*

焙煎機の釜には攪拌する為に羽があります

公開日: : coffee

昨晩から焙煎機のメンテンナスに入りました。
もちろん、メンテンナス中でも、次の日の朝には焙煎出来るようにしています。

 

一気にやるといいのですが、時間もかかるし、より丁寧にやろうと思えば、細かくわけて時間的余裕を持ってやる方が思う存分やれるのですね。
僕ね、磨くのが大好きなんです。

 

昨晩も、焙煎機の釜の内部に着く、カーボン、焦げですね、これを一所懸命、ピックやヘラを使いゴシゴシしていたのですが、バリって取れると快感じゃないですか。笑

 

ゴシゴシして磨き、綺麗にするのが大好きで、いつまでもやっている人なんです。
そして昨日、バラした時にスマホで写真を撮りました、焙煎機の釜の内部の一部です。

 

 

 

 

釜には羽がついています

 

今回は珍しく写真が多いですよー笑
上からバラす前の焙煎機。
そして一部、部品を外した状態で、中に釜があるのがおわかりでしょうか。
次に近づいて、釜に羽があるのがおわかりでしょうか。

 

この中に、この下にある写真を釜が入っているのですね。

 

 

これがモーターに回されて、グリングリンと回転します。
中にコーヒー豆が入り、その下から熱が入って来て、焙られるという仕組みです。

 

この釜は俗に呼ばれて直火式という方式の釜で、釜にはパンチングが施されて、そのパンチングから熱が入ってくるという感じですね。

 

もちろん蓄熱からの伝動熱もありますが、この素材がステンレス製で、その伝動熱が少なくパンチングから入る熱で多くは焙られている、という風になっております。
マニアックになってきたなぁ。笑

 

釜の羽で焦げない様に攪拌しています

 

コーヒー豆は、焙煎している間、この釜にある羽で混ぜるというよりも、はじかれる感じですね、で攪拌され焦げない様にされています。
年数重ねてくると、回転している時の豆の音で、違いも判ったりします。
水分の多い豆、固い豆、焙煎の中くらいに来た時の音、コーヒー豆同士がぶつかりあいながら、シャカシャカと15分くらい攪拌されそこに熱を当てられて、そしてあのアロマを持つコーヒー豆と変身します。

 

面白いでしょ。
行程はほんとうにシンプルで、シンプルが故に奥が深い、誤魔化しが効かない世界です。

 

いつまで経っても、この焙煎と言う作業はミステリアス、だから飽きないで今もハマっているんだと思ってます。
さぁ、今夜は冷却器のメンテンナスを。

 

こちらも味わいに響くところですので、しっかりメンテンナスしますね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

職人として あるべき心を考えた

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている と感じているのは僕だけでしょうか? 高槻店にくる

記事を読む

コーヒーの適齢期はいつ?

プロローグ 日曜日は、営業日は日曜日だけの岡町本店でコーヒー豆の販売をしています。 岡町本店はコ

記事を読む

煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなくてもお湯とカップがあればOKの

記事を読む

これを知っていれば安心 初めてのコーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき応用できる3つのこと

プロローグ コーヒー豆専門店を13年させてもらっていますが どうしても敷居が高く感じられているよう

記事を読む

中焙煎=マイルドのアイスコーヒーも美味しいよ!

ついこの間まで寒い寒いと言ってたここ高槻では、3月に入って今日なんか5月の気候じゃないのん?と思わせ

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

マンデリンが新しいロットになりました!

今週は焙煎機メンテナンス週間です。 昨晩から始めました。   高槻店の業務終了後、後片付け

記事を読む

なんでモカの豆はエチオピアとイエメンと2つあるのか

島珈琲高槻店に飾ってある、エチオピアの地図。 皆さん面白そうに見ていかれます。   なかな

記事を読む

岡町本店はどちらかというと深焙煎のコーヒー豆が多いです

2年前くらいからでしょうか。 岡町本店の流れが変わり始めました。   遠方からご来店頂いた

記事を読む

コーヒー屋のミルクはなぜ生クリームなのか

昨日は臨時休業を頂き、いろんなことが出来た日でした、感謝です。   娘のスイミ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑