*

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の不良豆(味が悪くなる豆)を取り除く作業をしている様子です

 

先日 高槻店で喫茶をご利用のお客様にお好みをお伺いしていたところ
「えぐみがないものがいい」と言われ
「良質なコーヒーには えぐみはないんです」と言う言葉がのど元まで上がってきたけども グッと飲み込み
「いやいやこちらのお客様はえぐみのあるコーヒーを飲んできっと気分の悪い思いをしたに違いない」
と思い直し お客様のお好みを聞いた後 好みにあったものをサーブしました

 

「美味しかったです」と言って帰ってくださったのでとりあえず何よりで お褒めの言葉をダイレクトにもらえるのがこの仕事の醍醐味だなぁ なんて思いながら 再び「えぐみ」について考えました

 

「えぐみ」を調べてみるとインターネットの「百珈苑」には こう書かれてしました

えぐみ(えぐ味)は、ホウレンソウやタケノコ、山菜などに含まれるアクなどによる、不快な(広義の)味であり、強い苦味と渋みが混ざった味であると考えられています。これらの食品に含まれるシュウ酸化合物やホモゲンチジン酸が、えぐ味物質の本体であると言われています。アクを多く含む食品を調理するときには、これらのえぐ味物質を除いて、適切な量にまで減らすこと(アク抜き)が、一般に必要とされます。

はい ということですね

一般的には不快な味 と言う意味をもつ「えぐみ」

 

僕自身 えぐみのあるコーヒーを過去飲んだことがあるのか ちょっと記憶をめくってみた

 

ロブスタという安くて 僕たちが一般的に口にしているアラビカよりも品質が低いコーヒー豆の種類があり それをストレートで飲んだ時「この味はえぐいわ」と思った事がありましたが それは一般的にストレートで飲む事はほとんどないコーヒーなので お客様がそれを飲んだ「えぐみ」のことを言っているのではないと推測されます

となると 何か?

 

たぶん古くなったコーヒー豆で抽出されたコーヒーにでる味で 味というよりもそれは「古くなっていますよー」という危険信号の部類になると思います

 

なんでそんなことを記事にしているのかというと 「えぐみ」という言葉がまだ一般的に使われていること自体が コーヒーの味わいの種類の一つに属されていることになります でもそれは本来あってはならないものなのですね

ですから 僕たちが良いコーヒーには「えぐみ」はない ことなど含めて 「良い」部分をもっともっと啓蒙 または説明 そして理解を得ることをしなければいけないなぁ という使命感を感じたからなんです

 

と言ってもたいした事はできませんので ブログで細々とですが・・・笑

ということで 今日は「えぐみ」について思った事を記事にしました
ではまた次回

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

お店で粉にしてもらうのと、家でするのと、どっちが美味しく挽けるの?

プロローグ コーヒーの味わいはコーヒーチェリーの精製から輸送、焙煎、保存、ミル、抽出方法などなど、

記事を読む

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。   豆と言っていますが、それは「コ

記事を読む

ええもんをおだししたい!

  お客様にはええもんをおだししたい! いいコーヒーを仕入れたとき 見た時 お客様の笑顔が

記事を読む

なぜコーヒーに砂糖を入れるようになったのか

基本的に僕は、コーヒーをブラックで飲みますが、やっぱり疲れている時なんかは、生クリームと砂糖を入れた

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

負けたもん勝ち

 プライドが高いのか 単なるがんこ野郎なのか 親からむずかしい子供やったといわれ 自他共に

記事を読む

ハート

 昔から 人より不器用で まず頭で理解しないと体に入っていかなく とにかく出来るようになる

記事を読む

コーヒーの香りはどの段階の時に一番香っているのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 今朝 焙煎したコーヒー豆です 香ってきますか

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法と

コーヒーミルと一緒にあるといいもの

先日、お客さんからコーヒーミルの相談を受けました。 しかしです、そのお

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑