*

どうして島珈琲という屋号にしたか

公開日: : カフェオープンに参考になる話

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。
実際には、奪われそうになる、ですね。

 

寝ている時に娘が無意識に僕のかけふとん(正確にはタオルケット)の中に入り、そのままゴロンと持っていこうとします。
今日は僕のかけふとんを半分奪い、枕にしてました。

 

その寝ている姿と寝ながらの行動が妙に可愛かった、ということを書きたかっただけです。笑
はい、すみません。

 

おかげ様で娘はすくすく成長しております。
さて、おかげ様で島珈琲もすくすくと成長しております。

 

次の2020年3月が来れば、開業18周年となります。
今回は島珈琲という屋号を決めた理由は、というお話を。

 

 

開業は2002年でした

 

屋号というのは、お店の名前ですね。
島珈琲、どこの島のコーヒーですか?沖縄の方ですか?という質問は未だにお受けしますが、ちゃうんです、僕が島という姓なのです。

 

屋号はとっても大事で、もちろん名付けた人、オーナーが末永く愛せる名前であり、気にいる名前であることが大事です。

 

次にお客さんに覚えてもらいやすい、そして発音しやすい、というのも大事です。

 

カッコいい屋号だけど、長い名前で発音しにくく覚えつらい屋号は、基本、人は忘れる生き物ですから、忘れやすく思い出しにくくなれば、不利になると僕は考えます。

 

長い名前は、自分から略してしまうのもいいかもしれませんね、バンドみたいに、ミスチルとかね。
略している言葉をよく観察してみると、だいたい三文字四文字が多いので、その辺が覚えやすいとか、発音しやすいとかの鍵があるのでしょうね。

 

ですから、屋号はただ自分がいいと思うだけではなく、そうしたところも付ける時に大事かなぁと考えます。
屋号だけではなく、商品名を付ける時にも当てはまることかもしれませんね。

 

島珈琲の由来

 

開業前、実は他にいろいろと屋号を考えて「島珈琲」という屋号が候補の中にはなかったのですが、その内容を友達と話をしているとき、その友達が「島珈琲でええやん!覚えやすいし!」と言われたのが決手だったんです。

 

実は名付け親は、友達だったのですね。
そらそうやな、と納得して、自家焙煎 島珈琲となり、現在に至ります。

 

ただ気づいたことは初めて島珈琲を見て聞いたお客さんが、大手、上島珈琲さん UCCさんですね、と若干かぶってしまうことがありまして、「島珈琲さん、聞いたことあるわ!いっぱいお店出してはるやんね」あっそれは・・・「上島珈琲店さんです」というのようなことが、たびたびあったのですね。

 

決めてからしか分からないことも多々ありますが、お客さんからして「覚えやすい」「発音しやすい」というのは、お店をやっていく上で、覚えてもらうための1つの条件、だと言えると考えます。

 

いろいろありますが(笑)、島珈琲 この屋号にしてよかったと今も思ってます。

 

ということで、屋号にまつわるお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェを設計、施工され、僕が初め

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~商いは牛のよだれ~

プロローグ   商いは牛のよだれ という言葉をご存じでしょうか?牛のよだれ

記事を読む

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。   今も昔もやっぱり大事と言われ

記事を読む

ツイッターはお商売に有効なのでしょうか?

先日、YSP門真でバイクを購入しました。 YSPとは、ヤマハ・スポーツ・プラザという意味らしく、ヤ

記事を読む

ブログはお店の売上げにどんな影響をあたえるか

困っている方や悩みがある方に、一番に思いつく人でありたいですよね。   先日、

記事を読む

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに、いくらくらいの予算がかかったの?

先日は中学時代の友だち、今日は高校時代の友だちがお店に来てくれて、なんかむちゃむちゃ嬉しい僕です。

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

ブログはお店になんの効果をもたらすか

今日は日曜日だけが営業日、岡町本店での営業でした。 朝は早起きをして、車で高槻店へ向かい、そこでコ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
グァテマラコーヒーの魅力とは

僕はビールが好きで、毎晩、家で晩酌するのが楽しみのひとつです。 最近は

今日の #島珈琲録

久しぶりに書くことが浮かばない。 困ったなぁ。   ブログは

レストランの夢 再燃

僕の夢、目標ですね、のひとつに、レストランをしたいという思いがあります

学校コワイ ぶん/よつば もこ え/かしだ あゆみ こちらの絵本 島珈琲 高槻店で取扱いしてます!

  学校コワイ  ぶん/ よつば もこ え/ かしだ

期間限定 高級コスタリカコーヒー販売してます!

コーヒー焙煎士として、やっぱりいい原料を手にするとドキドキそしてワクワ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑