*

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

 

こちらです。

 

 


はい、ドリップするときに中心から「の」を書くように、螺旋状にポットを回し、そして中心に戻ってきてください、こう説明します。

 

その時に、ペーパーにかからない、もしくは端にはお湯をかけないでください、と説明しています。

 

なぜ、端にお湯をかけないのか。
それでは端ばかりにお湯をかけて抽出するとどうなるのか、を今回実験してみました。

 

そこからこのことを考えてみたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

端にばかりお湯を注いでドリップしてみた結果

「の」の字を書くようにお湯を螺旋状に粉へ落としていくのが、基本的なやり方です。
で、今回はそれに逆らって、「の」の字ではなく、端だけを円を描くようにドリップそしてコーヒーを抽出してみました。

 

写真のようにペーパーと粉のラインにそって、お湯をグルグルと落としていきます。

 

 

お湯を中央には落とさず、端だけにかけて全体を持ち上がる感じですね。

さぁ出来上がりましたよ!

 

出来上がったコーヒーの味わいはいかに!

抽出の途中に感じたことは、とにかくいつもより早くカップに落ちて完了したということでした。
1.3~1.5倍のくらい早く終了したように感じました。

 

そして味わいはいかに!うん、薄い!

当然の結果といえば、当然の結果です。

 

端にお湯をかけると上のツィートにも書きましたように、コーヒーの層をお湯が通らず、ペーパーとドリッパーの隙間を通るお湯が多くなるのですね。

 

コーヒーの粉の層を通らないと、コーヒーの成分がお湯によってちゃんと溶けることなく、お湯に近いコーヒーになるといえば良いでしょうか、結果薄いコーヒーが出来上がるのです。

 

ちゃんと層を通らないから、全体的に薄い、頼りない味わいになるのですね。

 

ですので、ドリップするときは端から数ミリ内側までにし、端にはお湯をかけないでください。
それでもきっちりと味わいがでますからね。

 

全体にお湯をかけないと、と思ってしまますが、端っこはお湯をかけなくて大丈夫ですからね。

 

但し、一番初めの「蒸らし」という全体を湿らす時はお湯を端っこまで全体にかけてくださいね。
それ以外は、端っこはNGです。

 

ということで、ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由

昨日のブログをツィッターでリンクし、ツィートをしたところ、沢山のリツィートやいいねを頂けました。

記事を読む

なぜ僕がコーノ式円すいドリッパーをおすすめするのか

今日はカミさんの誕生日。 ケーキを買って帰ろう思ってます。   両親にえらい迷惑かけたなぁ

記事を読む

円すいと台形3つ穴のドリッパーのそれぞれの良いところ

昨晩はドリップバッグの仕込み焙煎を10キロのコーヒー豆を焙煎し、翌日、今日ですね、に工場で一つ一つパ

記事を読む

経験とは、そぎ落とすこと

実は11月にコーヒー教室をすることになりまして、主催は僕ではありませんので、詳しいことは今は言えませ

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

ペーパードリップでペーパーを濡らす理由はなぜか?

プロローグ ハンドドリップでペーパーの濾紙を使い、コーヒーを抽出する時ペーパーを濡らす人がいたり、

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

ドリップの粉の膨らみはテクニックではない

先日もお知らせしましたが、1月15日火曜日は高槻店は臨時休業いたします。 ご迷惑をおかけしますが、よ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法と

コーヒーミルと一緒にあるといいもの

先日、お客さんからコーヒーミルの相談を受けました。 しかしです、そのお

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑