*

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナンバーワンドリンク プレミアムアイスコーヒーの試作を作りました
コーヒーミル(グラインダー)をチェンジしたので 冬のうちはほとんどでないオーダーですが 味の確認を と思い いつものように作っていました

 

なんとなく 味がしっくりいかなかったのでブレンドの内容を変更すると 嫁さんもびっっくりするくらい美味しいアイスコーヒーができあがりました いやぁこれは夏が楽しみだわい お客様おどろくぞーなんて思っておりました

IMG_4333

 

昨日はブレンドのことを考えていましたので 今日のブログは少し簡単にブレンドとはなんなのか?についてブログ記事にしたいと思います

ブレンドとはA・B・Cとコーヒー豆があれば それらを調合させ新しい味を作ることです

 

マイルドブレンドという一般的な名前であってもお店やメーカーによって調合するコーヒーが違うので どれも一緒ということはありません

ブレンドは2種類の豆を合わしたり 3種類であったり 4種類・・・more であったりと特に定義はありません そのブレンドを作る人 ブレンダーが美味しいと胸を張れる商品が棚に並ぶわけです

 

ブレンドを作るには A豆50% B豆30% C豆20% というような基本配合率を決めておき 例えばA豆がブラジルとしたら年度年度によりコーヒーの味が微妙に違ったり 同じ産地のモノを仕入れられなかったり と言う場合があるので 味合わせで都度そのパーセンテージを微調整する と言った具合です

 

島珈琲のブレンド花であると ベースにしているのが中焙煎のブラジル豆これを50% その両脇に中焙煎のタンザニア(キリマンジャロ)コロンビアを25%ずつ配合しています

 

ブラジルは料理で言う「つなぎ」のような役割をもっていてばらばらなモノものをまとめてくれるような役割を持っており 人間で言うところのめっちゃ協調性のあるやつ のような存在です

 

そこにやや個性的なタンザニア(キリマンジャロ)とコロンビアを調合して ブラジルのなめらかな味わい タンザニア(キリマンジャロ)のコクとワイルドな味わい コロンビアの甘みのある良質な酸味をブレンドすることにより 一つの独創性のある味を完成させる ということです

 

音楽で言うところのバンドみたいなもんで ギター&ボーカルがブレンドのベースになる豆でドラムとベースがそのバンドの脇をしっかりと堅め 一つの音楽を奏でる そんな感じですね

 

ブレンドは幾通りもできますが 混ぜ合わせればいい というわけでなく 豆同士の相性や味のまとまりがあるので各国産のコーヒーの味をブレンダーは頭に深くインプットしておかないとうまくいきません いわばブレンドはブレンダーの作品なんですね

 

こうして見るとブレンドコーヒーも奥が深いでしょ 今日書いたことがブレンドコーヒーを飲む時の一つの楽しみになれば僕は嬉しいです

ブレンドコーヒーについて聞きたいことがあればなんでも聞いてくださいね! ではまた!

 

いつもほんとうにありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎度合いで豆の大きさが違う・ドリップ時の感触が変わる

今日、早朝からコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎を岡町本店でするために、前日に岡町本店に荷物を運び、岡

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

アリの大群を止めるのには、コーヒーのカスを蒔いてごらん

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   おとついあたりから、お店の前を

記事を読む

コーヒーのプロは缶コーヒーを飲まないのか?

プロローグ コンビニコーヒーが世間にあっという間に広がった。 こんな早く定着するなんて僕は予想し

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

絵心

 ないなぁ~ と 昔から思っていました 学生のころ 美術の時間が大嫌いだった 人生とは後悔

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

島、ショックを受ける

強烈なカウンターパンチをもらったような、そんな気分です。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑