*

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

公開日: : カフェオープンに参考になる話

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。
カフェとコーヒー豆焙煎店とはちょっと違いますが、コーヒー焙煎にも興味を持っている方、独立を夢見ている方に参考になる話を久しぶりにしますね。

 

この前の号のブログではこのような記事を書きました。

 

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話
http://blog1.shima-coffee.com/?p=15946

 

それを書きながら、もうすぐ開業15年になるのですが15年前にお店にはどんな許可がいるんだろうと、調べたときの経験をなぜか思い出し、そのことを書いてみようなんて思いました。

 

よろしければ続きをどうぞ。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー焙煎だけするお店の許可は?

実は何もいらないです。
開業届けくらいでしょうか。

 

その開業届けの存在も知らずに開業していた僕です。(汗)

 

コーヒー焙煎をしてコーヒー豆を販売する、これに関しては保健所など営業許可は入りません。
但しここで飲むためのコーヒーを販売をするとなると、保健所が認める飲食業における営業許可が必要になります。

 

抜け道のようですが、試飲など金銭を頂かない場合においては、飲食の営業許可はいりません。
但し、あくまでも試飲です。

 

コーヒー豆を販売する場合は、焼き物で熱処理をされているため、取り扱いに関しての規制はほとんどありません。

 

ただ有機栽培の商品名を付けるときは、認可が必要なはずです。
ですから認可が無ければ、その商品に有機栽培コーヒーと付けて販売してはいけなかったはずです。(但し自店で焙煎するのではなく、認可を受けた業者から仕入れたコーヒー焙煎豆なら有機栽培の冠をつけての販売OKなはずです)

 

あとはブレンド。
○○ブレンド、例えばモカブレンドとか主になるコーヒー豆の銘柄が入った名前を付ける場合は、35%以上その銘柄が入っていないといけない、というルールがあるはずです。

 

ただそのブレンドを誰が調べているのかまでは、僕は存じません。

 

カフェの場合

島珈琲高槻店のようにコーヒー豆の販売を主力しながらも喫茶コーナーとしてカウンター6席を設けて、営業している場合は当然、営業許可が必要です。

 

 

 

いろいろ細かい制約があり、また地域によっても多少異なります。

 

シンクは2層式で、首振りのお湯がでる蛇口が必要だとか、厨房と客室に仕切りが必要だとか、手洗いは2箇所必要だとか、お店の設計において守らなければならないことがあります。

 

で、許可書をもらう為に、保健所が主催する衛生に関する丸1日の授業を受けないと許可書はもらえません。

 

製菓衛生士や管理栄養士や調理師もそうなのかな、の免許を持っているとその授業は免除。

 

カフェなどの飲食営業許可書を持つと、テイクアウトコーヒーも可能で、牛乳などのカフェラテもOKです。
ただ食べ物のお持ち帰り、特に生ものについては別の許可を取らないといけなかったはずです。

 

僕自身がコーヒー以外を今も昔もやるつもりがなかったので、どこまでできるのか忘れてしまいましたが、飲食店営業許可では食べ物の持ち帰り(総菜・弁当)は出来なかったはずです。(ここ自信がありません 笑 あっ今営業許可書みたらできないって記載してありました!)

 

コーヒー豆の販売だけなら保健所に関する許可は必要なし。
煙突とかつけるので、何か消防の許可とか必要なのかと15年前の開店前の時には思いましたが、それも必要ありませんでした。

 

プラス・カフェの場合は、営業許可が必要で、それから初期投資の費用も変わってきます。

 

次の日曜日は、僕の経験の中で初期投資はどれくらいいるのか、覚えてたら書きますね(笑)

 

参考になれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

口コミは自然に発生するものなのか

お店をしていて面白いなぁと思うのは、喫茶が続くときは喫茶ばかりで、まるでお客さんどうしで図ったかのよ

記事を読む

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。   今も昔もやっぱり大事と言われ

記事を読む

店先の黒板の効果はどんなもん?

昨日は夜遅くに、東京から高槻に戻ってまいりました。エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾

記事を読む

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日曜日だけの岡町本店のオープンは

記事を読む

カフェやレストランで気をつけたい実は大切なこと

昨日は、高槻店終了後コーヒー豆の配達へ。   近隣のカフェやレストランさんへは

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

ほんのちょっとの気遣いが、お店の印象をかえる

さて、ドタバタの島珈琲です。 年末ギフトラッシュが続き、大変申し訳ございません、喫茶営業を昨日と本日

記事を読む

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。 次の11月21日で高槻店は5

記事を読む

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑