*

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。

 

スパーリングもしましたので、殴られたその痛みも知っています。
拳が石のように重いパンチ、威力はそこそこだけどピンポイントに急所に当ててくるパンチ、それぞれでした。

 

そうした痛さは経験しないとわからないものですよね。

 

どんな物事でも経験を積めば積むほど、いろんなことが見え、いろんなことを知り、そしてそうした時にどんな気持ちになるかが分かるようになり、相手をいたわる優しさになっていく、と歳を重ねるとそんなことを強く思ってくるのです。

 

経験は優しさを育むものでもある、まだまだな僕ですが、優しくなる為にも経験を積んでいきたいなぁと思っております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

技術も大事だけど、優しい気持ちも大事

 

ドリップしている時に特に感じています。
心が乱れていると、やっぱり思った味わいにならない。

 

美味しいコーヒーが作るのが生業であるわけですから、もちろん技術や素材を見る目も大事。
プラスいつも心穏やかにして、優しい気持ちでいることも大事。

 

心の状態がその作るモノに反映されてしまうのですよね。
これはコーヒーに関わらず、ものつくりやどんなお仕事、そしてどんな物事でも同じだと思ってます。

 

そこに最高級の素材があったとしても、気持ちの入ってないドリップで淹れたとしたら、それって飲む人に何となく伝わると思うのですね。

 

精神論になってしまいますが、やっぱりその作るモノに対して、愛情や優しさって味わいを決めるキーポイントでもある、というのが僕の考えです。

 

ドリップに優しさを注入して

 

ただドリップするのではなく、そこに優しい気持ちを注入してみてください。
そうすると所作も優しくなると思うのですね。

 

所作とは、身のこなしやふるまいのことです。

 

お湯を落とすとき、ポットを回すとき、それぞれの所作が優しくなり、優しい味わいになると思います。

 

プロである僕は、その所作に優しさがあるように、常に心のコントロールができるように毎日努力しています。
どうしたらいつも穏やかな心でいられるだろうか、これは僕の永遠のテーマです。

 

だって人間ですもの、イラッとしたりムカッとしたりありますよ、僕も。
だけど、それは僕のコーヒーを飲む人には関係のないこと。

 

だからいつも心穏やかになるには、ということを考え続けています。

 

年輪という歳と共に重ねてきた、経験から見えてくる優しさもだんだんと備えてきましたが、でももっと優しい人間でありたい、と思っております。

 

美味しいコーヒーを作るために、まだまだ心の経験が必要だと思う島であった。完

 

ドリップで優しさをプラスしてみてくださいね!美味しくなるはずです!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ 今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこう

記事を読む

美味しいコーヒーの器具はどっちだ、対決!ペーパードリップVSフレンチプレス

プロローグ   両者リング中央へ。   WBCコーヒ

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

白色のコーヒーペーパーフィルターと色つきの違いは何?

プロローグ コーヒーペーパーフィルターの白色と色つきの違いは何か? 色つきはそのほとんどが茶色だ

記事を読む

コーヒーは一杯、何cc なの?

プロローグ 僕は朝、早めにお店に来て焙煎をします。 早ければ6時くらいからスタートすることもあり

記事を読む

そもそも 粗挽き 細挽き ってなんなのか?

今日はコーヒーを粉をするときに粗挽き(あらびき)とか細挽き(ほそびき)とか言いますが それはいったい

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

ペーパードリップでの「蒸らし」のコツを書いてみた

物事を始めるのには、たいていきっかけがありますよね。 誰かのを見て始めようと思った、とか。

記事を読む

ハンドドリップをはじめてするとき ドリッパーはどのメーカーが良いの?

さて先日のテレビ取材の放送の日にちが決まりました!   MBS「catch!!

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑