*

単品とブレンドの良さ、そして違いは何か

公開日: : coffee

あまり音楽に詳しくない僕が言うのは何ですが、一人で歌うのは独唱=ソロで、二人ならデュエット、三人ならトリオで、四人ならクァルテット、独唱、二重唱、三重唱、四重唱となるわけですよね。

 

これをコーヒーで言うと、
コロンビアの単品だけを楽しむなら独唱といった感じ。
コロンビアとグァテマラのブレンドを楽しむなら、二重唱=デュエットになり、
コロンビアとグァテマラとマンデリンのブレンドを楽しむなら、三重唱=トリオになる。

 

コーヒーの単品とブレンドを歌に例えると、こんな感じです。

 

ソロにはソロの魅力がありますが、デュエット、トリオ、それらはその重なった音の魅力があるわけです。

 

どっちがいいというわけではありませんよね、どちらも素晴らしい音楽であり、どちらも素晴らしいコーヒーであるわけです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

更に深く味わいを楽しむなら

 

夏の終わりのハーモニー という歌をご存じでしょうか。

 

井上陽水と安全地帯のデュエットで、とても素晴らしい歌ですね、ご存じの方も多いはず。

 

この歌を聴く前に、聴いてからでも、井上陽水と安全地帯のそれぞれの歌唱力を知ると、どうでしょうか。
またその人達の歌う歌が、どんな歌を歌っているのかを知ると、どうでしょうか。

 

このデュエットは、更に深く面白くなりますよね。

 

そして更に安全地帯がデビュー前、井上陽水のバックバンドとして活躍していた、という物語が加味されれば、どうでしょうか。
ストーリーとしても厚みを増し、面白くなりますよね。

 

これを同じようにブレンドに当てはめたとき、ブレンドは相乗効果で、更に味を美味しくできることがわかりますよね。

 

単品はその素直な持ち味を、ブレンドは相乗効果を、楽しむもの

 

単品はその味わいを楽しみ、ブレンドはその相乗効果を楽しむ。

 

以前、お客さんと話していてなるほどなぁ、と思ったことです。

 

特選ブレンド四季を飲まれるお客さまで、たまには違うのをと言われましたので、深焙煎のコロンビアをオススメしました。

 

その特選ブレンド四季は、深焙煎のグァテマラ60%とコロンビア40%で構成されています。

 

でコロンビアの単品を飲む事で、その特選ブレンド四季の味わいをもっと深く知ることができた、と言われていました。

 

グァテマラは時々飲んでおられたので、今回、その好きなブレンドに入る2つの単品を知ることで、よりそのブレンドの楽しみを知ることができた、ということなのですね。

 

どうして、このブレンドが美味しいと思うのか、好きと思うのか。
それを知るために、その中に入る単品を1つずつ理解していくのも、また楽しいことかもしれませんね。

 

歌や音楽のように、ブレンドも重なることで、様々なハーモニーが生まれます。

 

夏の終わりのハーモニーを聞きながら、ブレンドコーヒーのハーモニーを口の中でを楽しむのもいいんじゃないでしょうか。

 

早く夏の終わりになり、コーヒーが更に美味しいと思う季節へ移ろいでもらいたいですね、それでは今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エスプレッソの超極細挽きの粉をペーパードリップした結果

最近の僕のブログを書くパターンとして、序破急の3部構成で序はここの始まりのパートになるわけですが、日

記事を読む

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

一刀両断できない!切っても切れないコーヒーと水の関係

プロローグ コーヒーと水は切っても切れない関係です。 水に流して・・・と言いますが、コーヒーはそ

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

お客様にとんでもないドリップの秘密兵器を教えてもらいました!

ブログネタどうしようかなぁーと、悩んでいたタイミングにお客様が御来店。 コーヒー豆を渡した時に、お

記事を読む

スタートライン

 昨日 デザイナーさんと一緒にからっぽになった新店でプランを見せてもらいまして あれやこれ

記事を読む

四季による味わいのズレ ブレンドの修正はどうやってるの?

コーヒー豆の配達へ。   ご近所のカフェやレストランには、出来る範囲でですが、

記事を読む

無糖 無糖 無糖!!

さて 今季2度目のコーヒーシロップ無糖の新ロットが明日到着しますそうです 4倍の牛乳で割るととても美

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑