*

ドリップするお湯は細い方がいいのは何で?

最近、やせました?と出会う人出会う人に、よく言われます。

 

そんなに細くなったのかなぁ。
顔が細くなったって、言われるのですね。

 

僕は職人さんになるのが夢でした、憧れでした。
手に職をつける、というのと、技を持っている、という言葉が、すごくかっこよくて。

 

あともうひとつ。
僕はデスクワークがダメなんです、すぐに眠くなるのですね。
ですから立って仕事をしていたい、と言うのも理由にあったのです。

 

立ちながら眠くなるのはよっぽどですもんね。(笑)
今、そんな憧れていた職人さんに慣れて、おかげ様で充実した日々を送らせてもらってます。

 

その立ち仕事のおかげで、体重は20歳くらいの頃からほとんど変わってないはずですが、知らんうちに痩せたんかな、いやそんなはずはない。

 

皆さんは、今の仕事、どんな理由でそれを選びましたか?
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

ドリップのお湯は細い方がいいのか

 

今回はお湯の細さのお話。
細い方が良いのか、と言うと、うーんと考えますが、逆に太すぎるのはダメだな、とそっちを説明する方が簡単です。

 

ではなぜ、注ぐお湯の線が太いといけないのか。

 

科学的には何一つわかりませんが、これは僕がやってきた上で、出来上がった考えです。
ので、僕流です。

 

コーヒーの粉をドリッパーにセットし、コーヒー用のポットにお湯を入れる。
それでドリップの動作に入って行くわけですが、この時お湯を落とすというよりも、頭の中のイメージではお湯を粉の上に置く、そんな感じでドリップします。

 

その粉の上にお湯を置く感じで、その落としているお湯で、粉を優しく混ざる感じでポットを回し、粉の上に「の」の字を書くように螺旋状にドリップします。

 

注ぐお湯をマドラーのようなイメージを持って、優しく回す感じですね。

 

ややこしいですが、お湯を粉の上に置くような感じで注ぎ、そのお湯の細い線をマドラーのように意識して、ゆっくりと優しくまわす、これが僕がドリップするときに持つイメージです。

 

 

 

それはどうして?

 

粗っぽくドリップしたら、粗っぽい味わいになるし、優しくすれば優しい味わいになる、という僕の経験上からです。
このドリップしたコーヒーを飲む人に、気持ちを添えるように。

 

粗っぽくドリップすると、なんとなく出て欲しくない味わいもでているのですね。
なので、ドリップする時、お湯を線を細くするのは「優しく」ドリップするため。

 

美味しいコーヒーに優しさをONすれば、その美味しさは更に増す、と考えてます。
料理でもコーヒーでも、気持ちって乗っかるもののだと思います。
その時の気分というのもありますからね。

 

丁寧にするというのは、優しさを乗せること。

 

僕がドリップのお湯の線を細くするのは、丁寧にコーヒーの成分を抽出するためと、そのコーヒーに優しさを乗せること、からそうしてます。

 

抽出時間との味わいの関係もありますので、お湯の線が細すぎたり、丁寧が過ぎるのはよくないですからね。
何事もほどほどに。

 

優しさも度が過ぎると、煙たいものになりますからね。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ペーパーフィルターの価格の違いは何を意味するのか

明日、2月7日水曜日はエクスマセミナーに行きマーケティングの勉強をしてきますので、高槻店は臨時休業し

記事を読む

ペーパードリップの抽出完了後、すり鉢状になるのが正解なのか

しかし、コーヒーにはなんでこんな色々と疑問に思うことがあるんだろう。 時々自分で書いていても、不思

記事を読む

同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由

昨日のブログをツィッターでリンクし、ツィートをしたところ、沢山のリツィートやいいねを頂けました。

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

ペーパーの色の違いは何の違い?

僕が一番好きなコーヒーの淹れ方は、実は布ドリップ、ネルフィルターですね。  

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

コーヒーポット(ドリップ用のポット)の選び方3つのポイント

プロローグ 昨日、お客さまからコーヒーをドリップするときに使うポット。これを選ぶときに何を気をつけ

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

コーヒードリッパー メーカーによって何が違うのか?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回もコーヒードリッパーのはお話です。 コーヒードリッパーにもい

記事を読む

昨日はアイスコーヒー塾、一番反応があったアイスコーヒーは?

プロローグ 昨晩はアイスコーヒー塾の開催日でした。3名と少人数でアットホームなコーヒー教室、質問に

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

生産国の地域による味わいの違い

こう暑いとビールが進んでしまう僕です。 実はお酒が大好きです。 &nb

火曜日だけのカフェ

自分自身のお休みが月曜日だけでして、そのお休みを今は、出来る限り娘との

接客はスポーツだ

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日で、岡町本店は日曜日以外は全

→もっと見る

PAGE TOP ↑