*

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

公開日: : 最終更新日:2017/10/08 coffee, 焙煎アーティスト , ,

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。
あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分が香りによって鮮明に蘇ること。

 

香りではなかったのですが、先日お客さんに「ちょっとお尋ねてしていいですか?」とお話を聞いていて、あの時のハワイ島で過ごしたコーヒー農園のことが頭に蘇りました、ハイビスカスの香りと一緒に。

 

尋ねた方は女性でまだ若く、これから中米にコーヒー農園へ農業体験に行くことになった方からでした。
歳は30になってなく、単身で行くのだと。

 

それでインターネットで調べ、コーヒー農園で働いたことのある僕にアドバイスが欲しい、とのことで島珈琲に御来店。

女性一人で大丈夫?僕が親ならかなり心配するけどなぁ、なんて言いながら、ハワイ島で過ごし働いたことを手短にお話しました。

 

何が大変だったって、農業に関わったことのない人が急に農業の仕事をすると、その大変さに驚くことになります。

なんせ自然が相手ですからね。

 

僕がコーヒー農園でした仕事は、草刈り、草抜き、農薬散布(コーヒーにではない)、木のカット、コーヒーの木のプルーニング 剪定ですね、コーヒーの実の採取、コーヒーの実の精製、そして犬の散歩、でしょうか。

 

02

 

写真はコーヒーの実を取っているところです、とにかく何をするにも最初は上手く行かなかったのを今でも覚えています。

僕がいたハワイ島のコハラというところは風が強く吹く地域で、雨も多く、コーヒー豆を乾燥するときは雨に濡らしてはいけないので、天気が急に変わって大丈夫な様にシートを用意していたり、そして天気を予測する勘を磨きました。

 

あとは言葉ですね。
仕事はメキシコ人やフィリピン人と一緒にしていて、一応英語でやりとりしますが、フィリピン人はなまりが強くて聞き取りにくかったことを覚えてます。

 

僕は英語がわかってなかったので(笑)、フィリピン人の方も分かってない方が多く、分かってないものどおしでやり取りしていたことを思いだして、ちょっと笑ってしまいました。

 

コスタリカはスペイン語。
スペイン語はわかるのですか?とその女性に尋ねると、笑いながら「いいえ」と。

 

行きたい気持ちが先走り、行動の方が早いという、すごい女性だなぁ、と思いながらそんなことを伝えていました。

 

行ってなにが変わりましたか?と女性が。

世界が広がりましたね、と僕。

 

なぜ農園に行ったのですか?

コーヒーの一からを知りたかったし、そこにどんな大変さがあるのか知りたかったから。
その経験は、今でもほんとに僕の宝物です。

 

大変、役に立つことを今日はありがとうございます、と女性はお店を後にされました。
そうそう出来る体験ではないので、しっかり楽しんできて下さいね、とその背中にお声をおかけしました。

 

怪我などなく、無事に楽しく過ごせたらいいなぁ。

話をしながら、そんなハワイ島でのコーヒー農園体験をもう一度思いだし噛みしめながら、少し浸る僕でした。

 

さぁ、あの芸能人のTANPAN COFFEE 試作がんばろ!

 

コーヒーでハッピーな時間を!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

これからのコーヒーの需要と供給を考えた

基本的に店頭のお客さんでの会話のやりとりは、まずは天候のお話からです。 無難なところから話を弾ませて

記事を読む

コーヒーポット(ドリップ用のポット)の選び方3つのポイント

プロローグ 昨日、お客さまからコーヒーをドリップするときに使うポット。これを選ぶときに何を気をつけ

記事を読む

ペーパーフィルター、僕は湿らす派です

先日、岡町本店の暖簾を作るのに高槻店の常連さんと、打ち合わせをしました。 京都の風呂敷の老舗会社にお

記事を読む

アイスコーヒーの豆は細挽きに

今朝は娘と起床が一緒でした。 少し早めに起きた娘、自分から起きてきたのでシャキシャキしておりました。

記事を読む

コーヒー焙煎とは、焦がしているのではないというお話

上手に焼き魚を焼くお店のそれは、焦げが付いていない。   僕は「ぶりかまの塩焼

記事を読む

しまこーひーブレンド倶楽部 ブレンド風の味わいについて

明日10月23日木曜日は臨時休業致します! こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 明

記事を読む

岡町本店にある2台のコーヒーミル

昨晩は家に帰るのが少し遅くなったのですが、皆の晩御飯はまだだったので、家族全員で食卓を囲みました。

記事を読む

コーヒーの価格高騰に対して、ブレンド力をつけて解決することにした

プロローグ おりしも、コーヒーブームである。と、なんだか偉そうなくだりで入ってみた。笑 サードウ

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

フルーティなアイスコーヒーって何がフルーティなのか?

プロローグ 去年から販売し始めた島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー 「フルーティなアイスコー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
言い訳はすればその失敗はどんどんと目立ってしまう

本日、月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日。 今日はバイクの定期点検へい

次期グァテマラのサンプルが到着しました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まして10時までに

何事も経験

今日もお店の方がバタバタで、急ピッチで本日のブログも作成いたします。

パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑