*

誰に向かって発信しているのか

今朝、わざわざ関東からコーヒー豆屋さんを経営されている方が、高槻店へおいでくださりました。

 

お会いするのは初めてですが、共通の知人からお話を聞いておりまして、ああそうでしたか!で話が始まり、本日は雨ということでお店自体も流れは緩やか、時間もあり、いろいろお話ができました。

 

お話していると過去の自分を思い出すので、原点に還れるいい機会でもあります。

 

焙煎のことや、コーヒー豆のことなどをお話しました。
そしてSNSやブログの発信のことも。

 

その発信に関して、お話したことを今回は。

 

 

飛び道具

 

お店を経営していると、誰かに任せない限り、営業時間と定めた時間はそこに居ることになります。
僕の場合、高槻店はカミさんと2人でしておりますので、僕が営業時間外にお店から外へ、長時間でることはありません。

 

そういう意味で、お店から出れない人には、SNSやブログって飛び道具になると思うのです。
電話とはまた違う、コミュニケーションを取るための手段の一つとして、お店に居ながらコミュニケーションを取るための言葉や映像を電波に乗せて、そう、方々にメッセージを送る飛び道具。

 

お店から外へ出れない人には、有効な一つの手段ですよね。
文明の力に感謝です。

 

で、その発信するときに、誰にめがけているのか、という話になったのですね。

 

すべての発信はお客さんへ向けて

 

基本的に僕はお仕事でSNSを使っていますので、コミュニケーションを取りたい人、それは島珈琲ファンである、島珈琲のお客さんへ向け、お客さんへ手紙を書くつもりで、発信しています。

 

この発信が一つでもお客さんの為になったり、お客さんの心に響くものであれば、と思い、ツィッターにしてもフェスブックにしてもそしてこのブログにしても、島珈琲のお客さんにめがけて、言葉を贈るように、そのメッセージを考えています。

 

新規のお客さんの獲得の為にとか、誰も彼もに読んでもらおうとは、正直思ってません。
たまたま目について、それから読んでくれたり、島珈琲を知るきっかけになった、そして島珈琲のファンになった、という場合は大変嬉しく思いますが、基本的にはいつも島珈琲のお客さんへ書いております。

 

誰かを頭に浮かべて書くことはできるけど、見ず知らずの人に手紙ってなかなか密なことは書けないじゃないですか。
それに、このブログでもこれによって、お客さんとよりコミュニケーションを深めていければ、その方から少しでも信頼されるお店、そして信頼される人に近づくわけじゃないですか。

 

発信はそこが大事かな、と僕は思ってます。

 

ということをお伝えしました。

 

人やお店によって、いろいろな考えがあると思いますが、僕は島珈琲ファンの方に喜んでもらいたい、といつもそれを頭に置き、発信してます。

 

改めてそのことを考えさせられながら、ご来店されたその方へお話しておりました。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

僕はブログで誰に何を伝えたいのか?

プロローグ 僕の趣味のような仕事の一つに「ブログを書くこと」という習慣があります。趣味と言って

記事を読む

コーヒーとスィーツのマッチングとは?

プロローグ 今日は1月17日 阪神淡路大震災から20年の月日が経ちました 当時僕は西宮の中国料理店

記事を読む

いいお店ができあがりました

  まだ完全には出来上がっていませんが ほぼ完成に近いところにきました あといくつか大工仕

記事を読む

no image

なくした何か

 今 なくしてたモノを気づいたような感がある 懐かしい時間というのは 例えば懐かしいメロデ

記事を読む

この袋は幸せを詰めるためにある

プロローグ それは携帯のメモにあった言葉。どんな事を思ってメモしたのか、きっとふと思いついたキャッ

記事を読む

no image

スタッフは家族

 くらいに大事にしたい と思っております 先月から勤務して頂いている 2名のスタッフ ほん

記事を読む

いちたすいちはに?

 数学では1+1=2です しかし人では違います 今日はひまやったわ と帰って嫁さんに言うと

記事を読む

たった一言あるか、ないかで

本日、日曜日は、日曜日だけのお店 豊中岡町本店での営業日です。 今日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~コーヒーの選び方編~

プロローグ どちらかというと、このシリーズは個人でお店を出店される方に向けた記事を書いております。

記事を読む

no image

コーヒー教室

 いやいやいやいや 自分では80点のできばえでしたが 手伝ってもらったスタッフとお客様から

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

開業は2002年 コーヒー周辺の価格の移り変わり

昨日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店で1日を過ごしました。 週1日

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑