*

もうすぐ新しいマンデリンに入れ替わります

公開日: : coffee

昨晩、ご飯が終わった後、家族でテレビを観ることになりました。
テレビの主導権は娘にあるので、昨日はプリキュアを一緒に。

 

適当なところでお風呂に入りに行き、上がると娘がカミさんに隠れて顔を見せません。
かくれんぼしているのかと思いきや、プリキュアの感動シーンで泣いてしまったようで、その顔を見せたくなくて隠れたそうなのです。

 

可愛いね。
感受性が高い、ということはいいことだ。
と思いつつ、大人になってもその感性を持っていて欲しいなぁなんて思ったり。

 

僕も特にお酒が入ると、感動もんでボロボロ泣いてしまう方なのです。笑
さて。

 

新しいマンデリンに変わりますよーという今回の内容、とマンデリンにというコーヒーについて。

 

 

マンデリンはタノバタックという銘柄を使用しています

 

マンデリンはインドネシア、スマトラ島が原産地。
マンデリンと言わず、スマトラとも呼ぶ方もおられます。

 

マンデリンは独自の精製法で、その精製法が個性的な味わいを醸し出しているのですね。
インドネシアの気候特性から、その精製法が確立したのですが、他の生産国ではそれはやらない方法なのですね。

 

別名スマトラウォッシュドとも呼ばれる精製法があり、それが独特の味わいを作り出しています。
味わいもそうですが、原材料の豆、生豆ですね、この色も通常のものとは違い深い緑をしており、そして焙煎する前の生豆の状態でも独特な香りを持っているのです。

 

島珈琲では、このマンデリンを深煎り=深焙煎にしてラインナップに並んでおります。

 

昔はマンデリンはどちらかというと、庶民のコーヒー的な感じでしたが、今では高級コーヒーとなり、いい素材が手に入りにくくなっている状況です。

 

しかし、島珈琲では商社さんが素晴らしいマンデリンを輸入してくださっているので、お客さんに美味しいマンデリンをお届けできております。

 

そのマンデリンが入れ替わります

 

といっても、当年もののクロップに変わるだけで、特にすごい変わりようがあるわけではありません。

 

良いコーヒーを安定してお届けするため、入れ替わっても味わいはいつもとほとんど変わりありません。
良いコーヒーを手に入れるには、パートナーシップが大事で、継続した取引が大事なのですね。

 

お互いの信頼関係があって、安定した味わいをお届けできるのです。
味わいが変わることも楽しいのですが、すると安定した味わいがお届けできなくなります。
いつもと変わらないことをお届けすることは簡単ではありません。

 

なので、入れ替わると言ってもその期待させるようなことではございませんが、いつもの美味しいを今回もお届けします、ということをお伝えしてこの回終わらせてもらいますね。

 

持ち味をしっかり引き出して、焙煎します!
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

自分で言うのはなんですが・・・

最近 格段に島珈琲高槻店のエスプレッソが美味しくなったと思っているダラコルテというイタリアのメーカー

記事を読む

超コーヒー引力の法則

準備が整いました! 昨日は無添加コーヒーシロップ(カフェオレベース)の焙煎を終え 今日はバックシー

記事を読む

コンビニコーヒーとハンバーガーチェーン店のコーヒーを飲み比べて思ふこと

研究しているわけではないのですが、ふとコーヒーが飲みたくなればコンビニなどで飲むようになりました。

記事を読む

今年はコーヒー豆の当たり年?ブレンドの味わいの調整のお話

さて、金曜日は奥さんお休みで一人営業の日です、ワンオペ。   岡町本店でのお話

記事を読む

コーヒーをドリップするのに時間はどれくらいがよいのかな

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEEは昨日締め切られ3日間で沢山のオ

記事を読む

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、スタッフの6月のシフトを作成し

記事を読む

コーヒー豆を冷凍保存にするときに注意すること

前号では東京での短パンコーヒーツアーのブログを書きました。   ほんとにね、や

記事を読む

手回しミルはじめたい方必見!手挽きミルのすすめ

プロローグ お客様に相談されてお話した事なんですが、もう一度きちんと説明したくて記事にしました。

記事を読む

お肉を焼くのにアミかフライパンかで味が変わるように、実はコーヒー焙煎もかわる

6月16日火曜日・6月17日水曜日は高槻店臨時休業させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

記事を読む

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ モカ、キリマンジャロ。 どちらも大抵の方は知っていると思います。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
「美味しい」と「楽しい」は直結している

昨晩は家族でたこ焼きパーティでした。 新調したたこ焼き器、キレイな球に

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけな

おうちコーヒーで、これはあって欲しい道具

朝6時に起床し高槻店へ行き、そして車に荷物を積んで岡町本店へ。 岡町本

完璧を目指さない

島珈琲には高槻店と岡町本店にそれぞれ焙煎機があり、2台所有しています。

職人さんの芸術的技術に触れる

本日も昨日に続き、店前の屋根の修繕工事をしています。雨が長く降ると、壁

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑