*

口コミは自然に発生するものなのか

公開日: : カフェオープンに参考になる話

お店をしていて面白いなぁと思うのは、喫茶が続くときは喫茶ばかりで、まるでお客さんどうしで図ったかのように、続くということがしょっちゅうあるのですね。

 

あるいは、同じ時刻に一斉に来られたりだとか、まさに図ったのかと思うほど。

 

別々の時間に来てもらえれば・・・なんて思いますが、ほんとうに図ったわけではないので、そんな上手くいくことはありません。

 

たまにむちゃくちゃ流れの良いときがありますが、それはお店側の都合ですからね。
どんな時でもちゃんと出来るように、常に準備をし、パッとギヤチェンジできるように待っているのが、プロですね。

 

そしてお客さんにいつも上機嫌でいられるように。
まだまだですけどね、僕も頑張ります。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

口コミは自然に発生するものなのか

 

さて今回は口コミについて。

 

10年以上前になりますが、船井総研の経営セミナーに行った時に「口コミのもとは自店で作るもの」と言われ、ああなるほどと手を叩いたわけです。

 

言われてみれば当たり前だけど、でも口コミって自然に発生して、それが花綿毛のように飛んで伝播していく、ってなんか勝手に、他力で広がっていくものと思い込んでいる、ところがあると思うのです。

 

僕もそうでした。

 

確かに、勢いが付いた時の口コミは勝手にどんどん広がるかもしれませんが、でもその元は自分たちで工夫して、口コミになるような素材を作ることからだと思うのです。

 

なので、口コミを作ろうと思えば、まず口コミになるシステム作りからしないと口コミは起きにくい、となるはずです。

 

SNSやブログもそのひとつ

 

美味しいコーヒーを作っていたら自然に口コミが広がる・・・ということも事実ではありますが、美味しいコーヒー屋さんは正直いくつもあるわけで、それだけでは口コミが広がるのは弱いと思ってます。

 

例えばコーヒー豆の自家焙煎のお店自体も、昔は今ほどの数ではなかったので、その当時の口コミの効果は今とは違ったものだったでしょう。

 

そして現在、昔とはあまりにも環境が違う様になりましたよね。
スマホという、マイクロコンピュータを誰もが手にする時代になったのですから。

 

スマホやパソコンから取り入れる、インターネットからのSNSやニュースサイト、そしてブログなどの膨大な情報とそして口コミ。

 

その中でもほんとうに強い口コミは、知り合いの人から聞き、それをまた知り合いの人へ伝播されていく、あの人が言ってたから間違いない、というのが信頼できる力のある口コミ、だと思います。

 

結局情報量が多くても、知り合いや友達などの口コミが強いわけですが、でもそれの元を作るのは、自分のお店なのですね。
当たり前なんだけど、わりとこれが抜けていることが多いのです、僕もそうでしたから。

 

なので口コミをされたいなら、まず口コミされるような素材を作り出すことから、ですね。

 

最近読んでいる織田有楽斎(織田信長の弟 長益)で「流言(るげん)」という言葉を見て、口コミのことを考えていた次第です。

 

ちなみにコーヒー豆販売がメインだけども、高槻店にはなぜ6席だけの喫茶カウンターを置いたのかというと、喫茶の方の口コミの方が早いからなのですね、豆売りだけよりも。

 

改めて、口コミの素材を工夫しないとなぁ、なんて思いながら突飛なことは出来ないけども、自分らしいことで何か考えてみよう、そんなことを思いながら、その織田有楽斎の本にしおりをさして閉じました。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェとコーヒー豆焙煎店とはちょっと

記事を読む

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日曜日だけの岡町本店のオープンは

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。  

記事を読む

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。   モノを売るのではなく

記事を読む

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~接客編~

プロローグ 今日は小学校からの友だちが岡町本店に来てくれて、手を止め少しの時間、昔話に花を咲かせて

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに、いくらくらいの予算がかかったの?

先日は中学時代の友だち、今日は高校時代の友だちがお店に来てくれて、なんかむちゃむちゃ嬉しい僕です。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

→もっと見る

PAGE TOP ↑