*

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに、いくらくらいの予算がかかったの?

公開日: : カフェオープンに参考になる話

先日は中学時代の友だち、今日は高校時代の友だちがお店に来てくれて、なんかむちゃむちゃ嬉しい僕です。

 

会いたい人、行きたいお店はたくさんあるのに僕の方からなかなか動けず、わざわざ来てくれる友人に嬉しい反面、申し訳ない思いもあったりして複雑になるけど、嬉しいです!

 

高校時代の友だちは大阪江坂でフレンチレストランを経営しています。
見てください、このパンお土産にもらちゃった!めっちゃめっちゃ美味しいです。

 

 

 

パンを作るのは手間がかかるけど楽しいから好きやねん、と藤井シェフ。
僕はまだお店に行けてないけど、このパン食べたらわかるで、うん、料理も想像できますね。

 

よし、必ず行くよ!

 

大阪江坂より徒歩5分

ル ヴェール フレ
大切な方とぜひ素敵な時間を素敵な藤井シェフの料理で過ごしてくださいね。
詳しいことはこちらからどうぞ
http://www.levertfrais.com/

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに予算はどれくらいかかったの?

ということで、ぶっちゃけで書いていきますね。
岡町本店は2002年に開業しました。
開店当時からコーヒー豆販売のみで、4坪の広さ、家賃は4万円です。

 

当時開業資金に両親に貸してもらえたお金をあわせて用意できたのは350万円でした。(だったはず)
もちろん両親へは返金しました。

 

そのうち、焙煎機の煙り消す機械に130万円くらいかかり(焙煎機は持っていましたので、予算にはいらず)、ここを借りる保証金に50万円。

 

運転費に50万円を残して、あとは自分ペンキで塗ったりして、内装や備品など最小限に抑えましたが、お商売が下手でしたので、当時残していた運転費は一気に底をつきました。

 

続いてカフェBe。
こちらは委託でお仕事を頂いておりまして、この間契約書を見たらコンサル業務がうんぬんかんぬん書いておりまして、いやぁ僕コンサルタントやったんやーとびっくりしました。

 

こちらは施設との絡みがあって、正直わかりません。

 

そして高槻店。
こちらはコーヒー豆販売が主軸ですが、喫茶も併設した形にしています。

 

こちらは、資金を1400万円くらい用意したはずです。
駅近なので家賃が15万円です、保証金80万円 14坪(一坪=畳2畳程度)くらいの広さです。

 

内外装・設備に500万円、そして機械に結構かかりました、焙煎機、エスプレッソマシンに400万円くらい、漆器備品に100万円くらい、店舗用クーラーに60万円くらい、その他諸々、運転費、初回の仕入れ、こんな感じです。

 

事前にしたこと

高槻店の出店を考え出したときに事前に動きだしたことは、銀行さんと仲良くすることでした。
借りないでいいお金を借りたりして、信用を作り、出店するときに借りられるように備えていました。

 

高槻店を出店する際の資金の大半は銀行に借り入れと、貯金してきたものでした。

 

出店するときに陥るのが、お金がほんとに湯水の如く流れていきますので、お金の感覚がおかしくなり、うっかり使いすぎてしまうのですね。

 

ですので、出店される方に必ずお伝えするのが「迷ったら買わない」

 

もちろん高額なものは出店の時に悩んでもらっていいのですが(後で買おうと思っても資金不足で買えなくなってしまうこともありますので)、ただいつでも買えるようなもの場合は、後になって結構いらないことが多くあったのです僕の経験上、なのでそうお伝えしています。

 

後でも買えるような価格のものの場合は、迷ったら買わないことお伝えしています。
ざっとこんな感じで、まだまだ書くことはありますが、その辺を聞きたい方は個別に聞いてもらうことにして、今回はこのブログを打つ手を止めたいと思います。

 

参考になれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~商いは牛のよだれ~

プロローグ   商いは牛のよだれ という言葉をご存じでしょうか?牛のよだれ

記事を読む

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日曜日だけの岡町本店のオープンは

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

コーヒーはコース料理の最後をひっくり返す

昨日は高槻店業務終了後、カフェBeに寄り、そして新しくオープンされる「洋食カフェ kuwa」さんへ、

記事を読む

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分以上の時期は、売れてなかったと

記事を読む

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。 次の11月21日で高槻店は5

記事を読む

コーヒー屋さんというお商売にSNSは役に立つの?

先日から発売されている僕のコーヒー本。 沢山の方に手にとってもらいている様子、嬉しいです。

記事を読む

口コミは自然に発生するものなのか

お店をしていて面白いなぁと思うのは、喫茶が続くときは喫茶ばかりで、まるでお客さんどうしで図ったかのよ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催され

父の日ギフトの発送 まだ間に合います!

お客さんからお電話でお問い合わせがあったので、こちらからもご連絡させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑