*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ

年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。
重なるときは重なるようで、ここ数ヶ月の間に何軒かありました。
といっても具体的な話をするわけでもなく、お話を聞きながら、僕の経験上こうしたほうがよかったなぁ~ということをお伝えしています。

 

そういった話した内容を、ちょっとかいつまんで記事にしている、このシリーズ。

 

今回は「お店の立地」についてです。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

IMG_4234

 

立地の好条件

人によってお店を構えたいシチュエーションがあると思うので、どこがいい!というと好条件というのは、その人の心の中にあると思います。

 

人通りがあって目につくところ、駅前とか都心部などは好条件と言えるかも知れませんが、今はスマホでの情報やSNSでの情報など、様々なもので情報を得ることができます。

 

ですので、立地で言うネット上での「人と通りの多い」ようなところで情報が発信できるようになれば、情報が目につき来店につながる可能性が高くなるので、立地条件というのは今までほど重要なポイントではないのではないか、たまにそんなことを思ったりします。

 

さて、僕の経験を話させてもらうと、高槻店を出店するときに今のエリアは頭にありませんでした。
JR高槻駅と阪急高槻市駅、この2つが高槻の中心にある駅なのですが、その2つの真ん中あたりで物件を探していました。

 

しかし1階の路面店だと、20坪で家賃月20万~25万円くらい。保証金が200万~250万円くらい。
とても手が出ませんでしたし、もし借りることができたとしても、その時の僕の実力では継続することは難しいと判断しました。

 

ちょっと途方にくれていたときに、今の物件にたまたま出会いました。ほんとに物件の出会いは縁です。

JR高槻駅から北へ徒歩3分、家賃月15万円 広さ13坪くらい 保証金90万円これなら行ける!と思いましたが、
実は1週間悩みました。

 

悩んだことは

この物件のある土地、天神町を好きになることができるか?それが1番考えたことでした。
というのも、お商売だから波があるわけで、良いときはいいのですが、悪い時、人は何かのせいにしたくなります。
悪いのは立地条件だ!って。

 

でもね、そこでお店を構えている人がそのお店の土地を嫌ってしまったら、お客さまって来店するのでしょうか?
自分が好き、と思えない場所に人は集まるでしょうか?
僕は集まらないと思うんです。だからどんなことがあっても、「僕はこの場所が好きだからここにお店をだした。」

 

そう言いきる自分でありたいと思っていました。だから立地条件よりも「この場所を好きになれるか」の方をよく考えました。
高槻店の場所も大好きですし、岡町本店も大好きな場所です。

 

エピローグ

お店の物件を探すときは、「この場所を好きになれるか?」ということも頭の片隅に入れておくといいのでは?
いつもそんなことをお話ししています。

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生はツイッターでこんなことをツィートしていました。
「恋愛でもさぁ、好きな人なら遠くだってどんな場所だって会いにいくじゃん。お店だって一緒じゃん。」
(じゃんとは書いてなかったかな・・・)
自分の好きな場所で、お客さまに「好きな人に会いに行く」ように思ってもらえる、そんなお店になることが大事かな、といつも思っております。

 

この記事が少しでもあなたのためになれば嬉しいです。

 

師匠のブログはためになるいい話がいっぱいですので、ぜひ読んでくださいね。

藤村正宏先生のブログ http://www.ex-ma.com/blog/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

たった一言あるか、ないかで

本日、日曜日は、日曜日だけのお店 豊中岡町本店での営業日です。 今日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み

記事を読む

ほんのちょっとの気遣いが、お店の印象をかえる

さて、ドタバタの島珈琲です。 年末ギフトラッシュが続き、大変申し訳ございません、喫茶営業を昨日と本日

記事を読む

美味しいコーヒーをあなたへ。コーヒー焙煎を上達するのにどうしてきたか

昨日、5月6日土曜日に歌手の辛島美登里さんが高槻店に来られていたのです。 実はそれを知ったのは、後

記事を読む

カフェやレストランで気をつけたい実は大切なこと

昨日は、高槻店終了後コーヒー豆の配達へ。   近隣のカフェやレストランさんへは

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日曜日だけの岡町本店のオープンは

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑