*

どうして島珈琲という屋号にしたか

公開日: : カフェオープンに参考になる話

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。
実際には、奪われそうになる、ですね。

 

寝ている時に娘が無意識に僕のかけふとん(正確にはタオルケット)の中に入り、そのままゴロンと持っていこうとします。
今日は僕のかけふとんを半分奪い、枕にしてました。

 

その寝ている姿と寝ながらの行動が妙に可愛かった、ということを書きたかっただけです。笑
はい、すみません。

 

おかげ様で娘はすくすく成長しております。
さて、おかげ様で島珈琲もすくすくと成長しております。

 

次の2020年3月が来れば、開業18周年となります。
今回は島珈琲という屋号を決めた理由は、というお話を。

 

 

開業は2002年でした

 

屋号というのは、お店の名前ですね。
島珈琲、どこの島のコーヒーですか?沖縄の方ですか?という質問は未だにお受けしますが、ちゃうんです、僕が島という姓なのです。

 

屋号はとっても大事で、もちろん名付けた人、オーナーが末永く愛せる名前であり、気にいる名前であることが大事です。

 

次にお客さんに覚えてもらいやすい、そして発音しやすい、というのも大事です。

 

カッコいい屋号だけど、長い名前で発音しにくく覚えつらい屋号は、基本、人は忘れる生き物ですから、忘れやすく思い出しにくくなれば、不利になると僕は考えます。

 

長い名前は、自分から略してしまうのもいいかもしれませんね、バンドみたいに、ミスチルとかね。
略している言葉をよく観察してみると、だいたい三文字四文字が多いので、その辺が覚えやすいとか、発音しやすいとかの鍵があるのでしょうね。

 

ですから、屋号はただ自分がいいと思うだけではなく、そうしたところも付ける時に大事かなぁと考えます。
屋号だけではなく、商品名を付ける時にも当てはまることかもしれませんね。

 

島珈琲の由来

 

開業前、実は他にいろいろと屋号を考えて「島珈琲」という屋号が候補の中にはなかったのですが、その内容を友達と話をしているとき、その友達が「島珈琲でええやん!覚えやすいし!」と言われたのが決手だったんです。

 

実は名付け親は、友達だったのですね。
そらそうやな、と納得して、自家焙煎 島珈琲となり、現在に至ります。

 

ただ気づいたことは初めて島珈琲を見て聞いたお客さんが、大手、上島珈琲さん UCCさんですね、と若干かぶってしまうことがありまして、「島珈琲さん、聞いたことあるわ!いっぱいお店出してはるやんね」あっそれは・・・「上島珈琲店さんです」というのようなことが、たびたびあったのですね。

 

決めてからしか分からないことも多々ありますが、お客さんからして「覚えやすい」「発音しやすい」というのは、お店をやっていく上で、覚えてもらうための1つの条件、だと言えると考えます。

 

いろいろありますが(笑)、島珈琲 この屋号にしてよかったと今も思ってます。

 

ということで、屋号にまつわるお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

ロスとチャンスロスと武士道の教え

    ロスとチャンスロス、この言葉を僕が知ったのは珈琲店経

記事を読む

コーヒー屋さんというお商売にSNSは役に立つの?

先日から発売されている僕のコーヒー本。 沢山の方に手にとってもらいている様子、嬉しいです。

記事を読む

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分以上の時期は、売れてなかったと

記事を読む

心のゆとり

今朝、家を出る時、娘が玄関でお見送りをしてくれました。 父ちゃん、なんでそんな朝早く行くのフフッと笑

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

ベースカバー論

本日、1月2日も高槻店は営業しております。 10時よりスタート。   三が日は時短営業で1

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
完璧を目指さない

島珈琲には高槻店と岡町本店にそれぞれ焙煎機があり、2台所有しています。

職人さんの芸術的技術に触れる

本日も昨日に続き、店前の屋根の修繕工事をしています。雨が長く降ると、壁

急遽、5月28日29日は雨漏り補修工事をしてます!でも高槻店は通常営業です!

申し遅れました! 急遽、本日5月28日木曜日と5月29日金曜日、高槻店

焙煎機のメンテナンス週間です

先週は岡町本店の焙煎機、今週は高槻店の焙煎機、それぞれメンテナンスをし

高槻店の喫茶コーナーは2020年5月いっぱいを持って終了します

昨日はお休み。 午前中は岡町本店の焙煎機のメンテナンスを。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑