*

初めてのコーヒー豆屋で困らないようにくふうしていまーす

プロローグ

コーヒー豆屋というのは「何となく敷居が高い」ように思っちゃいますよね。
島珈琲を開業して13年。コーヒー豆屋を営んできて、お客様からよくそう言われていました。

ですから、僕の中で敷居を下げずに敷居をまたぎやすくする方法はなんだろうか?
と思い、考えたときにポップの大事さでした。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

敷居が高いといわれるコーヒー豆屋で、どうやって「またぎやすく」したのかを書いてみようと思います。

 

ポップは信用の入り口になる

敷居が高くなってしまう理由はいろいろあるのですが、そのひとつに「私、通(コーヒー通)じゃないねんけど、難しいこと言われたらどないしよー。」という不安からくるように思います。

その不安を和らげるのが、ポップなのです。島珈琲の場合は入り口付近に二つの黒板を置いています。
1つはメッセージ。もう1つは価格表を書いたモノ。

 

価格が分からないって怖いですよね 笑。ネットで調べることもできますが、お客様に一手間かけてもらうよろ、一目でわかるようにしました。

IMG_4379

そして入店されます。僕は「いらっしゃいませ」と言わず、「こんにちは」とお声かけします。
それは「いらっしいませ」によそよそしさを感じていたからなんですね。いらっしゃいませと声かけられるよりも、こんにちは の方がスゥーッと胸に入っていきませんか?

商品にもポップを書いてご案内。

 

僕が気をつけていること

特に初めてのお客様は、コーヒー豆の何をどう選んで良いのかわからない、のが入店後一番の不安だと思います。この不安に対してまず、「はじめまセット」という島珈琲の1番2番の売れ筋をセットにしたものを作り、ポップにしました。「とりあえずこれ」と、迷わず選んで頂けるように。

IMG_4772

 

あと会話では、お客様がどの程度知りたいのか、話して欲しいのかを、会話の中でお客様をキャッチしながら話を進めていきます。

 

プロ用語を粉々にくだいて、わかりやすく。そこを特に気をつけながら、お話の中で身近のモノの例えを出して、コーヒーの味であったり、コーヒーのイロハな事をお伝えしています。

 

エピローグ

コーヒーの味の違いってほんとに分かりにくいモンなんです。
右と左で飲み比べてその違いを知るのがベストですが、それはプロの話であってお客様に求めることでもありません。

 

例えば極論ですが、近江米と秋田米の違いわかりますか?と言われても、たぶん大多数の方がその違いについてよくわからないと思います。グァテマラとブラジルだってそうなんです。僕らは何年も飲み比べをしているから知っているんです。それは僕にとっては当たり前ですが、皆様にとっては当たり前でありません。

その辺を十分承知した上で、いろいろ工夫しました。

 

プロとしてどれだけかみ砕いてお話しできるかが、プロとしての力量だと思っています。

コーヒーのことなんでも聞いてくださいね。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

フルーティなアイスコーヒーって何がフルーティなのか?

プロローグ 去年から販売し始めた島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー 「フルーティなアイスコー

記事を読む

島珈琲の起源のはなし

プロローグ こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 「島珈琲」ってどこの島のコーヒーなんですか

記事を読む

神戸へ

 今日は 神戸に出かけてきました マツモトコーヒーの松本社長様 http://www.ma

記事を読む

それ行け グァテマラ!

 グァテマラにはこだわる島珈琲 アンティグア地方のエルパジェ農園から チマルテナンゴ地方の

記事を読む

年末まで

 いつも休みがなくて突っ走っていますが 年末は31日 年始は1日と2日間お休みをいただくの

記事を読む

サービスマン

 僕は高校を卒業してすぐ 中国料理店でホールの仕事に就職したので 「サービス」には たぶん

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

北海道・東北・沖縄のお客さんに吉報 全国送料一律290円 香りあふれる便スタートです!

以前にもお知らせしました、香りあふれる便スタートです。   なんだそれは!とい

記事を読む

エスプレッソマシーン

 新店の準備を着々と進めている 島です ボンジュール! 自家焙煎コーヒー豆専門店 と名乗り

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑