*

コーヒーの美味しさと焙煎の技はどう関係あるのか

公開日: : 焙煎アーティスト

昨日はお休みで、午前中は障がい者支援施設とコラボするカフェBeで、月イチのミーティング。
それが終わると午後からは娘を連れて、家族で映画鑑賞へ。

 

インクレディブルファミリーを観に行ってきました。
前作を娘が何度も何度もテレビで見るので行こうとなり、娘も喜んで映画を観て、最後のエンディングでは音楽に身体を揺さぶりながら、ノリノリになっておりました。

 

やっぱいアメリカのエンターテイメントは「すごいなぁ」なんて思い感心しながら、最後まで観てました。

 

劇場予告では9月に封切りされる「散り椿」が流れており、主演の岡田君が殺陣(たて)を一瞬だけ観たのですが、その技がすごく、久しぶりにドキドキしました。

 

時代劇ファン、特に殺陣の技はファンにとってはたまらないシーンです。

 

 

9月に封切りしたら奥さんと一緒に観に行こうか、という話になっております。
いやぁ楽しみです。
昨日はしっかりと心の充電をしてきました、さぁ今週も愛情込めて焙煎ですよー。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーの美味しさと焙煎の技はどう関係あるのか

 

コーヒーはまず素材。
どこの国で、どこの産地で、どんなふうに栽培され、どんな愛情を注がれて育ってきたか。
それにより、どんな香味になったか。

 

まずコーヒーの美味しさはここからです。

 

その後、精製や輸送、倉庫での管理など様々なことが美味しさに関係し、そしてお店や工場にコーヒー生豆がやってきて、焙煎される、という流れです。

 

焙煎の後は、コーヒー豆の鮮度、それから粉砕、そしてドリップなどの淹れ方。
ここに書いただけでも、この数です、この数だけ美味しさに影響を与えるのがコーヒー、すごいデリケートでしょ。

 

その中の焙煎、焙煎の技とは何か、それがどう美味しさに影響しているのか。

 

焦がさない 生焼けにしない

 

コーヒーの焙煎は熱によって焦げを作っているわけではありません。
上手に火を通して、焦げないようにする技術。

 

焦げは、コーヒーの本来持つ苦味とは別に、舌や喉をさすような辛い感じの苦味を持たせてしまいます。

 

生焼け、というのはちゃんと火が入ってなくて、ちょっと生臭い感じの味わいがあるものです。
焦げも生焼けもコーヒー豆を目で見てわかるものではないので、やっかいです。

 

このような、焙煎した時にコーヒー豆に欠点がでないよう、上手に焙煎するのが焙煎の技術です。
火の通し方、焙煎の時間、熱の力、焙煎機の性能、などのバランスを取りながら、生焼けや焦げがないように、美味しく、そしてポテンシャルを引き出すのが、焙煎技術です。

 

焙煎の技術を上げるには、まず味覚を鍛えることから。
生焼けや焦げの味わいをしっかりと記憶し、自分の焙煎したコーヒーを何度も飲み直して、それらがないか確かめながら、技術を確認していくわけです。

 

ね、美味しいコーヒーになるまでの道のりって、デリケートでしょ。

 

家庭で飲むにはこんなことは知らなくていいことですが、でもそれが分かるとまた一段と美味しいコーヒーが愛おしくなるかなぁ、と思いました。

 

岡田君の光る太刀さばきの技を見て、そんな焙煎の技なるものを考えておりました。

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ながいネーミングってどうなの?

ついんスターさんと出会ったのは熊本に出張に行ったときでした ついんスターさんは熊本菊池で美味しいアイ

記事を読む

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。   いつも日々のパタ

記事を読む

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をしていて面白いなと思うことは、自分

記事を読む

コーヒー豆が焦げるって、どういうことなんやー!

昨晩、家に帰ると娘はリビングで寝ていました。 そのまま娘は朝まで夢の世界へ。  

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

島珈琲の美味しさは、焙煎機にも隠されている

美味しさとはトータルのモノで、たとえすごい原料を使って、すごい技術で美味しく出来たとしても、食べる環

記事を読む

お店を継続するのに日々意識していること

先日、お馴染みのお客さんが扁桃腺の手術をされて、その様子のお話を伺っておりました。 口の中からの手

記事を読む

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ 昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のよ

記事を読む

2年後のその後 売店をしたいなという戯言

つまらないことでイラッとした。 つまらないことでイラッとした自分に、更にイラッとした。 &n

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑