*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~商いは牛のよだれ~

公開日: : 最終更新日:2018/07/22 カフェオープンに参考になる話

プロローグ

IMG_4250

 

商いは牛のよだれ という言葉をご存じでしょうか?牛のよだれのように細く長く続けるのがよい、という先人の言葉です。

 

お店というのはめちゃくちゃ乱暴な言い方をすれば、お金さえあればとりあえずできてしまいます。売れるか売れないかは別にして、お金さえあればお商売を始めることはできます。

 

でもお店を用意しただけでは、持続したお商売はできませんよね。

カフェなら調理の技術、接客力、それからいろんなことが揃ってはじめてお商売が動き始めます。今回の記事はここからの「商いは牛のよだれ」のお話をしてみたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

覚悟と勇気

始めることより、続ける事の方が断然難しい。お商売をしている人なら皆思っているのではないでしょうか?
始めるという第1歩を踏み出すことも、勇気が入り「覚悟」が必要になると思います。そして動き出した、お店をやりたい!その夢を叶えるためにいろんな努力をします。

 

ある人は修行に出たり、教室に通ったり、専門学校に通ったり、知識や技術を会得します。その傍らお金をこつこつため、その日のために準備します。

 

お店をだそう。仕事を辞める覚悟、これからお店を出す覚悟、そして覚悟を決める勇気。ここまででもほんとにすごい選択だと思います。自分でも振り返ればよくこんな事できたなぁ、と思うことがしばしばあります。

 

そしてお店をオープン。勝負はここからです。ここはゴールではありません、ここはスタートラインでたった今、号砲がなったところです。

 

そして壁にぶつかります。

 

売れない時期がある

僕は2002年の3月に島珈琲を開業しました。ほんとにコーヒー豆が売れませんでした。やっと売れるようになってきたなぁ、としみじみ思ったのも開業して13年経った最近の事です。

 

と言っても生活は火の車ですけどね。笑
でも仕事は楽しいしお客さまも喜んでもらっているので、強がるのではなく本心から、今の環境を僕は仕合わせと思っています。

 

で、何が言いたいのかというと、ほんとに気長に構えてくださいね。ということなんです。売れない時期、売り上げを上げたいといろいろ考えます。ね、生活もありますし。
でも、牛のよだれなんです。

 

細く長くなんです。売り上げに固執し焦ってしまうと、誰の為の商売なのか?を見落として勝ちになってしまいます。ビジネスはそもそも他人の仕合わせに貢献すること、ということを忘れてしまうのです。

 

あなたがカフェをしたいと思う目的はなんですか?

 

エピローグ

お商売は牛のよだれのように細く長く、そして誰かのためのことを思って仕事をコツコツしていると、太く豊かになるんじゃないでしょうか。そんなことを思ってます。
牛のよだれが太く豊かになっても嫌ですけどね。笑

 

僕は偉そう事言える立場ではないですが、このことから1つアドバイスできるなら、開業してからのお店を運営するための初期の運転資金はしっかり持っておいた方がいい、ということです。その日のためにしっかり貯金してくださいね。

 

商いは牛のよだれ この言葉、頭の隅に置いといてくださいね。
この記事が少しでもあなたのお役にたてますように。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ほんのちょっとの気遣いが、お店の印象をかえる

さて、ドタバタの島珈琲です。 年末ギフトラッシュが続き、大変申し訳ございません、喫茶営業を昨日と本日

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談をお受けします。 &nb

記事を読む

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

口コミは自然に発生するものなのか

お店をしていて面白いなぁと思うのは、喫茶が続くときは喫茶ばかりで、まるでお客さんどうしで図ったかのよ

記事を読む

たった一言あるか、ないかで

本日、日曜日は、日曜日だけのお店 豊中岡町本店での営業日です。 今日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み

記事を読む

営業中ブログを書く時間をどうやって捻出しているのか

沈丁花の香りは、雨に打たれるとよりいっそう強く香るのだろうか。   昨晩、高槻

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

店先の黒板の効果はどんなもん?

昨日は夜遅くに、東京から高槻に戻ってまいりました。エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブレンド風でもアイスコーヒーを作れます!

昨日はお休み。 娘が小学校から帰ってくると、玄関で「父ちゃんただいまー

めんどくさいことに楽しむ工夫を

本日は高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休

ブレンドとシングル どっちがいいの?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ来て営業しております。 日曜

恥をかく

島珈琲ではオリジナルのコーヒー豆袋を使用してます。 包材屋さんで売られ

そぎ落としてシンプルに辿り着く

コーヒーの焙煎が好きで、好きが高じてコーヒー屋、焙煎屋を始めました。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑