*

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。
なんか思わせぶりで、ね。

 

どちらかというと、ストレートな表現を用いる方が好きなのです。
いや、でもブログはなんていっても、タイトルでどれだけ惹きつけるか、が大事なんです。

 

あっ読んでみたいなぁって思ってもらい見てもらう、そんなタイトル。
タイトルで惹きつけた、しかし内容の密度がついていかなければ、その期待度に反比例して今後は期待されなくなる、ということにありますよね。

 

タイトルで期待させすぎて、内容がもう一つだと読み手を落胆させるわけで、タイトルだけが大きすぎてもダメ。

 

そこがタイトルのつけ方が難しいところではあります。
振り向いて欲しいが、タイトルが内容に対して過大だと落胆値も大きい、そんなことを思っている僕、焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。

 

 

 

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

 

本日は東京からコーヒー生豆(焙煎をする前のコーヒー豆)を仕入れしている、コーヒー商社の社長さんが岡町本店においでくださり、コーヒーの情報を頂いておりました。

 

世界各国、コーヒーの産地を巡り、輸入するコーヒー豆を買い付けしている社長さんの生の情報。
非常に新鮮なものばかりで、勉強になりました。

 

現在の状況と動向をなどをお聞きして、これからの島珈琲が進む方向に参考になること沢山でした。

 

それでね、社長さんと僕たちは良い時代を生きていますね、とお話していたのです。

 

というのも、今はコーヒー生豆は良い物がわりと簡単に手に入るのですね。
僕が焙煎に興味を持った時は、そんな今のようなスペシャルティコーヒーと言われる高品質コーヒーなんて手にすることはほとんどありませんでした。

 

コーヒー生豆自体を手に入れることが難しかったのですね。

手入れることができても、一般的なブラジルとかコロンビアの普通のクラスのものでした。

 

それを必死で美味しく焙煎できるように考えた

 

ああでもない、こうでもない、と。

 

お店を出す前は、僕、いわゆるコーヒーマニアで自分の家で焙煎をしていたのですね。
業務用というよりも趣味用の焙煎機で、ですね。

 

その普通のコーヒーを焙煎でいかに美味しくするか、そこで努力したこと、これが今にも生きているわけなんですね。

 

今、島珈琲も高品質コーヒーを使用しています。
その良さを引き出すには、やっぱりその経験が生きているわけなんです。

 

つまり良い素材が手に入らなかったからこそ、焙煎技術でカバーし、そこを腐心したわけで、結果焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実はここだった、というわけなんです。

 

素材も大事ですが、素材に頼りすぎてもいけないわけで、どちらかがではなく、両輪なのですね。

 

現在のこの良い素材が手に入りやすいこの状況を、否定するつもりはありませんが、技術で迷った時は初心に戻るというか、原点を見つめ直すことも大事だな、と改めて思った次第です。

 

昔は良かったなんていいません、今は今で良い。
だけど、初心と原点はいつでも大切にしていたいなぁと、社長さんと「良い時代に生きてますよね」と会話していて思ったことでした。

 

まだまだ。
喜んで貰うために技術も磨いていきますからね、薫るコーヒーを。
良い出会いは心に活性を与えてくれますね、感謝です。

 

それでは。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ

ドリップコーヒーを美味しく入れたい ドリップコーヒーの味がいつも同じでない 安定しない ドリップコー

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

昨日 新規出店のご相談を受けて思った事

プロローグ 昨日は夕方に新規出店のご相談を受けました。喫茶店をされたいということでご相談です。

記事を読む

がんに対抗できるコーヒーの力

プロローグ 「コーヒーを飲むことで死亡リスクが低下する」という、9万人による日本人対象研究で確認さ

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

1日どれくらいのコーヒー豆の焙煎をしているの?

プロローグ 朝、高槻店や岡町本店に到着すると、まず一番初めに行うのは神棚の水を取り替え、手を合わし

記事を読む

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消費税負担のお願い(実施時期 2

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップをドリップするのに何分で終わらすのが適切か

石川県は金沢のお隣、内灘町にある石川県最大級の牧場のホリ牧場さん。

10/1通販の送料を改定しますが、今後何とかなるように考えてます!

高槻は秋の気配を見せ始め、少しずつ暑い夏から遠のいていますが、時折まだ

ドリップしたとき水はけのよくないのは、エチオピアモカ

ブログのネタのほとんどは、お客さんとの会話から生まれております。

僕はどう考えて島珈琲のコーヒー豆の価格を決めたか

最近、落語のCDを聴いてます、っていきなりどーしたの?ですね。

容量の分からないカップに、適量のコーヒーの粉を知る方法

昨日は高槻店終了後、10月1日に高槻芥川町にオープンする、セレクトショ

→もっと見る

PAGE TOP ↑