*

焙煎のグレードと味わい

公開日: : coffee , ,

焙煎のグレードとは、焙煎度合いです。

 

焙煎度合いとは、一般的に8段階の名前で分けられています。
ライト、シナモン、ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンと一応こうした段階に分けられています。

 

但し、僕たちコーヒーを専門としているものでも、何となくこの段階はシティだろう、などと焙煎コーヒー豆の色つやを見て判断しております。

 

ちゃんとした基準はあるのですが、例えばL値というコーヒー豆の色の明るさで計られたものや、焙煎におけるシュリンケージ(焙煎で失った水分量)で計られたりしますが、それは一個人のお店が計れるようなものではなく、特殊な機械を使いそれを計るのため、従ってそんな機械など持っていない僕などは、なんとなくの焙煎度合いになってしまう、ということなんですね。

 

でも今後はスマホで、それらも計ったりできるようになるのでしょうね。

今回はその焙煎度合いと味わいの関係を。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

4つまでは浅・中焙煎、それ以降の4つは深焙煎

 

ライト、シナモンここまでが浅焙煎、ミディアム、ハイここまでが中焙煎、それ以降シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンは深焙煎という感じで分類してます。

 

ライト、シナモンと言われる焙煎度合いは、浅焙煎の焙煎度合いになります。
コーヒーは焙煎が浅いときは酸味が強く、焙煎が深くなるにつれて苦味が前にでてきます。

 

その中間が、どちらもいい塩梅な感じ、焙煎度合いで変わるおおよそな味わいです。

僕の場合、ライト、シナモンローストは普段することはありません。

 

島珈琲の中焙煎というグループに入るのは、ミディアムとハイロースト。
深焙煎はシティ、フルシティローストになっております。

 

正確に言うと、島珈琲の中焙煎のグループはミディアムとハイの真ん中あたりなので、ミディアム・ハイと呼ばれるロースト、つまり焙煎度合いになります。

 

味わいとして、酸味が前面にあるが苦味もほのかに感じ、爽やかでさっぱいりしている軽い感じになります。

 

深焙煎はフルシティがほとんどになり、こちらは逆に苦味が前面にでて、酸味が少し残っている銘柄もありますが、酸味が甘みになっており、苦味と甘みで味わいは形成されている、そんな感じです。

 

少し乱暴な例えですが

 

お客さんに説明するときは、中焙煎はワインで言うと「白」、深焙煎はワインで言うと「赤」そんな感じとお伝えします。

 

ワインのように、料理やスィーツに合わせて、どちらかを選ぶのもまた楽しいですね。
フードペアリングっていうのですね。

 

ただお店に立って、お客さんの様子をうかがっていると、食べ物に合わすのではなく、中焙煎でも深焙煎でも好きなコーヒーで、好きな食べ物を食べる、そんな感じを受け取っています。

 

中焙煎なら酸味と甘み、深焙煎なら苦味と甘み、良質なコーヒーの味わいには「甘み」が常にペアとなっております。

 

それぞれの「甘み」を見てみるのもまたお好みを発見するのに、良いかも知れませんね。

 

焙煎度合いのことを知ると、またコーヒーの世界が深まりますので、ちょっと意識してみてくださいね。

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今期 島珈琲使用分のグァテマラコーヒー豆、予約完了しました!

いよいよTANPAN COFFEE 2 の準備が始まります! 昨日はお休みでした。 お昼には島珈

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

no image

シェーカー

 今日はアイスコーヒーをシェーカーで作って味見をしていました お湯でドリップした濃いめのコ

記事を読む

単品とブレンドの良さ、そして違いは何か

あまり音楽に詳しくない僕が言うのは何ですが、一人で歌うのは独唱=ソロで、二人ならデュエット、三人なら

記事を読む

コーヒーの抽出温度

 毎日当たり前のように接しているコーヒーだけど コーヒーはほんとに繊細でデリケートだ(同じ

記事を読む

味覚って 年齢や性別で違うんです

 このブログで何回も取り上げてきたんですが島珈琲を立ち上げて12年 お客様の嗜好を知ろうと

記事を読む

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

夏男

  で 暑さに強いと男と自称しておりましたが 最近 疲れがぬけずに 少しグロッキー気味な島

記事を読む

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの粉に混ざる黄色いヤツ

本日はお休みです。 高槻店は日曜、月曜が定休日。   岡町本

香りの良いコーヒーはどれですか?

カフェBeの玄関には沈丁花があるのです。 今、これが非常に良い香り。

ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

→もっと見る

PAGE TOP ↑