*

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメーカーを今日はブログでご案内しようと思います
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です
(写真は家で使っている今は廃盤になったコーヒーメーカー)

 

IMG_0882

一般に量販されている商品において われわれ小売店は価格では大手にかないません ですから僕は商品だけをオススメして インターネットで安いところを調べてお買い求めください とお伝えしています

 

もちろん島珈琲で買わないマシンでも わからないことに対してご質問があれば 今までもお答えしてきましたし これからもその姿勢を変えることはありません

 

今に始まったわけでもないのですが いつも「商売っ気ないなぁ~」と言われます どこででも買えるものはできるだけお安く買えるところをオススメして お客様に得してもらうことの方がお客様にとって良いことだと思ってます(大きい声では言えませんが でもコーヒー豆は島珈琲で買ってね・・・笑)

 

たまに「高くてもいいから島さんから買います」と言ってくださるお客様もいますが・・・それはほんとに感謝です ごく稀に島珈琲の方が価格が安いこともありますが 大抵アマゾンなどの方が安いことが多いです

 

で 先日 お客様からコーヒーメーカーのことでご相談がありましたので お探しの方に僕のオススメのコーヒーメーカーをご紹介します

 

それはこれです!メリタ アロマサーモ ステンレス

IMG_9321

 

機能的な事はカタログを見て頂けばわかりますので割愛しますが カタログには載っていない使った人にしかわからないことを書いておきますね

 

コーヒーを作るときのお湯の温度は93℃くらいが良いと以前ブログに書きました このコーヒーメーカーは内部にあるヒーターを使いお湯にするのですが 90℃以上にならない限りコーヒーの粉に落ちず 循環して再度ヒーター部を通り90℃以上なってはじめてポタポタと落ちてくれる機能があります

だから他のものと違い 美味しく出来上がります

 

それと受けポットがステンレスです だいたいはガラス製で抽出したコーヒーが冷めないように電熱ヒーターが底部に敷いてあります この場合時間が経てば経つほど ヒーターの熱で煮詰まってしまい せっかくのコーヒーがまずくなってしまいます

 

ステンレスポットいわゆる魔法瓶ですよね 時間の経過と共に少しは冷めますが煮詰まらないので 美味しさはキープしています

 

実際 僕の家ではこの同じもので型が古いタイプのものを使っており性能はほぼ一緒です
毎晩このコーヒーメーカーで 島珈琲のコーヒー豆を家族で美味しく愉しんでいます 笑
プロが言うから間違いない!シックでオシャレですしね
カタログはこちらです
http://melitta.co.jp/personal/coffeemaker/aroma-thermstainless.html

 

コーヒーメーカーに迷った時はぜひ参考にしてくださいね!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

本文には関係ありませんが 笑 今朝のツイッターにはこんなことを書きました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー焙煎はコーヒー豆の何を引き出しているのか

実はずっと体調が芳しくなく、市販の薬を飲みながら体調を整えようとしておりましたが、朝良くなって晩にま

記事を読む

焙煎度合いの違うコーヒー豆のブレンド なぜしない?

最近、眠れない。 と言っても、深刻な悩みを抱えているわけでもなく、いや、まぁ、その経営における悩みは

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

島珈琲からのクリスマスプレゼントを 今コロンビアがめっちゃいい!

昨晩は実家で、少し早めのクリスマスパーティを。 年末年始はお店がバタバタなので、いつも早めにしている

記事を読む

チェンジ

昨日は早朝にチラシをポスティングしてきました焙煎アーティスト流 美味しいアイスコーヒーのいれ方DVD

記事を読む

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになって

記事を読む

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

コーヒーの味わいにおける「フルーティ」とは、なんぞや

昨晩は業務終了後、高槻センター街にあるフレンチレストラン、四季菜フレンチ・ソレイユさんへ用事がありお

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法と

コーヒーミルと一緒にあるといいもの

先日、お客さんからコーヒーミルの相談を受けました。 しかしです、そのお

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑