*

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。

 

 

 

エクスマのマーケティングの師匠 藤村正宏先生のつながりがご縁で、わざわざ高槻店に来てくださりました。
コーヒーの事いろいろお話したあと、Pansonicさんの商品のお話になり、島珈琲がなんと!ちょっとお手伝いすることになりそうなことに!

 

商品開発に協力するとかではないのですが、あの松下幸之助の松下電器が前身のPanasonicさんのお手伝いをできるなんて嬉しいですね。

 

このことを島珈琲ファンの方も喜んでくれると思いましたので、当然快くお引き受け致しました。

 

いやぁどうなるだろ、楽しみだなぁ。
またこちらのブログでもご報告しますね。

 

Pansonicの荒川さん、ありがとうございます!よろしくお願いいたします。

こんにちは  焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

僕でもミスします

コーヒーの焙煎をやり始めて、もう20年くらいか以上になる僕ですが、たまにミスします。

 

ほんとに年に数えるくらいしかありませんが、20年以上携わっていても完璧ではないのですね。
操作ミスをしたり。

 

今朝はコーヒー生豆を計量しているときに、考え事していて計量しているところに、もうちょっと足りないからと、別の銘柄の豆を入れてしまいました。

 

マンデリンのコーヒー生豆に、グァテマラのコーヒー生豆を間違って入れてしまったのですが、幸い、豆の色のが全然違うので、あっ!と、直ぐに違うことに気づきました。

 

直ぐにその部分を取り、パレットに並べて手選別でマンデリンの豆、グァテマラの豆を選別しました。
ミスをしたときは気が動転してしまいますが、まず落ち着くこと大事ですね。

 

失敗を重ねてきたから、失敗に強くなる

過去にも何度も失敗をしてきました。

 

失敗したときに大事なのは、まず落ち着くこと。
そして最善の解決策をまず考える事。

 

誰だって失敗するのですが、失敗したのあとの対処方が差を生むのだと思います。
極度に失敗を恐れれば、失敗はしないけどもダイナミックな結果にはならないですよね。

 

大丈夫です、失敗を重ねれば、だんだんと失敗に強くなりますから、ほんとに。
僕がそうでしたから。

 

僕みたいな小さなお店、自営業なんかは小さいミスでも経営に打撃を与えてしまいますが、それも必然なことなんだと思います。

 

今のそのミスは、これからのミスしない方法とミスへの対処方法を教えてくれます。

 

ミスしたらミスに向き合うこと大事ですよね。
今回は久しぶりの焙煎ミスから学び、思った事をブログに書きました。

 

お休みの方も、仕事の方も、良いお盆期間を。

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

「いい加減」じゃなく 「良い加減」のいい加減

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 島珈琲の高槻店で近々「チー

記事を読む

コーヒー豆の銘柄につく「AA」とか「SHB」とかは美味しさを表す記号でない

この日曜日には、コーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を行います。 早朝から48キロの分の焙煎、4㎏×12

記事を読む

俺が死ぬときはコーヒーに溺れて沈むときだ!

プロローグ コーヒーが好きです。 掘り下げるなら、コーヒーの焙煎が大好きです。 機械とにらめっ

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

2年前に焙煎したコーヒー豆 保存方法は常温で放置 飲んでみた結果

プロローグ 先日、お客様とお話をしている時、手持ち無沙汰になり近くにあったコーヒーの保存する密閉容

記事を読む

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきました。  

記事を読む

コーヒーの香りや美味しさはどこで決まるの?

昨日はバレンタインデーでした。 なんと娘が保育園でクッキーを僕に作ってくれたみたいで、「父ちゃ

記事を読む

知らなかった!これが新しいペーパードリップだ

プロローグ お客様から教えてもらったんですよ。 実はかくかくしかじかで、この方法で注意すべき事は

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

なんだと思います?お客さんから質問されるNO.1はコチラ!

皆さんは、どんな内容の質問が多いと思いますか? ドリップのやりかた?美味しい淹れ方?保存方法?粉の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑