*

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。
FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが流れていたのは。

 

なんて歌なんだろう、と聞き入ったこといまだに覚えています。
多感な高校生の時に尾崎豊の歌は、なにかモヤモヤしている心に共感を持たせたこと、歌を聞けばその時代のあの気持ちを呼び起こすことができることは、歌の良いところですよね。

 

そのLOVE WAYの一節にこの歌詞があります。

「言葉も感じるままにやがて意味を変える」

 

そう、言葉は人の取りようによって、その人の心のフィルターを通ることで、意味は人によって変化するのですよね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ブログを書くというリスク

 

表現するということは千差万別の取りようがある中へ、表現したいモノを放り込むことだと考えてます。
つまり自分はこういうつもりで表現した、にも関わらず、人によってはまったく違う意味、まったく違うカタチとなって受け止められることもある、ということです。

 

僕の言葉足らずから生まれた誤解もあれば、違うそうじゃない、ということなんてしばしばどころか、しょっちゅうです。
表現の足りなさや、誤字の多さ、それから言葉では説明できないことがあることの力量不足、から自己嫌悪になりそうなこともしばしばです。

 

知らないところで批判もあるだろうし、笑われているかもしれません。
そう思うと怖くてブログなんて書けやしません。

 

自分はこう思う、と言いきっても、自信があっても、はやり批判されることはは誰だって嫌なもんです。

知らず知らずに自ら恥をかいていること、さらしていることもあるでしょう。

 

リスクを恐れていたら表現はできない!

 

何か思いがあって始めたわけです。
僕もいろいろありますが、ブログ書く理由のひとつは、コーヒーの知識や面白みを伝えることで、もっとコーヒーの世界を楽しんで欲しい、その思いもあります。

 

伝えなければ恥をかくこともありませんが、自分の思いや表現は伝えないと何も伝わりません。

 

誰かを喜ばそうと思い表現すれば、なにがしリスクは付いてくるモノなんです。
ブログを書くことは恥をかくこと、だとも思ってます。

 

足下のリスクを恐れてしまうけども、リスクの向こうにあるものにも目に向けてみる。
その情報によって誰かが喜んでいる顔が浮かんだり、その情報によって楽しいコーヒーライフが向上したり。

 

リスクの向こうに何が見えるか、が大事ですよね。

 

ブログ書いていていっぱい良いことあります。
でもそれはリスクと背中あわせだとということ、なんですね。

 

人は何かを始めるときにやっぱりリスクを先に見てしまうモノです、僕もそうです。
でもそのリスクの向こうに何があるのか、どんな良い事が待っているのか、どんな素晴らしいことがあるのか、そしてそれによってどんな喜ぶ顔が見ることができるのか、それが自分をつき動かすのに大切なことかな、なんて思ってます。

 

 

島珈琲の法人化していて思ったことと、ブログを書くことのリスクが、昨日何故かお風呂に入っている時にクロスして、湯船に浸かりながら考えていたのですね。

 

その湯船で考えてたことを今回は文字にしました。

 

なんでもそうリスクと背中合わせ。
そのリスクをも楽しめるようになれば、人生はもっとエキサイティングになるのだろうな、なんて思ったしだいです。

 

ということで、今月中には島珈琲は株式会社になりそうです。
引き続き、皆さんに笑顔になるコーヒーと愛をお届けできるように、全力コーヒーです。

 

リスクの向こうを見て頑張ります!

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

流行り

 最近 銭湯がマイ流行りである サウナで汗だくになって 露天風呂であービバノンノ 風呂上が

記事を読む

no image

やりました?

 日記のタイトル やけました? やせました? ときて 次の日記のタイトルは 「やりました?

記事を読む

タイトルがすべてだ!

 ブログのタイトルって大事だなぁ と最近やたら思います記事の内容とあまりにもかけ離れていた

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

ポジティブ ポジティブ

 接客業においていつも機嫌がよい は最低限のマナーだ僕もそう思いますできる限りいつも自分を

記事を読む

罪悪感とは

 最近 カフェBeのスタッフが皆 優秀さんなので 週に1度か2週に1度 お休みをとれるよう

記事を読む

no image

サタデー カフェ

 カフェBe は ぷれいすBeという障害者支援施設のレストランホール(食堂)と 兼用してい

記事を読む

no image

人生行路

人生行路には勝者もなく敗者もない 楽しめるか否かであるだけだ 今日 お店の営業時間に読んでた本にそう

記事を読む

上がるのはコツコツ 下がるのは一瞬

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真はコーヒーの実 コーヒーチェリーを摘んで

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップをドリップするのに何分で終わらすのが適切か

石川県は金沢のお隣、内灘町にある石川県最大級の牧場のホリ牧場さん。

10/1通販の送料を改定しますが、今後何とかなるように考えてます!

高槻は秋の気配を見せ始め、少しずつ暑い夏から遠のいていますが、時折まだ

ドリップしたとき水はけのよくないのは、エチオピアモカ

ブログのネタのほとんどは、お客さんとの会話から生まれております。

僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか

最近、落語のCDを聴いてます、っていきなりどーしたの?ですね。

容量の分からないカップに、適量のコーヒーの粉を知る方法

昨日は高槻店終了後、10月1日に高槻芥川町にオープンする、セレクトショ

→もっと見る

PAGE TOP ↑