*

カフェ開業相談におもふこと

公開日: : カフェオープンに参考になる話

最近も、ちょこちょこあるカフェ開業相談。

 

僕が島珈琲を開業してから、沢山のご相談をお受けしました。
これから開業を目指す方、もうすでにお店の出店にかかっている時にご相談される方。

 

今回はどちらかというと、これから目指す個人の方に向けて、僕の思っていることを書いていきますね。

 

カフェの経営は簡単か難しいか、というと簡単ではないというのが、僕以外でも飲食の経営をしたことある人なら、同じ様に答えるかと思います。

 

喫茶店やカフェ、昔からお店を持ちたいと憧れを持つ人は多く、それはきっと誰にでもできそうだから、と思うところにあると思うのですが、誰にでもできそうというのは、それだけ個性や何か違うものがない限り、誰にでもできる中のひとつのお店になって埋もれてしまうと思います。

 

なので、お店を利用する側からすると、カフェプラス何か別の意味で利用するものがあれば、その中に埋もれない個性あるお店になるのかと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

カフェ プラス とは

 

相談されて僕がお答えするのは、自分の好きなこと。
何か得意なことをプラスしてはいかがですか?と。

 

写真が好きならカメラ好きの人が来てもらえるような、とかいろいろあると思うのですね。

 

それで例えばそこで教室や、インターネット販売ができるようなことをプラスして、カフェはあくまでも何かの入り口にする、というのが僕の考える理想です。

 

カフェだけで経営と生きていく分を稼ぐとなると、かなり大変だと思いますので、そのやりたいカフェが、また違うやりたいことの入り口になるような、そんなビジネスを構築するのが良いと考えます。

 

憩いの場だけでは経営できない

 

カフェをオープンして、皆さんの憩いの場を作りたい、とその気持ちはよく分かります。
でも、でもただ一緒になって好きなことをおしゃべりしているだけでは、経営は成り立ちません。

 

居酒屋ですと、お酒を何杯かは飲まれますが、コーヒーはそんな3杯も4杯もいりませんし、短時間に飲めませんので、客単価はそんなに上がらないわけです。

 

「話」をテーマにするなら、教室をしてそれで報酬を頂くようなカタチにしないと、経営にならないと考えます。

 

カフェ+教える場所とかも良いですね、カウンセラーとかもね。

 

僕が一時期考えたのは、もちろん今後もチャンスがあれば練り直したいのですが、産直とか地産地消のような、高槻で取れた野菜を販売しながら、地域の特産品なども揃え、セレクトショップでありながら、休憩するちょっとしたカフェがある。

 

その野菜が障がいのある方の育てたものであったり、そのカフェに障がいのある方が働いてたり、そんなお店をしたいなぁなんて考えたことありました。(今もチャンスがあれば虎視眈々です 笑)

 

セレクトショップ的な物販のお店に、カフェがある。

 

これが逆ではだめなのですね。
カフェがあってセレクトショップがあるでは。

 

なぜかというと、カフェっていうと皆さん、買い物に行く気持ちになってないのです。
皆さんもそうでしょ、レストラン行くのにそこで買い物しようってあんまり思ってないと思うのです。

 

カフェでくつろいだら満足して、あまり買い物には至りません。
なので、誤解を恐れず言うのなら、カフェがおまけ、な感じにするですね。

 

ということで、僕はこんな感じに考えておりますので、何かの参考になれば嬉しいです。

 

今日は台風にお気を付けてくださいね!
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。   今も昔もやっぱり大事と言われ

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

まずお客さんの利益を考える

本日は三が日の最終日。 この三が日は依然とくらべて、お店の流れはゆったりでした。   だか

記事を読む

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでもあります。  

記事を読む

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。   全てに対して、素直になることは

記事を読む

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分以上の時期は、売れてなかったと

記事を読む

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。 次の11月21日で高槻店は5

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

→もっと見る

PAGE TOP ↑