*

どうしてコーヒーを沢山の杯数を淹れる時、粉を減らすのか

プロローグ

毎日ブログを更新して書き慣れていても、書くのには時間はそれなりに必要です。
文字数にもよりますが、それなりのボリュームにするには5分、10分ではとても無理といえます。

 

そのブログで誰かを紹介するとなると、僕はほんとに表現を工夫します。
やっぱり紹介する以上、皆さんに伝わってほしいじゃないですか、ね。

 

そのことを身をもって知っていますので、ブログで紹介して頂けると心から嬉しく思うのです。

 

先日お店に来てくださった、ハッピー薬品の橋本亨さんがこんな素敵なブログを書いてくださりました。

仕事が好きになり幸せに暮らすコツ
http://ameblo.jp/happy0909/entry-12166179365.html

 

そして先日、名古屋からお仕事で大阪に来られ、お忙しいのにわざわざ高槻店に来てくださった、エクスマの大先輩 イッシーこと石川直樹さんのブログ

 

美味しいカフェオレが飲みたい!
http://ameblo.jp/issyexma/entry-12166091540.html

 

ありがとうございます、心より感謝です。
皆さん、ぜひご覧下さい!
僕、嬉しくてロケット噴射で飛んじゃいそうな気持ちです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。
さて今日の本題も序・破・急で行きましょう!

 

1杯目は10g2杯目は18g なぜ粉を減らす?

ドリップなどでコーヒーを淹れる時、1杯分はコーヒーの粉の量は10gが適量ですよ、と僕は説明しています。
もちろんコーヒーを淹れる器具によって、粉の使用量は変わってきますが、とりあえずここはペーパードリップで淹れたとして、でお話を進めていきますね。

 

単純に説明すると、例えば1杯分の粉をセットした時、この写真くらいです。

 

IMG_2285

 

写真の4人用のドリッパーで4人分淹れる時、コーヒーの粉の量は10g+8g+8g+8g=34gです。
粉はたぶん指で示している位の高さになります。

IMG_2292

 

一滴の水をイメージしてください。

その一滴の水が、10gと34gの2つのコーヒーの層を通って行く様子を頭の中でイメージしてみてください。
どっちが長かったですか?

 

34gですよね。

 

一滴のお湯が長く通る分、その一滴にはコーヒーの成分がよく染みこんでいる、ということになります。
ですから、濃い味になるので粉の量を減らし、味の濃淡を調整する、こういうことなんですね。

 

昔の喫茶店でよく見た光景

あらかじめ淹れておいたコーヒーを手鍋に移し、沸かして温め直しをして、そしてお客様に提供する。
あれは、なぜそんな事していたかというと、沢山の杯数分のコーヒーを淹れるとコーヒーの粉を使用する量が、1杯ずつ淹れるよりも少なく済むのです、上に書いた原理を当てはめると です。

 

粉の量を減らすということはつまり、原価が安くなる、儲かる、ということも理由のひとつにあるのですね。
5杯分を一気に抽出する場合、40gくらいでも十分良い味わいになります。

 

一杯ずつ淹れたら10g×5杯分で50g必要ですが、5杯分まとめて淹れると40gで済む場合、10gの量が浮くわけです、回数が増えると凄い差になりますよね。

 

経営的に得するわけですが、お客様はどうでしょうか。
僕は沸かし直したものよりも、1杯ずつオーダーを聞いたその時に淹れる方がはるかに美味しいと考えています。

 

僕が得したとしても、お客様が美味しさの部分で損をすることになるならば、その方法には僕は納得いきません、って、ここはちょっと関係ない話でしたね。

 

エピローグ

そういうことで、粉の量が増えると層が厚くなり、コーヒーの層をお湯が通る距離・時間が長くなるから、粉を減らし調節する。
だから多い杯数分をドリップするときは粉を減らす、となります。

 

いかがだったでしょうか、参考にしてださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
Avatar photo

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーポットを直火にかけてお湯を沸かすのはどうなのか

新しいことを覚えるのは、歳を重ねると共に面倒になりますよね。 覚えたことを変えること、新しいことを

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

コーヒーのプロですが、家ではコーヒーメーカーです

おはようございます。 本日は祝日ですが月曜日なので高槻店は定休日、岡町本店は営業日は日曜日だけなので

記事を読む

実は喫茶とコーヒー豆販売用とでは 味のつくりかたが違う

プロローグ 先週は週末に風邪にかかってしまう事態に陥り 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました

記事を読む

エスプレッソは深煎りで

昨晩は焙煎機のメンテンナスを。 帰るのが遅くなり、一人でご飯を食べていると娘がテーブルにやってくる。

記事を読む

ドリップコーヒーについて 知りたいこと

僕 島規之が、コーヒー基礎講座の講師を務めることになりました。 久しぶりです。   詳細は

記事を読む

焙煎機が止まってしまいました

朝、お店に来ると一番に付けるのが焙煎機のスィッチ。 暖機運転を20分くらいかけてして、その間はお店の

記事を読む

コーヒー豆、コーヒーの粉を家で保存する時に勘違いしている1つの事

袋を開けなければ常温で置いてても大丈夫? 答えはNOです!大丈夫ではありません!  

記事を読む

四季による味わいのズレ ブレンドの修正はどうやってるの?

コーヒー豆の配達へ。   ご近所のカフェやレストランには、出来る範囲でですが、

記事を読む

コーヒーのブレンドっていつブレンドするの?

あなたの好きな音楽はなんですか? 実はですね、全然詳しくないのですけど僕はフラメンコギターが好

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
力を抜くことも

本日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共にお休みで、僕自身のお休みです

キャッシュレス決済で多いのは?

本日は日曜日ですので、日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まし

その存在で励ましをくれる人

昨日、向こう1年使用するブラジルコーヒーのサンプルが届きました。 すぐ

送風の操作で味わいの微調整を

昨日は1日に何回かパートをわけて、焙煎機のバーナー部分のメンテナンスを

月イチのバーナー部分のメンテナンス

今朝、商社さんに電話して注文をしたんです。 そしていつもの様に情報収集

→もっと見る

PAGE TOP ↑