*

コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎は1/30です

公開日: : coffee

昨日はお休みで、カミさんとランチデートの後、家に帰ってからはアマプラで映画「空母いぶき」を見てました。
実際に起こりうるかもしれない様にも思えるストーリーで、前から見たい見たいと思っておりました。

 

昨日の夕方、念願かなって見ることができまして、お酒を飲みながら見て有意義なお休みを過ごしました。

 

睡眠不足ぎみだったので、昼寝するか、映画にするか、至極悩みましたが寝るのはいつでも寝れると言い聞かせて。笑
いろいろ感じることがあり、自分の感性もいろいろと磨くことができたのでは、と思ってます。

 

今年は映画を沢山見ていこう、そんなことを思ってます。
さて、来週の月曜日1月30日ですね、は今年初めてのコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎をします。

 

 

コーヒー生豆48キロを焙煎します

 

岡町本店にある焙煎機は、1回最大で4キロのコーヒー生豆を焙煎できる能力を持ってます。
ですので、48キロですから12回、焙煎は回をバッチと言いますので、12バッチの焙煎を行います。

 

1回冷却時間も合わせて20分くらい、うち焙煎時間は15分前後です。
ですので、4時間かけてコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎を完了させます。

 

コーヒーシロップ無糖・加糖では、専用のブレンドがありまして、コーヒー生豆の段階でブレンド(これをプレミックスと言います)して、4キロを12回、48キロのコーヒー生豆を焙煎します。

 

出来上がりは38キロくらいになりまして、なぜかと言うとコーヒー生豆の水分が焙煎によって蒸発するからです。
目方としては10キロ減りまして、約20%ほど減量されて38キロになるのです。

 

それを少し寝かした後、38キロのコーヒーシロップ無糖用のコーヒー豆を加工工場に出荷し、加工してもらうことになります。
38キロのコーヒー豆を粉砕して、180リッターのコーヒーシロップ無糖を抽出してもらい、ビン詰めしてもらって高槻店に戻ってきます。

 

抽出方法はエスプレッソに近いです

 

加工工場で抽出してもうのですが、その抽出方法はエスプレッソに近く、水蒸気の力を使って圧力をかけます。
最後はネルを通過し濾過されますので、ネルドリップのような柔らかい飲み心地になっているのですね。

 

コーヒーシロップ無糖・加糖共にビン入りで、、そのビンは回収して再利用しないのですか?というお問い合わせは結構多いのですが、使い終わったビンの底には、コーヒーシロップの残りが固まることが多く、そこに虫などこびりついたりしたら、洗浄しても取り切れないこともあるので、それは衛生管理上もよくないこと。

 

更にはその場合、洗浄のコストが上乗せされることにもなり、手間とコストがかかってしまうことがあって、お客さんの地域の自治体に従ってもらい、分別して廃棄してもらうことをお願いしてます。

 

ということで、お休みを返上しての焙煎になりますが、集中できますのでね、愛情込めて美味しく仕上げますね。

コーヒーシロップ無糖は2月11日より再販しますね、お待ちください。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

コーヒーシロップ仕込み祭り!

昨日、豊中から高槻に車で帰るその帰り道に洗車場があり、その洗車場の入り口には「のぼり」が沢山立ってい

記事を読む

次はコーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎です

今日はブログ何書こかと、久しぶりに随分の時間考えておりました。 時々、どうしても何も浮かんでこない、

記事を読む

コーヒーを淹れる時、濃さの調節はどうしたらいい?

寒くなるとホットコーヒーがグッと美味しく感じますね。 身も心も温まりますね。  

記事を読む

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせいというのは定かで、身体がだるい

記事を読む

コーヒー器具は個人のコーヒー専門店で買う方が良いのでしょうか

先日、家族で晩ご飯を食べながら、娘に大きくなったらどんなお仕事をしたいの?と聞くと、娘は「お父ちゃん

記事を読む

この焙煎機、おいくら万円?

プロローグ 島珈琲の様にその場でコーヒー焙煎をしているお店を自家焙煎とか、ロースターとか、そんな風

記事を読む

自宅でもできる簡単なブレンドを作る

先日あった大阪北部地震で、島珈琲高槻店があるビルの2階の窓ガラスに、しかも強化ガラスですよ、それに大

記事を読む

ブラジルコーヒーのらしさ、とは

昨日、奈良の方でお茶農園されている方が、たまたま高槻店においで下さり、少しですが農業についていろいろ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖2023 明日2月10日より販売です

次のお休みの月曜日の午前中に、カミさんと京都へ行き、お昼頃高槻に戻る予

当たり前が一番むずかしい

昨日は東京からコーヒー豆を仕入している商社の社長さんが、わざわざ高槻店

安心も買っている

昨日はお休みで、バイクで所用巡りでした。   用事の最後に、

素直さこそスピード論

月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 今日はバイクで所

この焙煎機たちと一生付き合っていきたい

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店にやってきまして、先ほ

→もっと見る

PAGE TOP ↑