*

アイスコーヒーを濃い味にしたい時の3つのポイント

プロローグ

さて、関西は梅雨明けし本格的な夏、本格的なアイスコーヒーの季節を迎えました。
ボンジュール マドマァゼル 暑い時はアイスコーヒーですか?実は僕は暑い時でも(クーラーがかかっている場所に限るけど)ホットコーヒーが好きなんですね。

 

近年、夏が暑すぎるのでそういう方も増えている傾向ですが、でもやっぱり暑い時はカキーンと冷えたアイスコーヒーでクールダウンしたいですよね。

 

どんな食べ物、飲み物でもそうですが、常温を下回る温度だとだんだん味がぼけてきます、ですから冷えたときに味をしっかりするためには、常温で口にしたときよりも濃い味にしておかないと、薄い味になってしまいます。

 

アイスクリームが溶けて常温になったときに口にしたら、めっちゃ甘くて濃いでしょ。その理屈です。

では、今日はアイスコーヒーを濃い味にしたい人のために3つのポイントを書きたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

3つのポイントとは

アイスコーヒーの味をいつもより濃い味にしたい時に、この3つがポイントになります。
1,いつもより粉の挽き具合を細かくする。
2,粉の量を1.5倍から2倍にしてみる。
3,ドリップするときのスピードをめちゃめちゃゆっくりにしてみる。

 

では、それぞれの説明です。
コーヒー豆を粉にするとき、粗挽き、中挽き、細挽きなどという言葉を聞くと思いますが、同じ分量を使ったとして味を比べると、粗挽き=さっぱり 中挽き=ちょうどよい 細挽き=濃い味 というのが一般的な見解です。

 

アイスコーヒーは冷めたときにカツンと味がきた方が、特に暑い時は美味しく感じるので、できれば細挽きにするのがオススメです。味が濃くなるのがメリットです。デメリットは細挽きにすると、出て欲しくない味がでたり、角の立つ味になったりしますが、そこはあまり気にならないかと思います。

 

ただし気をつけてもらいたいのが、コーヒーメーカーなどで作る場合、細挽きにするとお湯が粉を通るスピードが遅くなります。粉が細かくなった分だけ抵抗ができてしいます。コーヒーメーカーはある一定の間合いでお湯が落ちるようになっていますので、細かく挽きすぎるとスピードについて行けず、機械から溢れることがあるので、気をつけてくださいね。

 

続いて

2については粉を増やせば単純に味も濃くなりますので説明はいらないと思いますが、ただじゃっかん不経済なやり方なので、コストパフォーマンスのこと考えれば、細挽きにする方がよいかなぁと思います。

 

3については、ペパードリップやネルドリップなどで出来る方法です。お湯をコーヒーポットから点滴のように出して、ドリップする方法です。これについては次回の記事に詳しく書きますね。

 

ゆっくりドリップすることにより、ある程度時間かけて味を抽出し、濃いコーヒーを作るという技術です。

 

IMG_4145

 

エピローグ

この3つの方法でアイスコーヒーは今までより濃い味にすることができます。
アイスコーヒーの豆をお店で挽いてもらう場合、マスターや店員さんと相談して、細挽きにして欲しいこと伝えればしてくれると思いますので、是非参考にしてくださいね。では、また!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

予算5000円!オススメのコーヒードリップポットはどれ

プロローグ 先日、スコットブレンドのご注文を頂きました、山形県米沢 小野川温泉 鈴の宿 登府屋旅館

記事を読む

職人として あるべき心を考えた

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている と感じているのは僕だけでしょうか? 高槻店にくる

記事を読む

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コー

記事を読む

リキッドアイスコーヒーを開栓後1ヶ月保存した結果

プロローグ 晩ご飯が終わった後、帰りが早いとき三歳の娘は起きているので、娘と遊んでいます。 娘は

記事を読む

コーヒーの真実

前から読みたかった本 先日 紀伊国屋書店で目にして 迷わず購入しました 読みたい読みたいと思いな

記事を読む

陶器とプラスチック どっちのドリッパーがどうなのか?

次の月曜日は奥さんの誕生日です。 奥さんの大好きな焼き肉を御馳走しようと思ってます。 &nb

記事を読む

マンデリンというインドネシアのコーヒーの魅力

先日、島珈琲を見て頂いている税理士さんが、コーヒー豆を買いに来られてので、ついでにいろいろとお話をし

記事を読む

たくさん たくさん ありがとう!

 日記もブログも長いことお休みをしておりました 22日から通常通りになったカフェBeも お

記事を読む

高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。     マグカップは、通常の

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法と

コーヒーミルと一緒にあるといいもの

先日、お客さんからコーヒーミルの相談を受けました。 しかしです、そのお

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑