*

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ

と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で
「3人がそれぞれドリップしているんですけど、微妙に味が3人とも違うんですね、どうしたらいいでしょうか?」
という内容のものでした。

 

そこで僕が答えたことを今日は記事にしたいと思います。どちらかというとお店をされている方向けの記事かもしれませんね。

IMG_4147

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

味は一緒にならないといけないか?

常に味は一緒にならないといけないのか、というこの考え方はお店によって違いますので、あくまでも僕の考え方を記事にします。
僕は大きくぶれない限りは、いつも同じ味でなくて良いと思っています。この大きくぶれない範囲、これを味のストライクゾーンと例えると広いのか、狭いのか、で そのお店や人の方針が決まると思うです。

 

そのストライクゾーンが狭ければ狭いほどプロ中のプロになると思います。でもそれはほんとに味の観察が必要になります。日本には四季があって四季によって感じ方も違うし、体調によっても味のとらえ方は微妙に変化します。

 

それを突き詰めるのもいいと思いますが、でもそれがお客様にとってほんとの喜びでしょうか?
そこを追求しすぎるあまり、お客様をないがしろにして研究に没頭するが如く、同じ味を求めるのはちょっと違うように思います。

 

あくまでも個人店の話です

大手のように研究機関があるわけでなく、個人店では一つのことに没頭できるほどの時間はなかなかなく、日常いろいろな業務に追われ多忙になります。同じ味を再現しすぎることに夢中になって、悩み、ノイローゼ的になることもあります。僕が一時そうでした。

 

味が悪いからお客さんがこないんだ。なんて悩んだワケで、でもそうじゃない。味のことにとらわれすぎて、お客さまがほんとにしてもらいたいことをきちんとできていなかったんですね。
悩んでいるから、お客様に笑顔でいられなかったり・・・。

 

エピローグ

味のブレ幅がそんなに大きくなければという条件でですが、同じ味でなくても、むしろそれぞれの味の違いを楽しんでください!とお客様にお伝えして楽しんでもらえばいいと思います。

 

そんなこんなで、今日は朝から忙しくちょっと雑な記事になってしまいましたが、(ごめんなさい)同じ味でないことを楽しむことが大事じゃないかなぁ、味も一期一会なんだと思う、僕でした。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

僕のフェイスブックのコメント欄に、タイトルのような質問をお受けしましたので、今回はこのテーマ、コーヒ

記事を読む

アイスコーヒーを作るのは、急冷か、時間をかけて冷やすのか、どっちがどっち?

現在、お店のいろんな契約が個人名義になっているので、法人の名義に変更するため、悪戦苦闘している、いや

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

蒸らしを終わらせるタイミングとは

ここ数回、蒸らしに関係するブログが多いような気がしております。 ではおさらい、「蒸らし」とは何か。

記事を読む

電動ミル 家庭用と業務用、何がちがうの?

今秋10月1日にオープンする セレクトショップ&カフェ テマヒマさん。 こちらでは、島珈琲

記事を読む

エスプレッソの超細挽きの粉でドリップした結果

プロローグ エスプレッソは超細挽きのコーヒーの粉を使い、マシンですと30秒くらいで60CCの濃いコ

記事を読む

no image

4月9日

 無添加コーヒーシロップ 無糖バージョン 4月9日 発売予定 こうご期待! (すみません 

記事を読む

コーヒーはどの温度で飲むと1番美味しいのか?

プロローグ コーヒーのことを書いていますが、たまに前に書いたようなことを改めて書いている事もあると

記事を読む

なぜコーヒー屋さんは、インスタントコーヒーを飲まないのか

プロローグ なぜ、コーヒー屋さんはインスタントコーヒーを飲まないのか?と、コーヒー屋さんと大きいく

記事を読む

焙煎度合いの異なる同銘柄のコーヒーを飲み比べると、違いがわかる

昨晩テレビを見ていました。 それはアメリカの不動産の女王が、女王まで登りつめ、そして転落していくス

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑