*

エビのロブスターではなく、コーヒーのロブスタのお話

プロローグ

先日、家族三人でお出かけしまして、ショッピングモールでお買い物。娘が歩き回るのに疲れベビーカーで眠ったころ、夫婦の休憩タイム。ある外資系のオシャレなチェーン店でアイスコーヒーを飲みました。

 

コーヒー屋をしていると残念なことに素直に味わうことができず 笑 そのアイスコーヒーを一口飲んでから色々と考える。これは間違いなく、あのコーヒーが入っているな などと。

 

たぶん食の職人をされている方は、どこか外食しているときはついつい色々見て考えてしまうと思います。この接客はいかがなものか?この接客素晴らしいなぁ~ 素敵やなぁとか。味付けは?盛りつけは?
僕は楽しいからいいんだけど、嫁さんはどう思ってんだろ?あはは

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ロブスターではなく、ロブスタ種というコーヒーの品種の話

ロブスタ種とアラビカ種というのが、日本で流通しているコーヒーの品種です。高品質コーヒーと呼ばれるコーヒーはたいていアラビカ種です。ロブスタ種というのは耐病性があって、生産しやすい低地で(高品質コーヒーは高地で栽培のコストがかかる)大量生産がしやすいことから、アラビカ種よりくらべ価格が安いです。

 

味はというと、どっしりと重く、独特のコクと苦味があり、アラビカ種と比べる味のレベルは落ち、ロブスタ種単体で飲む事はあまり機会がないと思われます。たいていアラビカ種とブレンドして使われているのが一般的です。

 

ロブスタの役割とは

豆の値段がアラビカ種より低価格のため、アラビカ種とブレンドしてコストダウンをはかる手段として、よく使われます。

夏場ですと大手が流通しているリキッドアイスコーヒー、缶コーヒーにはだいたい入っていると思われます。味わいを僕の表現ですると、ロブスタ種がブレンドされていると、舌にピリピリする刺激を感じ、後味に違和感が残ります。(慣れないと分かりにくいです)

 

特に女性にはあまり受けない味と感じてます。で、先ほど上に書いたチェーン店でもそのロブスタの味がしたんですね。

 

で、この記事で何が言いたいのかというと、大手コンビニチェーン店はのいくつかはこのロブスタ種を使っていないと僕は察してます。コンビニ100円コーヒー、美味しくなりましたよね。マクドナルドのプレミアムコーヒーの味が一新したときの美味しさもちょっとびっくりしましたが、コンビニのコーヒーには驚きました。

コストダウンするためのロブスタ種を使っていないことに。本気だと。

 

エピローグ

コンビニの研究力はすごいなぁ と思いました。
ロブスタ種が当たり前に使われていた時代から変ろうとしています。お客さまのほうを見ているということですね。例に埋もれずロブスタ種も相場高騰で、ロブスタ種を使用している大手メーカーはコスト面で悲鳴をあげていると聞きました。

 

コーヒー業界も確実に、生産社サイド主導のプロダクトアウトから、顧客志向のマーケットイン つまりお客さま主導の商品 に変化していることに改めて気づきました。

ただしコーヒー業界外からの参入してきたグループ企業から、気づかされるのはなんかヘンな感じがしましたが・・・笑

 

嫁さんと団らんしながら飲んだアイスコーヒーに、大手流通の変化と時代の変化を感じ、色々考えてしまいました。嫁さんに何度か「話聞いてる?」と叱られながら・・・笑

そんなロブスタ種のお話でした。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーパワーアップ大作戦

 来る11月16日 神戸 マツモトコーヒーさんでおこなわれる エスプレッソセミナーに出席し

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

味覚は皆一緒? 実は性別年齢別に味の好みは違うんです

大阪は心地良い天気で行楽日和 自転車で来る道は風が気持ち良く 今朝の焙煎も気持ち良くはかどりました 

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

薫るアイスコーヒーを作ろう!

プロローグ アイスコーヒーが薫るというと、「ん?」ってなりますよね。 コーヒーの香りはどちらかと

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

スコットブレンド ザ ドリップバッグ準備ができました!

準備を進めていた、マーケティングの師匠 藤村正宏先生公認のブレンド、スコットブレンドのドリップバッグ

記事を読む

進化するカップコーヒー

昨日は久しぶりの休日。 朝はゆっくりめに起きて、それから娘と公園へ。   幼稚園のお友達も

記事を読む

家庭用コーヒーミルの掃除に持っておきたい2つの道具

プロローグ 最近、おうちでコーヒーを淹れる方が、ちょっとずつ増加しているような傾向を肌で感じていま

記事を読む

コーヒー好きな人にコーヒーギフトを贈りたい時に考えること

コーヒーが好きな人は多いはずです。   いわば現在はお茶というのが、コーヒーの代名詞になる

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっ

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマ

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒー

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑