*

知ってますか?焙煎したてのコーヒー豆は100%の力でないことを

プロローグ

先日、ブログを見てくれたギャラクシーブックの担当者さんが商業出版で本を出しませんか?というお誘いというか、営業というか、どっちかわかんないけどもありまして、先日審査がありました。

 

最初、電話口では担当者Aさんがとっても暗い声だったので、「これはあかんかったな」と僕は予感し、話を聞きながら、これをどうネタに置き換えるかを考え出した頃、突然、踵を返して「オッケーでした!」と。

 

役者やなぁー。もう。
ということで、コーヒーの本を出版することになりそうです。制作は1年から1年半、ですから途中で僕が挫折しないことが出版する条件となりますね。笑

 

どんな本が出来上がるのか?とにかく楽しんでもらえるものにしたいので、楽しく取り組みたいと思います。
あっ本業には影響がでないように頑張りますね。その経過もまたブログやフェイスブックにアップしますので、見てください。

 

もしよければ僕のフェイスブック 島規之をフォローしてくださいねー♪ ↓↓記事の最後にあります↓↓
こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。

 

さて本題です

前置きが長かったですね。焙煎したてのコーヒー豆は100%の力ではない ということはどういうことなのか?
コーヒーを焙煎します。それをすぐ飲むのは鮮度での話で言うと、もう抜群にいいですよね。焼きたてですから。(※コーヒー豆を焙煎することを時として、コーヒー豆を焼くと表現することがあります。)

 

ですけども、味が若いんです。お野菜でも畑から採ってきてすぐよりも、ちょっと寝かした方が美味しいのと同じで、コーヒーにも同じ事がいえるんですね。

 

IMG_4365

 

じゃあ いつからが100%なのか?

焙煎して1日目は味が若いので、本来の持ち味が分かりにくいです。だいたい2日目からググッとパワーが出始めます。香り、味に力があるのは焙煎してから2日目、3日目からでしょうか。そこから少し横ばいが続き、日にちとともに右に少しずつ下がっていくような感じです。

 

これはプロの話になってしまいますが、焙煎方法で日持ちは短期間ですが味と香りをグッと引き出す方法があります。逆に日持ちさせるために味や香りを緩やかに引き出す方法もあります。

島珈琲はコーヒー豆の販売がメインで、家でコーヒーを愉しむお客さまのためにできるだけ日持ちのよい焙煎方法を選んでいます。

 

エピローグ

焙煎したてのコーヒーを購入した場合は、1日目はあまり味の個性が明確ではありません。2日目になるとグッとでてきます。そこを意識するとコーヒーが面白くなりますよー。島珈琲でそれを試してみたいと思うお客さまはぜひお声かけください。当日、焙煎したコーヒーをお渡ししますよー♪

 

というお話でした。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之
 

出版までの道のりを一緒に愉しみたい方は(笑)ぜひフェイスブックもフォローしてくださいね♪
https://www.facebook.com/shimacoffee

 

Facebook2

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

なぜ今? お正月休みのお知らせ

高槻店をご存じの方は 高槻店をお正月営業をする意味をもうご存じだと思いますそうです 日本で二番目に古

記事を読む

心に残る

 名付けて 心に残るコーヒー教室恋に落ちるように コーヒーに落ちる 知っ得講座月一のコーヒ

記事を読む

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースへ。 &n

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

アレンジコーヒーとは何?

明後日、月曜日もカフェBeにて通しで勤務します。   10時から18時、スタッ

記事を読む

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

お待たせしました コーヒーシロップ 無糖!

 お待たせしました コーヒーシロップ&カフェラテ小町 無糖バージョン 明日から販売

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑