*

最高のコーヒー抽出器具ってなんだろ

僕のブログはだいたい1000字くらいを目指して書き上げよう、といつも思いながら書いてます。

 

特にそこにこだわりはないのですが、分厚すぎず、短すぎず、1分くらいで読めるくらいならまぁ皆さんも気軽に読んでもえるかな、そんな発想からです。

 

しかし最近だいたい1200字くらいになってます。
前回、昨日のブログは1500字に。

 

ツィートを埋め込んだりすると、プラス130字くらい増えますので、最近はだんだん字数が多くなってるなぁ、という独り言から今回はスタートです。(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

フィルターの違いってなんだろ?

 

コーヒーは、コーヒー豆を粉にしてお湯や水と接触することによって、そのお湯や水にコーヒーのうま味成分を加味することで出来るわけですね。

 

コーヒーの粉をお水に入れて煮出す方法から始まり、粉っぽくなるからコーヒーの粉を袋に入れて煮出したり、沸騰させるのはよくないのでは、と濾すことを考えたり、その濾すものが布だったり、紙だったり、金属でできたものであったり、と現在へといろいろ進化しているわけです。

 

今では僕も知らない器具があるくらい、コーヒー器具の種類は増えました。

 

一般的には一番普及しているのは、ペーパーフィルターで濾すペーパードリップと思います。
(統計を見たりしたわけではないので、あくまでも島珈琲のお客さんを見ていると、という視点です。)

 

で、ペーパーと布、金属、これらの違いを大まかに説明しますね。

 

金属フィルターは、コーヒーオイルと呼ばれるコーヒーのうま味をそのままカップに注ぐことができます。
ペーパーフィルターで淹れたコーヒー液に比べると、ただし粉っぽさと液体に濁りがあります。

 

ペーパー、そして布は、コーヒーオイルは紙や布に吸収してしまいますが、粉っぽさや液体の濁りはありません。
金属フィルターに比べると、味わいはあっさりしている感じです。

 

最高のコーヒー抽出器具ってなんだろ?

 

さてここから本題です。

 

器具にはそれぞれ特徴があります。
片付けはちょっと手間がかかるけども、抽出のテクニックをあまり必要としないもの。

 

片付けは簡単だけど、抽出のテクニックが必要なもの。

 

片付けも管理も大変で、抽出のテクニックも必要とするもの。

 

上から順に、金属フィルター、ペーパーフィルター、布(ネル)、分類するとそうなります。

布(ネル)は片付けも手間がかかり、管理にも手間がかかり、そして抽出のテクニックも必要とされます。

 

僕はこういう点からも見て、布ドリップ(ネルドリップ)が一番手間がかかり、そしてその布で淹れできた味わいも好きなので、あくまでも僕の中ではコーヒー抽出器具のトップ、最高だと思ってます。

 

最終的にはそれぞれ各人の好みがありますので、僕の中ではネルドリップが一番です、ということになります。

 

管理が大変、のお話はまた機会を見てお話しますね。

 

ネルドリップで淹れたコーヒー。
トロンとした味わいで、なんとも言い難い丸く優しい味わい。
香りもなんだか丸く優しい感じがします。

 

コーヒーの器具は色々あるので楽しいですね。
いろんな器具でお好みの味わいを探すのもまた楽しいかもしれません、時間のあるときは是非あなたの好みのコーヒーができる器具を探しみて下さいね、コーヒーの楽しみがまた増えるかも。

 

それでは今回はこのへんで。
最高のコーヒー抽出器具ってなんだろ?のお話でした。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どうしてますか?ペーパードリップで使うペーパーフィルターの保管のお話

こうしてブログを毎日のように書いていると、以前にも書いた似たような内容のブログは、もう書かなくてもい

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

コーヒーと味わいと体調のはなし

プロローグ 昨晩、キムチを食べながらふと思いだしたこと、今回はつらつらと。 僕はどちらかというと

記事を読む

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に都合の良いことをばかり言って、

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

こんな時に便利!なコーヒードリップバッグ

昨日はお休み、午前中はフリーだったので図書館に行ってきました。 こちらのツィートをどうぞ。

記事を読む

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚れてるやん、とかホコリかかって

記事を読む

ペーパーフィルターを濡らすのに意味はあるのか?

日曜日に先日テレビ取材を受けた放送が、近畿圏内でオンエアーされました。 知り合いや友人など見てくれ

記事を読む

島さんが一番好きな抽出器具はなんですか?

昨晩は家に早く帰れる日でしたので、高槻店が閉店時間にくるとささっと後片づけをして、富田にあるエビフラ

記事を読む

なぜドリップする時、端にお湯をかけてはならないのか

昨晩、余震がありました。 ドーンという音を立てた後、わりと大きな揺れでしたが短い時間で終わりました

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑