*

焙煎のグレードと味わい

公開日: : coffee , ,

焙煎のグレードとは、焙煎度合いです。

 

焙煎度合いとは、一般的に8段階の名前で分けられています。
ライト、シナモン、ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンと一応こうした段階に分けられています。

 

但し、僕たちコーヒーを専門としているものでも、何となくこの段階はシティだろう、などと焙煎コーヒー豆の色つやを見て判断しております。

 

ちゃんとした基準はあるのですが、例えばL値というコーヒー豆の色の明るさで計られたものや、焙煎におけるシュリンケージ(焙煎で失った水分量)で計られたりしますが、それは一個人のお店が計れるようなものではなく、特殊な機械を使いそれを計るのため、従ってそんな機械など持っていない僕などは、なんとなくの焙煎度合いになってしまう、ということなんですね。

 

でも今後はスマホで、それらも計ったりできるようになるのでしょうね。

今回はその焙煎度合いと味わいの関係を。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

4つまでは浅・中焙煎、それ以降の4つは深焙煎

 

ライト、シナモンここまでが浅焙煎、ミディアム、ハイここまでが中焙煎、それ以降シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンは深焙煎という感じで分類してます。

 

ライト、シナモンと言われる焙煎度合いは、浅焙煎の焙煎度合いになります。
コーヒーは焙煎が浅いときは酸味が強く、焙煎が深くなるにつれて苦味が前にでてきます。

 

その中間が、どちらもいい塩梅な感じ、焙煎度合いで変わるおおよそな味わいです。

僕の場合、ライト、シナモンローストは普段することはありません。

 

島珈琲の中焙煎というグループに入るのは、ミディアムとハイロースト。
深焙煎はシティ、フルシティローストになっております。

 

正確に言うと、島珈琲の中焙煎のグループはミディアムとハイの真ん中あたりなので、ミディアム・ハイと呼ばれるロースト、つまり焙煎度合いになります。

 

味わいとして、酸味が前面にあるが苦味もほのかに感じ、爽やかでさっぱいりしている軽い感じになります。

 

深焙煎はフルシティがほとんどになり、こちらは逆に苦味が前面にでて、酸味が少し残っている銘柄もありますが、酸味が甘みになっており、苦味と甘みで味わいは形成されている、そんな感じです。

 

少し乱暴な例えですが

 

お客さんに説明するときは、中焙煎はワインで言うと「白」、深焙煎はワインで言うと「赤」そんな感じとお伝えします。

 

ワインのように、料理やスィーツに合わせて、どちらかを選ぶのもまた楽しいですね。
フードペアリングっていうのですね。

 

ただお店に立って、お客さんの様子をうかがっていると、食べ物に合わすのではなく、中焙煎でも深焙煎でも好きなコーヒーで、好きな食べ物を食べる、そんな感じを受け取っています。

 

中焙煎なら酸味と甘み、深焙煎なら苦味と甘み、良質なコーヒーの味わいには「甘み」が常にペアとなっております。

 

それぞれの「甘み」を見てみるのもまたお好みを発見するのに、良いかも知れませんね。

 

焙煎度合いのことを知ると、またコーヒーの世界が深まりますので、ちょっと意識してみてくださいね。

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

麻袋に書いてある文字は何を意味するの?

昨日は午前中はお仕事でしたが、午後はゆっくりと娘と遊ぶ時間に費やしました。  

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

エスプレッソを深く知る

 そうです 深く知るため 勉強するために 来週16日の水曜日は カフェBeは臨時休業致しま

記事を読む

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘が「お母さん、何かお手伝いしま

記事を読む

世界で唯一のあなたギフト、そんなご提案です。

プロローグ 先日、何気なくコーヒーシロップのラベルを貼っていました。 島珈琲オリジナル・コー

記事を読む

コーヒーのドリップもシンプルに考えるといい

プロローグ どんな物事もそうですが、「シンプルに考えた方が結果が良くなる」ということを歳を重ねてき

記事を読む

はなのしたがのびーーる!

 最近 日記がご無沙汰になっているいます こんばんは いかがお過ごしでしょうか? さてです

記事を読む

既成概念

どんなお商売でも ものごとでもそうだと思うのですが既成概念に邪魔されて 新しい発想がでないということ

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップはどのクラスか

前回のブログでは、TANPAN COFFEEのスペックをお伝えしました。 高品質コーヒーでも選ばれ

記事を読む

コーヒーメーカーで美味しくコーヒーを淹れるためのポイント

プロローグ 今回はコーヒーメーカーについて書いてみようと思います。 お店ではコーヒーを淹れる

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

打たれ強い人 実は打たれていない

今日はお休みでブログも月曜日は定休ですが、明日1月15日(火)が臨時休

ドリップの粉の膨らみはテクニックではない

先日もお知らせしましたが、1月15日火曜日は高槻店は臨時休業いたします

1月15日(火)は高槻店臨時休業です

1月15日火曜日は高槻店臨時休業となります。   去年の9月

淡路島からわざわざ取り寄せている ヒロタヤのピラミッドケーキ

今年はいろいろやっていこうと思ってます。 何をするにも、まずは資金が必

→もっと見る

PAGE TOP ↑