*

焙煎は頭の中で温度と時間のグラフを描きながら行っているのです

公開日: : 焙煎アーティスト ,

写真左にある数字は、焙煎機の釜内にある温度センサーの数字で、そのセンサーが豆に触れる位置にあるので、豆の温度を表示しているのですね。

 

この写真は、焙煎のしている前半に撮ったものなので、114℃となっておりますが、中焙煎ですとこの焙煎機の場合190℃、深焙煎ですと204℃くらいを指したところで焙煎止めをします。

 

僕の場合、焙煎時間は15分を一つの目安にして、その15分にどう納めるかを考えて、火加減を調節します。

 

温度が縦軸、時間を横軸としたグラフを頭の中に描いていて、コーヒー生豆を投入する温度が180℃とし、コーヒー生豆を投入するとその豆温度によって、釜内の温度は一旦下がっていきます。

 

下がりきったところを中点といい、そしてそこからV字になって目指す温度へ向かっていく、そんな感じになります。

 

そんな焙煎のV字グラフになるんです、というお話を今回は。

 

 

投入温度が大事

 

投入温度、コーヒー生豆を焙煎機に投入する時の温度です。
これが高すぎると、コーヒー生豆の表面を焦げさせることがありますので、高ければいいというものではありません。

 

逆に低すぎると、最下点である中点が低くなってしまいます。
V時グラフにする、Vの角のところが低いと到達させたい温度まで、時間がかかりすぎてしまうわけです。

 

3キロのコーヒー生豆を、180℃で投入して100℃になったとします。
同じく3キロのコーヒー生豆を、150℃投入して84℃となったとします。

 

同じ火加減で190℃を目指すなら、後者の方がより時間がかかるのですね。
なら、火加減を強くしたらいいじゃないか、と思うかもしれませんが、火加減を強くしすぎるとこれまたコーヒー豆に焦げができるのです。

 

その焦げは、コーヒーが持つ本来の良質な苦みではなく、焦げの苦みなのです。
その焦げの苦みは僕は必要としてません。

 

だって口の中をチクチクと刺すような、美味しいを邪魔する苦みですから。

 

なので、投入温度、火加減、が大事なります。

 

そして頭の中でV字グラフを描く

 

焙煎したいキロ数を何℃で投入すると、中点と呼ばれている最下点はだいたい何℃になるというのが頭の中に入っています。
もちろん、夏場冬場、季節によって気温が違うので、それもインプットされています。

 

そして、目指す焙煎止め温度と、終わりたい時間、これを頭の中にV字グラフを描いて、そして美味しさを作るのですね。

 

時間がかかりすぎも駄目だし、早すぎても駄目。
火が強すぎても駄目だし、弱すぎても駄目。

 

バランスを取りながら、焙煎全体を計るですね。

 

火加減とか時間、全部を計って、スタートする。
スポーツで言うと焙煎は、やり投げとか遠投のような感じだと僕は思ってます。

 

やり投げ:投げてしまうまでの動作が大事=焙煎:投入するまでの頭の中のイメージと計算が大事。
そんな感じでしょうか。

 

今回は焙煎をしている時に、考えていることを書いてみました。
ちょっとわかりにくいかなぁ。笑

 

それでは、どうぞ良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

マグカップでコーヒーを楽しもう

プロローグ 日曜日はコーヒー豆の量り売り(すぐ粉にします!)のみのお店 そして日曜日だけ営業のお店

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒーを作るとき、今まで聞いたことな

記事を読む

がんに対抗できるコーヒーの力

プロローグ 「コーヒーを飲むことで死亡リスクが低下する」という、9万人による日本人対象研究で確認さ

記事を読む

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が 今 100キロマラソンに挑戦しています 先ほど

記事を読む

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました 「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしてい

記事を読む

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中焙煎シングルオリジンで一番人気はどれ?

昨晩はお休みの日とあって、家族でクルクルたこ焼きパーティを開催しました

敷居を下げず跨ぎやすいように考えてみる

本日は月曜日で僕自身のお休み。 午前中にバイクの修理のため、ヤマハのバ

ハンドドリップで、極力苦みを抑える方法は?

本日は営業日は週一のみ、日曜日だけのお店、岡町本店に来て営業中。 ブロ

あの ‘やみつきおかし’ が帰ってきた!

高槻店にはバイクで通勤してます。 ヤマハのシグナスXという125ccの

産地情報はどこで仕入れている?

一昨日から、高槻店で高槻市プレミアム付き商品券が使えるようになり、早速

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑