*

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

IMG_3828

 

今朝のツィートはこんなのでした

 

当然ながら初めから納得いくコーヒーを焙煎できたわけではありません 一番初めは「煎っ太郎」という小型焙煎機を自分の飲む分のコーヒーを家で焙煎しながら あーでもない こーでもない なんて練習していました

今でもまだまだ上に行けるはず と思いながら その1回1回のためにいろんな事を考え コーヒー焙煎をトライしています

 

ストライクを取るためにはまずボールの投げ方を覚え練習し 次にストライクを取るために技術を磨く 直球でしかストライクをとれなかったのが 次第に変化球も使えるようになる
そのうちイレギュラーな出来事があっても冷静に対応できるようになる

 

でもそれは練習を重ねているからこそできるもの

繰り返し反復する中で身体で覚え そして技になる
それが年輪となりひとつまた次に歳にひとつと増えてゆく

 

技を磨こうと思うとき 近道を探そうと思うことがナンセンスなのかな 歳を重ねてそんなことを思う
アマチュアから含めかれこれ20年近いコーヒー焙煎歴を持ちますが 正確無比なコントロールとはまだまだいきませんが 素材を見る力 それをコントロールする力もついてきた

やっぱり技術も絶え間ないコツコツと練習することなんだな

 

技術だけでなく経営もそう

 

年末が来て 振り返ってみると大きな出来事やホームラン級の成果はなかったけども シングルヒットや内野安打をコツコツと積み重ねてきたことは確かだ と底は胸を張って堂々と言うことができます もちろん三振もしてるけど 笑

 

でもまだまだ経営のことも勉強していかなあかん 技術と経営の二つの両輪の力があってはじめて動くもので どちらだけでなくバランスが大事

 

来年は経営を含めマーケティングの勉強と自分を磨く勉強 実践に向けた練習 もちろん美味しさを追求するどん欲なまでの技術への向上心を持って お客様に恩返しをしようと棚卸しの段取りをしながらそんなことを考えていました

 

今日が 岡町本店 今年最後の営業でした
日曜日・月曜日と多くのお客様とお会いでき また来年もお客様のためにがんばろう!と思いました
ありがとうございます!

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしコーヒーの水の量・粉の量 どんなもん?

水だしコーヒーの由来について。 オランダが植民地支配していたインドネシア。  

記事を読む

それでも、使って頂けるお客さんのために

高槻店の喫茶を縮小しようと考えております。 というのも、歳を重ねてくるとだんだんと身体がえらいという

記事を読む

ぼちぼちいこか

 明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します さて皆さん お正月はいか

記事を読む

おじいよ

  仕事をしているときは じいさんの形見の腕時計をしている とくにおしゃれでもないのだけど

記事を読む

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。 コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーがで

記事を読む

ドリップするときのお湯の細さ、太いとダメなの?

昨日は娘の幼稚園で夏祭りが開催された様子。 奥さまも準備の段階から手伝い、昨日が本番。 &n

記事を読む

ハンドボールじゃないよ ハンドピックだよ

プロローグ コーヒーはコーヒーノキの種子で、つまり農産物です。当然収穫の時には、未成熟の豆や、異物

記事を読む

来年の夏は水出しコーヒーパックだ!

岡町本店が日曜日だけの週一営業になるまえの話なのでもう9年くらいまえになるのですが水出しコーヒーパッ

記事を読む

社会貢献部 三本の矢

昨日はものすごいことに・・・ ブログの昨日だけのアクセス数がなんと 500オーバーになるという事件が

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

味わいつくりは煙突の先まで

連日、焙煎機のメンテナンスが続いております。   今までは一

香りの大切に 島珈琲は禁煙です

実はですね、僕は昔スモーカーでした。 岡町本店を開業した当時、たばこを

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑