*

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

 

水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に都合の良いことをばかり言って、いつまでも解決しないこと。
水を掛け合いのように、勝敗が決まらない論争の意味から「水掛け論」という言葉が生まれた。

 

インターネットで「水掛け論」を調べるとそう書いていました。

 

コーヒーにおける知識も水掛け論的なところがあって、あの人はこう言うがこの人はこう言う、それぞれに持論があってお店のマスターによって言うことが、てんでバラバラなことはしょっちゅうです。

 

ですので、どれが正しいのかが分かりにくいのがコーヒーの世界。

 

正しいで判断するのではなく、自分がそれをしてみてどう思うのか。
やりやすかった、美味しかったと思ったら、それが正解なんだと思うのです。

 

それを踏まえて参考になれば嬉しいかなぁと思ったり。
特に個人で営むコーヒー屋さんは、僕も含めてお山の大将なんだと思ってます。(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?

 

僕は濡らす派です。
なぜ濡らしたのか、というと、僕にはコーヒーの師匠が何人かいるのですが、その師匠うちの一人がドリップするときにまずペーパーを濡らしていたから、なんです。

 

理由は後付です。
まずは見よう見まねでやってみたのが、始まりでした。

 

それでやってみて濡らした方がやりやすかったのですね。
どうやりやすかったのか。

 

ペーパーがピタッとドリッパーに張り付いて、お湯を注ぐ時に焦点を合わせやすかったのですね。
ペーパー濡らさない時、ペーパーが浮いていたりすると、ちょっとやりにくかったので、僕には濡らす方がやりやすかった、それが原点です。

 

濡らす利点は?

 

器具やカップを温めるという役割もありますね。
カップの上にドリッパーを置き、ペーパーをセットしてペーパーの全体を湿らすようにお湯を注ぐ。

 

そのお湯はドリッパーを温め、下に落ちそしてカップを温める。
ここで注意したいのが、お湯を捨てることを忘れないこと。

 

うっかりそのままドリップして「あっ」と気づけばいいですが、気づかないでなんかおかしいなぁと思いつつそれを飲んだら、なんか薄かったってことがありますのでね。

 

ただ、このペーパーを濡らすことで、味わいがすごい変わる事はないです。

 

僕の視点ですが、ペーパーを濡らす時と濡らさない時、ドリップして出来上がッたコーヒーを飲み比べたことがありましたが、濡らした方が味わいがやや濃くできるように感じましたが、それはほんの僅かでした。

 

味わいというよりも、それはやりやすさかなぁと思っています。

 

どちらが正解ではなく、どちらがやりやすいか、自分に合うか、それで判断してもらえばいいと思います。

そんな、ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派のお話でした。

 

コーヒーが更に美味しく感じる季節になりましたね、コーヒーでご機嫌な時間を、どうぞ。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップポットの選び方

ゴールデンウイークに突入しました。 高槻店は日曜日・月曜日が定休日はGW中も変わらず。 岡町本店も営

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

次の月曜日は奥さんの誕生日です。 奥さんの大好きな焼き肉を御馳走しようと思ってます。 &nb

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

ペーパードリップでの「蒸らし」のコツを書いてみた

物事を始めるのには、たいていきっかけがありますよね。 誰かのを見て始めようと思った、とか。

記事を読む

なぜドリップする時、端にお湯をかけてはならないのか

昨晩、余震がありました。 ドーンという音を立てた後、わりと大きな揺れでしたが短い時間で終わりました

記事を読む

コーヒーの挽き目 粉の細かさ 粗さは なににつながる?

さて昨日は臨時休業を頂きまして、両親と家族で池田の伏尾にある不死王閣という温泉旅館に行ってまいりまし

記事を読む

ハンドドリップは昔と今で変化してきたのか

日曜日は、日曜日だけが営業日の岡町本店の店頭に立つ僕です。   と言っても、高

記事を読む

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりました。 今後、高槻店の喫茶コーナ

記事を読む

コーヒーのプロは1日何杯のコーヒーを飲んでいるのか

栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖の味わいをチェックした

今日は娘の誕生日。 10年前の今日、朝5時半くらいに病院で待っていると

お盆期間中は定休日変わらず通常営業です

本日、8月8日は月曜日ですので高槻店・岡町本店共に定休日で僕のお休みで

1杯淹てより2杯淹ての方が安定する?

昨晩、家に帰る前にカミさんから、娘がサプライズを考えてるからね、とメー

コーヒー豆は見た目で銘柄がわかるのか

人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり 一度生を得て滅せぬ

コーヒーの味をつくる焙煎機のダンパー

さぁ今日のブログのテーマは何しよ、とスマホの写真アルバムを見ていると、

→もっと見る

PAGE TOP ↑