*

単品とブレンドの良さ、そして違いは何か

公開日: : coffee

あまり音楽に詳しくない僕が言うのは何ですが、一人で歌うのは独唱=ソロで、二人ならデュエット、三人ならトリオで、四人ならクァルテット、独唱、二重唱、三重唱、四重唱となるわけですよね。

 

これをコーヒーで言うと、
コロンビアの単品だけを楽しむなら独唱といった感じ。
コロンビアとグァテマラのブレンドを楽しむなら、二重唱=デュエットになり、
コロンビアとグァテマラとマンデリンのブレンドを楽しむなら、三重唱=トリオになる。

 

コーヒーの単品とブレンドを歌に例えると、こんな感じです。

 

ソロにはソロの魅力がありますが、デュエット、トリオ、それらはその重なった音の魅力があるわけです。

 

どっちがいいというわけではありませんよね、どちらも素晴らしい音楽であり、どちらも素晴らしいコーヒーであるわけです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

更に深く味わいを楽しむなら

 

夏の終わりのハーモニー という歌をご存じでしょうか。

 

井上陽水と安全地帯のデュエットで、とても素晴らしい歌ですね、ご存じの方も多いはず。

 

この歌を聴く前に、聴いてからでも、井上陽水と安全地帯のそれぞれの歌唱力を知ると、どうでしょうか。
またその人達の歌う歌が、どんな歌を歌っているのかを知ると、どうでしょうか。

 

このデュエットは、更に深く面白くなりますよね。

 

そして更に安全地帯がデビュー前、井上陽水のバックバンドとして活躍していた、という物語が加味されれば、どうでしょうか。
ストーリーとしても厚みを増し、面白くなりますよね。

 

これを同じようにブレンドに当てはめたとき、ブレンドは相乗効果で、更に味を美味しくできることがわかりますよね。

 

単品はその素直な持ち味を、ブレンドは相乗効果を、楽しむもの

 

単品はその味わいを楽しみ、ブレンドはその相乗効果を楽しむ。

 

以前、お客さんと話していてなるほどなぁ、と思ったことです。

 

特選ブレンド四季を飲まれるお客さまで、たまには違うのをと言われましたので、深焙煎のコロンビアをオススメしました。

 

その特選ブレンド四季は、深焙煎のグァテマラ60%とコロンビア40%で構成されています。

 

でコロンビアの単品を飲む事で、その特選ブレンド四季の味わいをもっと深く知ることができた、と言われていました。

 

グァテマラは時々飲んでおられたので、今回、その好きなブレンドに入る2つの単品を知ることで、よりそのブレンドの楽しみを知ることができた、ということなのですね。

 

どうして、このブレンドが美味しいと思うのか、好きと思うのか。
それを知るために、その中に入る単品を1つずつ理解していくのも、また楽しいことかもしれませんね。

 

歌や音楽のように、ブレンドも重なることで、様々なハーモニーが生まれます。

 

夏の終わりのハーモニーを聞きながら、ブレンドコーヒーのハーモニーを口の中でを楽しむのもいいんじゃないでしょうか。

 

早く夏の終わりになり、コーヒーが更に美味しいと思う季節へ移ろいでもらいたいですね、それでは今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

世界で唯一のあなたギフト、そんなご提案です。

プロローグ 先日、何気なくコーヒーシロップのラベルを貼っていました。 島珈琲オリジナル・コー

記事を読む

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲館でアルバイトを始めてから。

記事を読む

ギフト ギフト ギフト

 今年はありがたいことにギフトのご注文をたくさん頂いております 小学生のころ 折り紙は大嫌

記事を読む

コーヒーポット(ドリップ用のポット)の選び方3つのポイント

プロローグ 昨日、お客さまからコーヒーをドリップするときに使うポット。これを選ぶときに何を気をつけ

記事を読む

短パンフェス 野外フェスでカップコーヒー販売して気づいたこと

まずご連絡を。 実は短パンフェスがスタートする直前、コーヒーのテストをしておこうと思い自分の飲むコー

記事を読む

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。

記事を読む

コーヒー豆を購入するとき、専門店で粉にしてもらった方が美味しいの?

今回は前回のブログ記事の続きのような内容になります。   昨晩は休肝デーでした

記事を読む

職人としての大切な心

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある けども 焙煎機がどうだ とか ダンパーの使い

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
テレビゲームが教えてくれたこと

今日は祝日ですが、高槻店はお休みです。 以前は祝日の月曜日は営業してい

リレーアタック防止には玄関にブリキ缶

僕の仕事用の車は、鍵です。 ドアを開けるのも鍵、エンジンをかけるのも鍵

やらな、わからへん

やってみないとわからない、標準語にしたらこうなるでしょうか。 やらなわ

迷ったら迷った味わいになる

これは自分の経験を通してわかったことですので、確信を持って言えることで

誰に向かって発信しているのか

今朝、わざわざ関東からコーヒー豆屋さんを経営されている方が、高槻店へお

→もっと見る

PAGE TOP ↑