*

島珈琲の美味しさは、焙煎機にも隠されている

公開日: : 焙煎アーティスト ,

美味しさとはトータルのモノで、たとえすごい原料を使って、すごい技術で美味しく出来たとしても、食べる環境で随分と味わいの感じ方が変わったり、食べたり飲んだりする相手と変わったり、と雰囲気でも左右されるものです。

 

面白いモノですね。

 

ですが、コーヒー職人の使命として、美味しいコーヒーで喜んでもらいたい、美味しいコーヒーで笑顔になってもらいたい、美味しいコーヒーで大切な人と有意義な時間を過ごしてもらいたい、と思うワケでして、だから美味しいコーヒーを焙煎して作りたいのです。

 

前を走る人を追い抜きたい、と思うランナーの気持ちのように、誰かの笑顔の為に美味しさを追求したい、というのが味を作るものの気持ちでもあります。

 

素材を選ぶ、ということも一つですが、その素材の良さを最大限引き出す、その焙煎機のポテンシャルもまた大事。
今回は島珈琲の美味しさを作る、焙煎機のポテンシャルについてです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

日本で1台の使用

 

といえば、なんだか偉そうですみません。
火力のパワーアップや焙煎機のカラーなど、たぶんこの使用は日本では1台だけだと思います。

 

特筆すべきところは、焙煎機の釜=シリンダーとも呼ばれますが(コーヒー豆を撹拌しながら熱を入れるところ)、だいたいは鉄製なのですが島珈琲高槻店の焙煎機は鉄ではなく、ステンレスでできているのですね。

 

それが何かというと、鉄製とくらべてステンレス製の方が、蓄熱が少なく主に対流する熱で焙煎することになるので、クリアで飲みやすいコーヒーが出来上がるのですね。

 

ただし蓄熱しないぶんだけコントロールが難しく、じゃじゃ馬なところがあるのですね。

 

ほんの少し操作でも、味わいにかなり影響を及ぼしたり、バイクや車でいうとレーシングカーのようなタイプかなと思っております。

 

香りの出方もシャープ

 

コーヒーは香りのもの。
焙煎機の能力で香りの出方も変わってきます。

 

もちろん、持ってないものまで引き出すことはできませんが、潜在するコーヒー豆の中にある香りの能力、これをどれだけ引き出せるか、が焙煎士の腕の見せ所のひとつでもあり、そこは焙煎機に頼らないといけないところでもあります。

 

飲む前にまず香りで、喜んでもらいたいですからね。

 

もっと掘り下げていけば話は尽きないのですが、これ以上にマニアックなお話になりますので、止めますね。

 

焙煎という作業はとてもシンプルです。
コーヒー豆にどう熱を与えて変化させるか、たたそれだけなのですが、シンプルなだけあって誤魔化しがきかないのですね。

 

そこが焙煎の面白いところでもあり、それにはまっているのがこの僕です。
こんな楽しい事を毎日させてもらえて感謝しております。

 

ですので、恩返しと言えばあれですが、毎日美味しいコーヒーをお届けしたい、そう思って焙煎しております。
感謝。

 

島珈琲の美味しさの秘密のお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

なるほどがいっぱい カンカンセミナーに行って来ました!

TANPAN COFFEEがいよいよ昨日スタートしました。 受付のスタートを聞いてなかったので(笑

記事を読む

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。 よくわかりません、だから分かる人に聞いていま

記事を読む

コーヒーの未来はどうなる!?これからのコーヒーのこと

プロローグ 最近、お客様とこれからのコーヒーついてのお話をすることが多い僕です。 こんにちは 焙

記事を読む

ブレンドについて考えた

今朝も自転車で受ける風は涼しく 長袖でもちょうど良い季候でした 今日から多くの方は3連休でしょう

記事を読む

僕が毎朝つぶやいている言葉

僕がツイッターを島珈琲に役立てよう、と本気で思ったのは、2014年7月14日から15日にかけて開催さ

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

プロならかみ砕いて話すことが必要だ

来る3月27日火曜日、高槻店は臨時休業を頂きます。   26日(月)は定休日、

記事を読む

コーヒー焙煎に資格はあるのか、ないのか?

プロローグ 焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。 焙煎アーティストのあの人ね、と最近どこかで

記事を読む

no image

焙煎はアートだ!

焙煎はテクニックだけではなく 感性が命のアートだと思ってますつくり手の感情 経験 想い いろんなもの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
開業相談 過去の失敗からお話できることをお伝えして

昨日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店での営業でした。 岡町本店は日

影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催され

→もっと見る

PAGE TOP ↑