*

職人であり 商人であり

コーヒー焙煎職人を目指したのは、炎を扱い、炎を操作したい、そして美味しいコーヒーを焙煎して作り、喜んでもらうことで喜びたい、と思ったから。

 

若い頃から、職人なることは憧れていました。
ただ途中、高校の時、喫茶店でアルバイトした時に接客ってめっちゃ面白い!と思ったのがきっかけで、接客も面白くなり、それを両方足し算した結果が、コーヒー豆専門店で焙煎して、販売する、という現在であります。

 

自分が丹精込めて作ったものを「ありがとう」と言って、購入してくださる。
お金を頂いているのに、ありがとうと言ってもらえること、職人としてこの上ない喜びです。

 

そういう意味では、物を作り、そして販売する、というのはモノつくりも楽しめて、エンドユーザーさんの声まで聞こえるという、なんとも嬉しい仕事でもあります。

 

 

ただし良いモノを作っていればいい、というわけではない

 

僕も開店当初、ですから2002年ですね、今の岡町本店のオープンした時は、いいものを並べて売れば、やがて口コミに乗って売れていくだろう、と思ってました。

 

しかし、そんなことはなかったのです。

ほんとにね、売れなくて売れなくて、自分の思い上がり甚だしいと、自分に対して怒りすら覚えました。

 

ですから、ここで言いたいのは、僕のように作ったモノをお店でエンドユーザーさんに販売する、という行程をするお店では、商人としての資質も必要だということなんですね。

 

モノを作る技術というのも大事ですが、そのモノを売る、という営業力も問われるわけです。

 

商売が「へたくそ」でも

 

以前、高槻店の近くの料理屋さんに行き、カウンターで料理を食べていたら料理長さんが、島珈琲を知っておられて、お商売はへたやなぁと言われてしまいました。

 

大丈夫です、料理長は悪く言っているわけではないですからね。
もうちょっと、こう商売っ気を出して、例えば麻袋なんかでも売ればいいのに、というお商売につなげていくというスピリッツの話ですからね、それが僕には「たらん」と笑いながらお話してくれていたのです。

 

でも、ほんとにそう、僕には商売っ気というのがちょっと少ない、と自分でも感じています。

 

それはそれできっと僕の良いところ、なんだといいように解釈しておりますが(笑)、僕のような個人店で、物を作って直に販売している場合、商人という要素も必要なわけです。

 

今回はいつかお店をしたい、と思っている人へのメッセージになりましたね。
作ることも大事、その技術を高めるのも大事、そして商人の心も必要。
いろんなことが必要ですが、作ることも接客も楽しめたら、楽しいがお客さんに伝わり、いい循環ができる、そう思ってます。

 

僕もまだまだどちらにも磨きをかけなくては、と胸に秘め、毎日頑張っております。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目についた様子、皆さんやっぱりコ

記事を読む

どうして日曜日だけの営業なの?

現在ではそんなに珍しくなくなった週○○日だけの営業。 島珈琲岡町本店が日曜日だけの営業になったのは

記事を読む

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。    

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。  

記事を読む

迷いは人を成長させる

僕には2つの標語にしている言葉があります。   ・商は笑なり ・やるなら決め

記事を読む

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早くに家を出ていくのかが疑問に思う

記事を読む

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。   今も昔もやっぱり大事と言われ

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
来春、たぶんテイクアウトコーヒーのメニューが増えます!

来春にテイクアウトコーヒーのメニュー、今より増やして、よりお客さんに喜

名門コーヒードリッパー、沢山入荷しました

今月の黒板ができました。     僕が一

器で味わいもまた変わる

12月に入ってから、通販のオーダーが増えました。 12月はコーヒー豆屋

口の中にいつまでも残る、甘い余韻を楽しんでもらいたい

昨日はお休みでした。 なかなかハードスケジュールでしたが、こなすことで

まーるく、丸く

本日はお休み。 高槻店は、日曜日と月曜日がお休みで、岡町本店は日曜日だ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑