係

コーヒーの挽き方には一般的に、粗挽き、中挽き、細挽きと呼ばれる挽き度合いがあります。 &nbs

記事を読む

しばらくの間だけ!グァテマラの豆はあのリベルタッド・レゼルバに変更します!

本日は朝に税理士さんとミーティングを。 おかげ様で、島珈琲株式会社、2期目も無事通過することできまし

記事を読む

コーヒーの99%は水なんです、というお話

昨日は箕面スパーガーデンに行って来ました。 奥さんのお母さんに、ゆっくりしてもらおうという企画。

記事を読む

焙煎道

 剣術と剣道 柔術と柔道 道という字がはいることで それは生きる道 つまり哲学をも 考える

記事を読む

焙煎する機械、焙煎機による味わいの違いって何?

最近、コーヒー業界の新しい情報についていけてない僕です。 コーヒーに関わらず、情報はツイッターなど

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

アイスコーヒーは淹れて直ぐ飲むべきか、寝かすべきか

食品学でいうと、コーヒーも淹れてからできるだけ早く飲む方が良いとされています。  

記事を読む

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を編集していたのですが、まぁ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑