*

「口コミの基」は、お店が作るもの

公開日: : 最終更新日:2018/12/10 カフェオープンに参考になる話

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。

 

今も昔もやっぱり大事と言われているのが、そう「口コミ」。

 

口コミとは、調べて見ると口頭でのコミュニケーション。

マスコミの対比で生まれた言葉、と説明されています。

 

お店に立っていて、口コミって有難いなぁと思うこと、もう何度も何度も経験しました。
あの方から美味しいって聞いたの、とか、あの方からここでコーヒー豆を買ってるって聞いたからきたの、と、などなど。

 

信頼できる人からの伝達で、お店にわざわざ来てくれる、これが広がるとお客さんが増えていく、だから口コミは大事やでーと、お商売の先輩から耳にたこができるほど聞かされたものです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

可視化できる口コミになった

 

スマホとSNSの台頭で、口コミの様子も変化しましたね。
もちろん今までの通りの、フェイス トゥ フェイスの口から口へ伝達される、口コミも依然強くは感じています。

 

でもSNS、例えばツイッターとかインスタグラムとか、また違う次元の口コミの形ができているなぁ、なんて思いながら、島珈琲のことを投稿してくださるフォロワーさんに感謝しております。

 

口コミの様子もまた変化している、ということですが、いずれにしても口コミの基、というのは自然発祥ではなく、お店がなんらかの形で用意しないと、口コミになりません。

 

まず、美味しい、というのは一つですよね。
それからお店だったら居心地がよい、とか。

 

でも、それは今では「美味しい」は当たり前になっていると思うのです。

 

昔はそれでOKだった

 

というのも、現在は有難いことで、美味しいものが簡単に手に入るようになりました。

昔は、コーヒー屋は沢山あっても、美味しいコーヒー屋ってのはそんなに数は多くなかったと思うのですね。
でも、今は比べてあちこちあるのです。

 

加えてネットも含めて、どこでも買えるようになったのです。

だから改めて、僕も考えている次第です。

 

口コミって、誰かがお膳立てしてくれるものではなく、まず口コミになるようなものをお店が考えるのですね。

 

そして、口コミの上流であるお店から、下流であるお客さんに流れるようにする。
それをより加速させるために、SNSがある、とも考えることができますね。

 

どんなことが口コミになるのか。
楽しいこと、面白いこと、それやってみたいと思うこと、こういう誰かが面白がったり、珍しがったり、楽しんでくれたり、喜んでもらえたりすること、見栄えがいいもの、かな。

と考えてます。

 

これをやろうとか、思いついたわけでもないのですが、口コミって誰かが勝手してくれる、というお店側の思い込みの部分ってあると思うのですね。

 

僕も昔そう考えていました。

 

違うのです、まずは自分で作り出すのです。
そして伝達して、伝播していくわけです。

 

それをするのにツイッターとかインスタとか、SNSで便利になったなぁと思いつつ、さて何しよかな、と思っている僕でした。

 

何か答えを期待した方、ごめんなさいね。

でもね、ここは自分で頭絞って考えないとね、自分のものになりませんからね。

 

ということで、口コミについて考えてたことを、ブログに書きました。

さて僕も何か「基」を考えてみよう、そうしよう。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

続けていくコツとは

信じてもらえないと思いますが、僕は学生の頃「続かない」人でした。 部活なんかそうですし、何事も直ぐ

記事を読む

僕が見た、長く続いている飲食店の共通点

水曜日から金曜日までの3日間、高槻店終了後、バイクでコーヒー豆の配達を。 業務用卸のコーヒー豆の配達

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

カフェなどの開業相談を受けたときに必ず伝える1つのこと

カフェ開業の相談をいくつか受けてきました と、その前にご連絡! あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷

記事を読む

まずお客さんの利益を考える

本日は三が日の最終日。 この三が日は依然とくらべて、お店の流れはゆったりでした。   だか

記事を読む

コーヒーはコース料理の最後をひっくり返す

昨日は高槻店業務終了後、カフェBeに寄り、そして新しくオープンされる「洋食カフェ kuwa」さんへ、

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~マーケティングを学ぼう~

プロローグ だいたい日曜日にアップしているこのシリーズ、ブログ内での記事数もぼちぼち増えてきました

記事を読む

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェを設計、施工され、僕が初め

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーのプロですが、家ではコーヒーメーカーです

おはようございます。 本日は祝日ですが月曜日なので高槻店は定休日、岡町

お店を何年やってたって「知られていない」と思うこと

日曜日は日曜日だけが営業のお店、島珈琲岡町本店での営業に来ておりま

続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑