*

慢心

公開日: : 最終更新日:2020/05/21 焙煎アーティスト

昨晩はYouTubeで、ボクシングを観ていました。
昔の名選手の名勝負、名シーン、ノックアウトシーン、いろいろありますね。

 

ほんとうに良い時代になりましたよね。
探せば、いくらでもある。

 

この勝負見たかってん!というのが、ドバドバ。
やめられまへんな。笑

 

昨晩は、世紀の番狂わせ、マイクタイソン対ジェームズダグラスの試合を見ていました。
なぜ、この番狂わせは起こったのか、ドキュメントです。

 

マイクタイソンは19歳で、史上最年少で三団体の世界ヘビー級王者になり、いまもその記録は塗り替えられていません。
ウィビング、ダッキングと身体を縦横無尽に小刻みに動かし、相手の懐に入り、強烈なパンチを浴びせノックダウンする、スーパーファイター。

 

誰もがマイクタイソンの勝利を疑わなかった、1990年東京ドームでの試合、オッズは42対1、試合前はもちろんマイクタイソンが圧倒的有利な展開でしたが、マイクタイソンはダウンを奪われノックアウトし、そして王座を失った。

 

僕も当時、テレビ中継に釘付けになって見てました。
そして、マイクタイソンが負けたことに驚きを隠せなかったこと、今でも覚えています。

 

でも、今しっかり見るとマイクタイソンの動きは鈍く、負けてもおかしくない試合だったんだと改めて知りました。

 

 

マイクタイソンの慢心

 

連戦連勝のマイクタイソンに目をつけたのが、プロモーターのドンキング氏。
ドンキング氏は自分の思い通りにするために、今までマイクタイソンを育てたトレーナーを切り離した。

 

マイクタイソンは金に目がくらみ、今までのような練習もしなかった。
そして悲劇は起こった。

 

歴史を見てもそうなんですけども、こうしたことはその時代、その時代で繰り返されてきたわけです。
驕り、そして慢心。

 

特に絶頂に思える時は、それを気づかせてくれる人が鬱陶しく感じ、離してしまう。
そうして、自分をコントロールできなくなり失墜する。

 

僕はこの慢心と驕りが、人にとって一番怖いものだと思ってます。

 

積み重ねてきたものが、一瞬に崩れ去る。
積み上げるのは、時間がかかるのに、崩れるのは一瞬。

 

慢心と驕りに溺れるな

 

時々、こうしたドキュメントを見て、自分にも言い聞かせます。
慢心したらあかんで、って。

 

これでいいって思ったら、そこで成長は止まる。
ある年齢に来れば身体的な能力は下り坂に入っていったとしても、心の成長はそれに関係なくいつまでも続くもの。

 

久々に、こう背筋をピンとさせられるような、ドキュメントを見ることができました。

 

いつまでも向上心を持ち、人として成長していけるようにありたい。
世紀の番狂わせを見て、思ったことは概ねそんなことでした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

人は自分の鏡か?幸運をつかむ鍵とは

島珈琲高槻店は日本で2番目に古い天神さん 上宮天満宮の参道でお商売をさせてもらっているので 毎月 月

記事を読む

開業してから12年間守り抜いているもの

今月10月23日木曜日は勉強会(のようなもの)に出席するため その日は臨時休業を頂きますね 何回も休

記事を読む

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき うれしかった時 思い悩んでいた時 そ

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

一歩譲る心を持てば そこに平和が訪れる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です! 実は今 コーヒーの相場がかなり上がっている

記事を読む

プロならかみ砕いて話すことが必要だ

来る3月27日火曜日、高槻店は臨時休業を頂きます。   26日(月)は定休日、

記事を読む

これもまた味わい

天才のバカボンのバカボンのパパの口癖、これでいいのだ、という言葉も好きですね。 人生を歩んで行けば、

記事を読む

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。 先発・中継ぎ・セットアッパ

記事を読む

1回の焙煎時間はどれくらい?

岡町本店では、営業時間内でも焙煎をしていることが多々あります。 岡町本店では焙煎機は、入り口すぐにど

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑