*

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?

公開日: : カフェオープンに参考になる話

島珈琲はカフェへのコーヒー豆の卸業務もしております。

 

おかげ様で随分と取引先も増えてまいりました。
カフェへの卸し先も増えては来ましたが、実は僕自身が売り込みに行くことはしておりません。

 

島珈琲のコーヒーを飲んで美味しいと思った、美味しいと聞いた、僕の発信する情報などに共感してもらった、知り合いからの紹介、もしくは知り合い、このような理由からお取引が始まるのがだいたいです。

 

ごく稀に、まずコーヒーの卸価格を聞かれる方もおられますが、価格だけで選ばれる方は価格だけの関係になるので(安い価格の仕入れ先が見つかればそちらに行かれるので)、まず価格ありきの関係は僕の方からは積極的に取引しようと思っておりませんので、だいたい「ごめんなさい」な結果になります。

 

やっぱり僕の愛情込めて焙煎したコーヒーですもの、価格判断だけでなく、味を気に入ってもらい、そして思いっきり活躍してもらえる場、そして大事にしてもらえる場に行って欲しい、と思うのは親心です。

 

卸しにだけに関わらず、沢山の人を笑顔にしてこいよ、と本気で思ってコーヒー豆、粉の袋詰めしてますからね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?

 

そんな島珈琲のカフェへのコーヒー豆卸業務のお話ですが、どんなコーヒー豆が人気だと思いますか?
ブレンド?ストレート?シングルオリジン?中焙煎のマイルドタイプ?それとも苦味の深焙煎?

 

僕がカフェ開業などのご相談を受けた時、まず始めにお伝えするのが、アイテム数は少ない方が良いですよ、ということです。

 

なぜか。
単純にデッドストックを防ぐためです。

 

コーヒー豆屋さんの場合、ストレートに沢山の種類があっても、ブレンドなどで使用するのですね。

 

ブラジルやコロンビアなどなどのストレートコーヒー(シングルオリジンとも呼ばれます。)、仮にブレンドでこれを配合して使うとなると、ストレートでもブレンドでも使うので、使用頻度が上がるわけなんです。

 

豆の回転が速くなるようにしているのですね、鮮度を常に良い状態にしておくために。

 

でもカフェは豆販売がメインでもないし、豆(粉)販売はしないカフェもあります。

 

そうすると、種類が沢山あると使用頻度が低回転の豆もでてきたりして、結果そのコーヒー豆は劣化し、美味しさを損ない使えなくなるということもあります。

 

つまりこれがデッドストックですね。
コーヒーだけに関わらず、これがあると利益が出にくい体質になると考えます。

 

なので、多くても3種類ぐらいのコーヒー豆(ブレンドを含む)にしたほうが良いですよーと説明しております。
でもできるなら1種類か2種類がベストです、と更に付け加えております。

 

少ないアイテム数の中で、どんな種類が人気?

 

これは島珈琲のカフェやレストランを経営しているお客さんからのデータということで、一般的なデータとは違いがあるかもしれません。

 

結果はジャジャーン、深焙煎のコーヒー豆が多いですね。

 

もちろんマイルドタイプの中焙煎も多いですが、比率でいうと深焙煎のビターな味わいのコーヒー豆が多いです。
お店ごとに作ったオリジナルブレンドだったり、ストレートだったり。

 

島珈琲の深焙煎はどちらかというと中深焙煎と呼ばれる焙煎度合いですが、ほどよい苦味と甘みのあるコーヒーを選択されるカフェが多いです。

 

お店のオーナーさんと相談しながら、ブレンドの味わいを調整し、都度確認して、OKが出ればブレンドの配合を固定して、何かあればまた調整する、こんな感じでしております。

 

マシンや淹れ方によって、提供するコーヒー豆もいろいろ考えますので、島珈琲の味わいで、お店のオリジナルブレンドを作りたいと思う方は一度ご相談して下さいね。

 

お気軽に。

お問い合わせ先 http://www.shima-coffee.com/contact-us/

 

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?のお話でした、それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~接客編~

プロローグ 今日は小学校からの友だちが岡町本店に来てくれて、手を止め少しの時間、昔話に花を咲かせて

記事を読む

ツイッターはお商売に有効なのでしょうか?

先日、YSP門真でバイクを購入しました。 YSPとは、ヤマハ・スポーツ・プラザという意味らしく、ヤ

記事を読む

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。   今も昔もやっぱり大事と言われ

記事を読む

ブログはお店になんの効果をもたらすか

今日は日曜日だけが営業日、岡町本店での営業でした。 朝は早起きをして、車で高槻店へ向かい、そこでコ

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

たった一言あるか、ないかで

本日、日曜日は、日曜日だけのお店 豊中岡町本店での営業日です。 今日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
アイスコーヒー用の豆は粉の挽き方変えてます

昨日、スマホが壊れたとブログでお伝えしました。 いやぁお恥ずかしい。

島珈琲のカフェインゼロコーヒー

今朝、スマホを充電しようと思い、iPhoneのコネクタにケーブルを差し

そして挑戦

コロナウィルス影響で、高槻店の喫茶コーナーは4月上旬あたりから休止して

「美味しい」と「楽しい」は直結している

昨晩は家族でたこ焼きパーティでした。 新調したたこ焼き器、キレイな球に

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけな

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑