*

焙煎は頭の中で温度と時間のグラフを描きながら行っているのです

公開日: : 焙煎アーティスト ,

写真左にある数字は、焙煎機の釜内にある温度センサーの数字で、そのセンサーが豆に触れる位置にあるので、豆の温度を表示しているのですね。

 

この写真は、焙煎のしている前半に撮ったものなので、114℃となっておりますが、中焙煎ですとこの焙煎機の場合190℃、深焙煎ですと204℃くらいを指したところで焙煎止めをします。

 

僕の場合、焙煎時間は15分を一つの目安にして、その15分にどう納めるかを考えて、火加減を調節します。

 

温度が縦軸、時間を横軸としたグラフを頭の中に描いていて、コーヒー生豆を投入する温度が180℃とし、コーヒー生豆を投入するとその豆温度によって、釜内の温度は一旦下がっていきます。

 

下がりきったところを中点といい、そしてそこからV字になって目指す温度へ向かっていく、そんな感じになります。

 

そんな焙煎のV字グラフになるんです、というお話を今回は。

 

 

投入温度が大事

 

投入温度、コーヒー生豆を焙煎機に投入する時の温度です。
これが高すぎると、コーヒー生豆の表面を焦げさせることがありますので、高ければいいというものではありません。

 

逆に低すぎると、最下点である中点が低くなってしまいます。
V時グラフにする、Vの角のところが低いと到達させたい温度まで、時間がかかりすぎてしまうわけです。

 

3キロのコーヒー生豆を、180℃で投入して100℃になったとします。
同じく3キロのコーヒー生豆を、150℃投入して84℃となったとします。

 

同じ火加減で190℃を目指すなら、後者の方がより時間がかかるのですね。
なら、火加減を強くしたらいいじゃないか、と思うかもしれませんが、火加減を強くしすぎるとこれまたコーヒー豆に焦げができるのです。

 

その焦げは、コーヒーが持つ本来の良質な苦みではなく、焦げの苦みなのです。
その焦げの苦みは僕は必要としてません。

 

だって口の中をチクチクと刺すような、美味しいを邪魔する苦みですから。

 

なので、投入温度、火加減、が大事なります。

 

そして頭の中でV字グラフを描く

 

焙煎したいキロ数を何℃で投入すると、中点と呼ばれている最下点はだいたい何℃になるというのが頭の中に入っています。
もちろん、夏場冬場、季節によって気温が違うので、それもインプットされています。

 

そして、目指す焙煎止め温度と、終わりたい時間、これを頭の中にV字グラフを描いて、そして美味しさを作るのですね。

 

時間がかかりすぎも駄目だし、早すぎても駄目。
火が強すぎても駄目だし、弱すぎても駄目。

 

バランスを取りながら、焙煎全体を計るですね。

 

火加減とか時間、全部を計って、スタートする。
スポーツで言うと焙煎は、やり投げとか遠投のような感じだと僕は思ってます。

 

やり投げ:投げてしまうまでの動作が大事=焙煎:投入するまでの頭の中のイメージと計算が大事。
そんな感じでしょうか。

 

今回は焙煎をしている時に、考えていることを書いてみました。
ちょっとわかりにくいかなぁ。笑

 

それでは、どうぞ良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見たい映画を姉とかわりばんこで観て

記事を読む

ピンチは常にくるものと考える

どちらかというと石橋を叩いて歩く方の人間でして、どんなことも段取りそして準備を怠らず、そして物事に臨

記事を読む

人は自分の鏡 自分も人の鏡

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店、岡町本店ともに定休日です。   今日は午前中は銀行と保

記事を読む

コーヒー豆の焦げってなんだ

さて今回は、コーヒー豆の焦げについてのお話です。 コーヒー豆って焦げるのか!と思われたかと思います。

記事を読む

焙煎する機械、焙煎機による味わいの違いって何?

最近、コーヒー業界の新しい情報についていけてない僕です。 コーヒーに関わらず、情報はツイッターなど

記事を読む

コーヒーの苦味には2種類あって、焦げた苦味も存在する

プロローグ ブリュレのキャラメリゼ つまり焦がしアメですね、これを作っている時にふとコーヒーに置き

記事を読む

コーヒー生豆をお米のように水で研いで焙煎するとどんな味?

以前、タモリの番組でお米は洗うと言うのではなく、研ぐと言うのは洗うのではなく、お米どうしをこすり、そ

記事を読む

僕の考えるプロフェッショナルとは

昨日は休みでしたが半日は仕事、午後からは娘とカミさんとで買い物へ。 昨日は小学校がはやく終わる日で、

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ツッコミどころがあって、丁度良い

娘と一緒にアニメを見ていると、時々その台詞にドキッとさせられることがし

冷凍保存ではキャニスターがいい?

昨日は僕の誕生日でした。 おかげ様で45歳となりました。  

今のところコーヒー豆の入庫の遅れは聞いてません

お盆前の最終オーダーが締め切られ、コーヒー生豆がドンドーンと届きました

今年コーヒーシロップ無糖は秋冬も販売します!

暑いのは暑いのですが、まだ少し朝の暑さましかなぁと思っている僕です。

隠しブレンド鱗雲あらわる

昨日はお休みでしたが、高槻店で前から雨漏りがあった箇所あり、13時から

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑