*

マンデリンというインドネシアのコーヒーの魅力

公開日: : coffee ,

先日、島珈琲を見て頂いている税理士さんが、コーヒー豆を買いに来られてので、ついでにいろいろとお話をしてしまいました。

 

3月には確定申告もありますので、今後のことや現在の状況をなど含めて、税理士さんの視点でご意見を頂きました。
この先、法人化するのもひとつかと。

 

そんなアドバイスももらい、なんだか未来に面白いと思う新たな目標ができて、ちょっとワクワクしている僕です。
法人化とかはあまり興味のなかったことですが、状況に応じて柔軟に対応し変化していく、それが僕のモットーなのでその流れが来たら、逆らわずに流れに乗りたいな、と思っている僕です。

 

どうなるか、僕にもわかりません。(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

島珈琲のライナップに16年間変わらずにあるマンデリン

 

変化に対応することも大事、一途に変わらないことも大事。
要はバランスだと思うのですね。

 

変化にも応じて、でもブレない。
これ大事ですよね。
一見、正反対の様な2つに見えますが、どちらかだけでは物事のバランスは取れない、僕はそう思ってます。

 

なので心に柔軟性が必要ですね。

 

さて島珈琲のコーヒー豆のメニュー、そのライナップに16年間変わらずある1つがマンデリンというコーヒー。
昔から人気があって、独特の味わいがあり、その個性が魅力であり、支持される理由であります。

 

独特の味わいがあるので、好き嫌いもはっきり別れるコーヒーでもありますが、長年その動向を見てきて、マンデリンの独特の味わいが苦手と言われた方は、ほんの一握りかなぁと記憶を辿っていけば、そんな風に思います。

 

さてこの独特の味わいが多くの支持を集めるマンデリン。
島珈琲では、中深煎りと呼ばれるところの焙煎度合いで、ご提供しております。

 

マンデリンというインドネシアのコーヒーの魅力

 

このマンデリンというコーヒーは、インドネシア・スマトラ島が原産地。
なので、マンデリンをスマトラと呼ぶ方もおられます。

 

このマンデリンの独特の味わいは、他とは違う精製法から来ています。

 

スマトラウオッシュドと呼ばれる(はずです)他の生産国とは違う精製方法がありまして、それは気象状況や土地の環境からそうなったのですが、それがなんと表現すればいいのかエキゾチックな味わいを醸し出しているのですね。

 

味わいの個性がはっきりしているので、ブレンドに使ってもよい演出をしてくれますし、マンデリンという個でも素晴らしい演出をしてくれます。

 

特に近年、マンデリンの人気は世界中である様子。
良い品質のマンデリンが手に入りにくくなりましたが、そこはおまかせください!

 

良いマンデリンのコーヒー生豆を安定して仕入れています、ですので味わいも美味しさも安定してますからね。

 

島珈琲では深焙煎(一般的には中深煎りの焙煎度合いです)で、深みとコクを演出しながら、更にマンデリンの個性をグッと出せる焙煎をして、皆さんに楽しんでもらっています。

 

今年も非常に良いマンデリンをご用意してますので、よろしければエキゾチックな味わいでこの冬を温まってくださいね。

 

それでは、マンデリンの魅力についてのお話でした。

 

島珈琲のエキゾチックな味わいのマンデリンの通販はこちらです。

 

http://www.shima-coffee.com/drs-0002/

 

マンデリンってマンダリンやマンドリンとかと、間違ってしまいそうですよね(笑)
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どっちだ!電動ミル、手挽きミル、性能が良いのは!

プロローグ さて12日火曜日はセミナーに行き、勉強をしてきますので高槻店お休みを頂戴します。 島

記事を読む

コーヒー豆の挽き方の違い、何が変わる?

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店に来まして焙煎した後、10時より営業開始してお

記事を読む

深煎りコーヒーが脳の健康によい、らしいのです!

私、島規之は来年で44歳になってしまいます。   小学校の時から友達と話すのは

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

コーヒーシロップ加糖が出来るまでの道のり

明日、日曜日はコーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を行います。 コーヒーシロップとは、コーヒーの濃縮液で

記事を読む

お洋服やさんで、美味しいコーヒーをお客様にお出ししたい。コーヒーメーカーはどれがいい?

プロローグ 先日、スコットブレンドをご購入されたお客様からご相談がありました。 お洋服やさんをさ

記事を読む

安定の味わいを目指して

月曜日はお休みですが、カミさんと高槻店の屋上にある倉庫の荷物の移動をすることになっています。 &nb

記事を読む

ホットコーヒーがキュッと美味しくなる季節

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店へ行きます。 こちらのお店は、コーヒー豆の販売のみのお店

記事を読む

島珈琲の焙煎機は2台 味わいの違いは?

日曜日は、日曜日だけが営業の岡町本店に来て、こちらはコーヒー豆の販売だけで喫茶コーナーはありません、

記事を読む

夏のコーヒー豆は脂のまわりが早い

夜、いつも娘が、一緒に寝ようと言います。   僕はビールを食らいながら、ご飯を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑