*

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を浮かべて「美味しいね、ありがとう」と言われれば、作った人は大抵喜ぶはずだと思います。

 

作ったモノが喜ばれる、そうして作る喜びを更に求め、作ることに没頭する。
ただし作ることに没頭しすぎて、相手がいることを忘れて自己満足になることは怖いところですね。

お店をしていて、いつもそう思ってます。

 

旨いコーヒーをつくりたい、喜んでもらいたい。
そしてコーヒーが家庭円満になるひとつのツールであったり、一人の時間を有意義過ごすお供などになったりすれば、なお作ったものは嬉しく思います。

 

結局、喜んでもらうことを求めて、旨いコーヒーを作りたいというその欲求が強くなっていくのかなと思ったり。
島珈琲さんがなくなったら私困るんです、そう言ってもらえるお客さんに深く感謝して、喜ぶ顔をいつも求めて焙煎しております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

旨いコーヒーを作りたい

 

僕は焙煎屋なので、やっぱり焙煎で旨いコーヒーを作りたい、いつも毎日そう思ってます。
焙煎をされない方はドリップなど淹れ方になりますね、それぞれですよね。

 

今回、高槻店の焙煎方法にメスを入れました。
もうちょっとこうしたら美味しくなるのでは、ふと寝る前 布団の中で思ったのですね。

 

それから調整をしながら、やっとポイントが合いました。

 

焙煎ってね、すぐに味わいの調整できないのです。
コーヒー豆の焙煎をしながら、お料理のようにお皿に出汁をすくって味見するようなことはできません。

 

コーヒー焙煎は出来上がりの味わいを、頭の中で想像して仕上げるのですね。
ですので、焙煎が終わってから味見をするのですが、焙煎して直ぐには正確な味わいがわからないのです。

 

焙煎して1日後にぐぐっと味わいが盛り上がってくる

 

焙煎してから1日寝かし、そこから味わいはぐぐっと盛り上がってくるのですね。
味が若いと表現するのですが、焙煎した直後は味わいがぼやけているのです。

 

ですので、1日後にはっきりした味わいをキャッチできます。
このことから焙煎で味わいを調整するのには、非常に時間がかかるのですね。

 

こうだ、と思ったやり方でやってみて、出来た1日後に飲んで、やっぱりこうかな、ああかなと考えて再トライする。

 

そんな中でやっと、ここ!というポイントが見つかりました。

 

特に深焙煎のコーヒー豆は奥行きが広がった、そんな風に感じます。
ただ飲み比べないとわからないくらいのレベルですが、わからなくてもあっ美味しいねって喜んでもらえたら、それが僕の喜びなのです。

 

作ること、焙煎することが大好きですが、それは喜んでくれる人がいてくれるから。
また明日も誰かの喜ぶ顔を想像して、愛情込めて焙煎していきますね。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

香りも一段とよくなりましたよ!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島さん!!これで子供が牛乳を飲めるようになりました!

プロローグ 「これを使って牛乳を飲ませたら、牛乳嫌いな息子がガブガブ飲み始めたんですー ありがとう

記事を読む

コーヒーの味わいの表現はむずかしい・・・参考にした本はコレ

実は僕、過去にバーテンダーを目指した時期がありました。 昼はコーヒー焙煎、夜はバー、カフェバーです

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

安定した味作り、その心がけは

実は人間ドックを受けた事ないのですね。 特定検診にしかり、受けとかなあかんなぁと思いつつ、先延

記事を読む

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ 昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のよ

記事を読む

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見たい映画を姉とかわりばんこで観て

記事を読む

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました 「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしてい

記事を読む

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑