*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ

僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いている記事の第2弾です。思いついたら不定期で連載していきますので、お見逃しなく!

 

今回は「味覚を鍛えるにはどうしたらよいか?」
ここを具体的に説明したいと思います。

 

こんにちは 「バイセン」こと焙煎アーティスト島規之です。

IMG_4145

 

カフェをオープンするまでにやっておこう!

美味しいものを作るのに絶対必要なものは何かご存じですか?
そうです、美味しいと感じる味覚です。

 

僕は美味しい料理を作る人は絶対的な味覚を持っていると思ってます。というのも、美味しいを知らない味覚が美味しい料理を作ることはできないと思うのです。
作るその料理はその人の味覚そのものだと言っていいと思います。更に美味しいものを作りたいなら、その上にある美味しいを知らないと作る料理やコーヒーを表現できない、と僕は思ってます。

 

カフェをオープンしたいと言いいながら、時々こんな方がおられます。「コーヒーの味が分からないんです あはははー」と。それはダメです。
例えばフランス料理を食べに行きましょう。「料理の味わかんないんですよー」と言うシェフの料理をお金だして食べたいですか?ということなんですね。

 

専門家になれとは言いません。でもお金をもらう側としてプロ意識は持ってもらいたいと思っています。だってお客さまの笑顔みたいですよね!

 

味覚を鍛えるには?

高価な料理、高価な食材を毎日食べていたらお金が持ちませんので、少なくていいので美味しい料理を食べる機会を作り、そこで意識してください、どこが美味いんだろ? 何が美味しいんだろ? どう美味しいんだろ?と。

 

そしてその美味しさを記憶してください。味覚というのは記憶なんです。
記憶することよって「美味しい」のひきだしを増やしていく、その作業が味覚を記憶することなんですね。

 

僕は日本酒の地酒が昔好きでして(今はもっぱら焼酎です)、その飲み比べをしながら、どんな味かを意識し記憶して飲んでいたら、飲み物の味覚が磨かれていきました。味わいのフルーティさだとかはこのことやな!とキャッチできたことが、今のコーヒーに生きています。

 

コーヒーはコーヒーだけから学ぶのではなく、料理や他の飲み物からもいっぱい勉強できるんですね。だから、美味しいものを食べるときは意識してください。それだけでかなり違ってくるはずです。

 

エピローグ

コーヒーでも何でもそうですが、上と下を知ることは重要な事です。美味しいものだけを知るのではなく、安価で大量生産されているものを食べたり飲んだりして、美味しいにはどんな差があるのか?その違いをキャッチするように日常から意識していると、きっと味覚は磨かれていきます。今からちょっと意識してみましょうね。

 

これらが楽しみながらできるようになれば最高ですね。
憧れに向かってがんばってください。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

営業中ブログを書く時間をどうやって捻出しているのか

沈丁花の香りは、雨に打たれるとよりいっそう強く香るのだろうか。   昨晩、高槻

記事を読む

おしゃれなお店 楽しそうなお店 どっちがいい?

5月28日火曜日は、長野県白馬五竜スキー場にて開催される短パンフェスに、島珈琲が出店します。 前日よ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。   全てに対して、素直になることは

記事を読む

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、ですね。   寝ている

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~自分のお商売の敷居を決める~

プロローグ 先日、ツィートした投稿です。 僕なりですが、良い反応を頂けました。 &nb

記事を読む

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?

島珈琲はカフェへのコーヒー豆の卸業務もしております。   おかげ様で随分と取引

記事を読む

続けていくコツとは

信じてもらえないと思いますが、僕は学生の頃「続かない」人でした。 部活なんかそうですし、何事も直ぐ

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑