*

コーヒー生豆をお米のように水で研いで焙煎するとどんな味?

公開日: : 焙煎アーティスト

以前、タモリの番組でお米は洗うと言うのではなく、研ぐと言うのは洗うのではなく、お米どうしをこすり、そして研ぐから、みたいなことを言っていてなるほどと思ったことを、ふと思いだしました。

 

お米とお米とこするように研ぐ。

 

本当にたーまにしかやらないので、知ったようなことを言えないのですが、そうしてやると同時に、手のひらがマッサージされるような感じで、なんか気持ちいいですよね。

 

昔は中華のコックさんになるのが夢でして(あえなく挫折しましたが 笑)、美味しいチャーハンを作るにはなんてご飯のことをいろいろ考えておりましたが、それも懐かしい思い出。

 

では、コーヒー生豆をお米のように水で研いで、というか洗って焙煎するとどうなるのか、という今回のお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

 

コーヒー生豆は通常は洗わない

 

コーヒーの実からコーヒーのタネを取り出す、これがコーヒー豆になるのですが、この時点では水で洗う精製法もあります。

 

ですが、このあと脱穀されたあとのコーヒー生豆と言われるところでは、基本的には洗いません。

 

洗って乾かして、それから焙煎となるとかなり手間を要してしまうのですね。
それとコーヒー豆にある成分は水溶性なので、美味しい成分が水に出て流れていってしまう、というところもありますので、僕は洗って焙煎することはありません。

 

ただ昔、コーヒーマニアだったことろは、コーヒー生豆を水で洗ってからの焙煎も、何度かやりました。

 

もう20年以上前になると思いますが、その時の記憶を思い起こしながら、その結果と感じたことを書いていきますね。

 

水で洗うコーヒー生豆を

まず洗い、お米のように念入りにするのではなく、ほんとうにささっと水で洗い、すると汚れが落ちます。

 

汚れがあるなら洗わないといけないんじゃないの?と思う方もおられるかと。
焙煎は最終的には200℃近い温度まで焙煎されるので、熱でそうした殺菌がされるはずなので、大丈夫です。

 

その洗ったコーヒー生豆を乾かします。
乾かすのに、わりと時間がかかりますし、カビが発生しないように気をつけないといけません。

 

その乾かした豆を焙煎します。

 

洗わないコーヒー生豆との違いは、コーヒー豆のシワが伸びないので、中焙煎ではシワシワな豆になってしまい、だいたい深焙煎まで持っていかないと、ピンとした綺麗な豆にはなりませんでした。

 

なので、ほとんどが深焙煎=深煎りにしていました。

 

味わいは、その豆の特徴もあるのですが、コーヒー生豆を水で洗った特有の共通した味わいがあるのですね。

 

島珈琲のカフェインゼロコーヒーも、水に浸けてカフェインを取り除いて、そのあと水に流れ出た良い成分を豆に戻すのですが(島珈琲がそれをやっているのではありません)、ここでもコーヒー生豆の段階で水に浸けた時に共通する味わいがあるのですね。

 

その味わいは、経験してみないと何とも言えない、表現しにくい味わいですが、それが良くない味わいではないですからね。

 

まとめると、水で洗ったコーヒー生豆を焙煎すると深焙煎が主流になり、味わいは水に浸けた特有の味わいがある、そしてすごい手間暇がかかる、ということです。

 

焙煎をご自宅でされている方は、一度洗って焙煎するのも、良い経験になるかと思いますのでお試しあれ。

 

ということで、ちょっとマニアックなお話でしたが、コーヒー生豆を洗って焙煎すると?のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎で味わいが変わるってどういうことなのか

    焙煎でコーヒーの味を作る、これわかりにくいですよね。

記事を読む

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

ピンチは常にくるものと考える

どちらかというと石橋を叩いて歩く方の人間でして、どんなことも段取りそして準備を怠らず、そして物事に臨

記事を読む

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消費税負担のお願い(実施時期 2

記事を読む

コーヒーミルの仕組みはこうなっています

プロローグ 昔からマシンをいじるのが好きで、高校生の頃は友達とよく原付バイクをあれこれ改造していた

記事を読む

いつまでも こころの成長を

新年あけましておめでとうございます。 今年も皆さんにとって素晴らしい1年に、そして笑顔が沢山ある1

記事を読む

どれがいい?手挽きコーヒーミルの選び方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日 お客様から手挽きミル どれがいいのか分からない

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

よい習慣は人生を豊かにする

お正月2日目です。 本日も10時開店 17時閉店 16時半オーダーストップで高槻店は営業しております

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催され

父の日ギフトの発送 まだ間に合います!

お客さんからお電話でお問い合わせがあったので、こちらからもご連絡させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑